読むだけでトクする「お金のトレンド」大予測!2019年はどうなる?

みなさん、明けましておめでとうございます!ファイナンシャルプランナーの高山一惠です。昨年の年末は、米国の利上げや米中貿易摩擦劇化の懸念などの影響で米国株式のみならず、日本の株式も大暴落。

加えて英国のEU離脱問題やフランスの反政府デモなど2019年も引き続き世界情勢は不安定になることが予想されます。加えて、日本でも2019年10月には消費税が10%になる予定。

2019年は今まで以上にお金について向き合うことが多い年になるかもしれません。そこで、2019年のお金のトレンドを大予測!お金を味方につけて、2019年も賢く楽しく過ごしましょう。

 

節税の王道はやっぱりふるさと納税!

2019年のお金のトレンドを考える上でキーワードとなるのが「消費税増税」でしょう。今年の10月に消費税が10%になることが予定されており、増税分の負担を減らす工夫が必要になってきそうです。

 

手元に少しでも多くのお金を残すのに有効なのが「節税」です。投資でお金を増やすこともできるかもしれませんが、場合によっては損失する可能性もあります。その点、節税して、税金を減らす方法なら確実に手元に残るお金が増えます。

 

返礼品の加熱競争から規制が厳しくなりつつありますが、やはり節税の王道といえば「ふるさと納税」でしょう。

 

ふるさと納税は、地方の自治体に寄付をすると、所得税、住民税が控除される仕組み。例えば、年収400万円の独身の場合、42,000円までの寄付であれば、4万円が所得税と住民税から控除されるため実質2,000円で寄付ができます。この寄付金に対して返礼品を定めている自治体が多く、実質2,000円の寄付でお得な返礼品がもらえるわけです。

 

実質2,000円の負担ですむ寄付金の上限金額は、世帯構成や収入によって変わるので、総務省やふるさと納税のポータルサイト内にある控除上限額シミュレーションを活用して確認しましょう。

 

返礼品は、総務省の通知により、納税額の3割までという暗黙のルールがありますが、ふるさと納税の寄付をするときに、クレジットカードで支払うなどすれば、クレジットカードのポイントも貯まりお得度アップ。工夫次第では3割規制を超えることもできそうです。

 

キャッシュレス決済が加速する!

消費税増税をきっかけに導入が進むと予想されているのが、「キャッシュレス決済」です。

 

消費税が10%になることにより、消費の落ち込みを防ぐため、政府は、スーパー、コンビニ、ホームセンター、ドラッグストア、家電量販店、飲食店、衣料品店などの中小小売店で、クレジットカードや電子マネー、QRコードなど、キャッシュレス決済で買い物をした場合、5%分をポイントとして還元する施策を検討しています。こちらは、2020年夏の東京オリンピック前までの9ヶ月間実施する予定とのこと。

 

キャッシュレス決済を導入する小売店側の手数料の負担などの問題もあり、どこまで導入が進むか不透明な部分はありますが、経済産業省「キャッシュレス・ビジョン」によると、日本のキャッシュレス比率は、18.4%とまだ低め。今後は、80%まで引き上げる予定のようです。

 

この流れを受けて、スマホの決済アプリが次々登場!昨年の10月にサービスを開始したPay Payが支払金額の20%、または全額をボーナスとして還元するとして話題になったことは記憶に新しいでしょう。

 

昨年以上に今年はキャッシュレス決済が身近になることは間違いなし!使い勝手のよいアプリを見つけて、お得に買い物をしましょう。

 

国際イベントに関連する銘柄に注目!

上記2つは、お得度を高める方法でしたが、せっかくですから積極的にお金も増やしていきたいところです。とはいえ、世界情勢が不安定で株価が乱高下している中、投資は控えたいという人も少なくないことでしょう。

 

こんな相場の中でも注目したいのが「国際イベントに関連する銘柄」です。

 

日本では2019年9月にはラグビーワールドカップ、2020年7月には東京オリンピック・パラリンピックとビッグイベントが目白押しです。

 

ビッグイベントに伴い、会場や宿泊施設の建設、移動に必要な交通機関などでは特需が見込まれ、関連する銘柄の業績拡大も期待されています。ラグビーワールドカップやオリンピック開催で注目される主なテーマは、「ホテル」「建設」「鉄道」「小売」「警備」など。

 

主なテーマに着目し、それに関連する銘柄を探してみると、「これはお宝銘柄かも!」という銘柄に出会えるかもしれません。

 

できれば、多くの人が注目する前で株価が低いときに仕込みたいですね。

 

2019年もお得情報にしっかりアンテナを張っていき、お得に楽しく暮らしたいですね!

 

今年も1年どうぞよろしくお願いします。

 

■次に読まれているのは■

なぜかお金が貯まらない人の3大理由「スタバ」「コンビニ」あと1つは?

お金が貯まる人、貯まらない人はココが違う!40代から貯金体質になるただひとつの習慣

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

スポンサーリンク

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

なぜかお金が貯まらない人の3大理由「スタバ」「コンビニ」あと1つは?

特に無駄づかいをしていないのになかなかお金が貯まらない…という人は多いようです。私のところにも「無駄づかいをしていないのにお金が貯まらない…」という相談で訪れる人…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

お金が貯まる人、貯まらない人はココが違う!40代から貯金体質になるただひとつの習慣

ファイナンシャルプランナーになって11年、今まで多くの女性のお金の相談にのってきましたが、お金が貯まる人と貯まらない人には共通項があることに気がつきました!「無駄…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

「1000万円貯蓄する人が買わないもの」とは?ごくごく普通な3つの答え

貯蓄をするなら、1000万円を目標にする人が増えています。40代で、1000万円以上の貯蓄がある人は20.2%*。この数字からは、決して無理な金額ではないようにも思えます。し…

通勤にバス定期券を買うと月に2,390円も損?知らなかった「バス特」活用

通勤にバスを利用している方も多いのではないでしょうか。バスも会社から定期代が支給されているから、と鉄道と同様に定期券を購入していませんか。実は損をしているかもし…

元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

仕事が忙しくてお金のことなんて気にしていられない、気にはなるけどどうしていいかわからない、損をするのは嫌だけど積極的に調べたり聞いたりするのは億劫、そう考える女…

消費税増税前に家を買うべき?2019年家の買い時を考える時のポイントは

みなさん、こんにちは!ファイナンシャルプランナーの高山一惠です。今年の10月に消費税が10%になることが決まり、増税前に家を買うべきか迷っている人も多いのではないでしょうか。とはいえ、1年後に東京オリンピ…

40代共働き家庭の家計に潜む落とし穴って?

みなさん、こんにちは! ファイナンシャルプランナーの高山一惠です。最近は、社会で活躍する女性も増え、晩婚化が進んでいます。私のところにいらっしゃるお客様の中にも、40代以上で結婚したという方は少なくあり…

会社が倒産してお給料が未払いでもあきらめないで!知っておきたい「未払い賃金立替制度」

みなさん、こんにちは!ファイナンシャルプランナーの高山一惠です。さて、現在、企業の約70%が起業して3年以内に倒産するといわれており、勤務先の倒産は、他人事ではないかもしれません。勤務先が倒産した場合、…

40代女性の貯蓄事情!1年間で100万円の貯蓄って少ないの?

みなさん、こんにちは!ファイナンシャル・プランナーの高山一惠です。私のところには、多くの40代女性がマネー相談にやってきますが、みなさん必ずといって良いほど質問するのが「私の貯蓄額って平均と比較してどう…

もらってないなら損するお金。知っておきたい「実はもらえる」3つの給付

みなさん、こんにちは!ファイナンシャルプランナーの高山一惠です。毎年少しずつ社会保険料はアップし、来年の10月から消費税は10%になることが決定…と、収入が伸びない割に出費ばかりが増える印象で暗い気持ちに…

実は損している?銀行でよく見かける「お得っぽい」セットの真偽

みなさん、こんにちは!ファイナンシャル・プランナーの高山一惠です。銀行の預金にお金を預けていても全く増えないし、かといっていきなり投資はハードルが高いという人は多いと思いますが、そんな人にとって魅力的…

iDeCoを利用して、実質利回り20%で「定期預金」する方法!

40代になると、そろそろ老後が気になるお年頃。老後に向けてお金を増やさなくてはと思いつつも、投資は元本割れのリスクもあるしイマイチ気乗りしない…という人も少なくないことでしょう。そんなあなたにオススメな…

ボーナスどこに預けるのがベスト?「安全で賢い貯め方」3つの知識

夏のボーナスが支給されるシーズンとなりましたね。ボーナスがでたら、あれもこれも買おう!と、ボーナスを待ちに待っている人も少なくないことでしょう。自分へのご褒美も良いけれど、将来に向けてお金を貯めたり、…

40代シングル女性が「買ってはいけない」マンションとは

40代になり一生独身かも…と思うと、「家でも買っておこう」とばかりに、マンション購入を考える人も少なくないと思いますが、マンションを購入する時に資産価値や生活の利便性などをきちんと考えて買わないと、家が…

別居の親を扶養に入れると4万円得?40代が知るべき2つの注意点とは

40代といえば、親が高齢になり親の生活も心配になるお年頃ですね。特に自分が会社員でそれなりに収入を得ていて、親が年金生活者という場合、親を自分の扶養に入れるべきかどうか悩む人が少なくないでしょう。そこで…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

MONEYに関する最新記事