「誰かのぬくもりを求めていいですか?」40歳・夏海、アラフォーの恋愛事情 

新宿歌舞伎町の繁華街の、一本裏の通りに入ったのには、理由があった。

クリスマスというイベントが近いからなのか、それともボーナスが出たからなのか、表通りは買い物袋を下げたカップルが溢れ、ゆっくりとしか歩けなかったからだ。

カップルを見て、心を痛めるような時期は、もう過ぎた。

30代の頃は、羨ましくてならなかった。

幸せそうに寄り添い、微笑みを交わす2人。

私にはそんな相手もいないことが、惨めだった。

 

>>誰かのぬくもりを求めていいですか?40歳・夏海の場合……小説「40女の恋愛事情」story6 毎週火曜18時更新中

>>このシリーズのまとめよみはこちらから

 

でも40代になったら、街のカップルのことは、あまりなんとも思わなくなった。

人は人、自分は自分。

当たり前だけどなかなか当たり前に思えなかったことが、自然に受け入れられるようになった。

 

恋人がいてもいなくても、自分は自分なのだから。

それについてはもう、焦らなくなった。

友達もいるし、小さいけれどマンションも買ったし、仕事も順調だし。

趣味で始めたパン作りも、教室に通ってそこで仲間ができたりして、充実している。

私は十分幸せだった。ただ、恋人がいないだけだった。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事