セックスに溺れる女性の背景にある心理とは?【40代、50代の性のリアル】#10

この人に必要とされている–そう感じてはじまった不倫の恋がハルカさん(46歳)に残したものは、苦い思い出のほかにもうひとつあった。それは、セックスに対する強烈な好奇心。20代のころは快感を知らないままにゆきずりのセックスをくり返し、夫とは一児をもうけたもののその後セックスレス。不倫相手とのセックスで初めて快感を知った。38歳のときだった。

セックスには中毒性がある、とハルカさんはいう。一度気持ちよくなったら、何度でも気持ちよくなりたい。さらなる刺激を、無意識のうちに求めてしまう。

最高のメソッドを求め、セックスセラピストに会いに行く

その日、ハルカさんは東京行きの特急電車に揺られていた。旅の目的は、有名なセックスセラピストとセックスをすること。

その男性は独自のセックスメソッドを編み出し、著書はベストセラーを記録した。当時は悩める男女にそのメソッドを伝えるためのスクールを開校していた。ハルカさんがそこでモニターを募っていると知りエントリーしたところ、当選の連絡があった。

「私は40代になっても一度もイッたことがなかったんです。不倫していたときそれに近い感覚はあったので、もっと知りたい、気持ちよさの頂点を知りたいという衝動にかられました。モニターとしてセラピストの先生の事務所を訪れ、まずはこれまでの男性遍歴を聞かれました。その後、同じフロアにある一室に案内されたのですが、そこだけ大きなベッドが置かれていてシャワールームもあって、まるでホテルみたいでした」

でも、拭えなかった違和感と、たどり着いた結論

著書も読んだうえでその日を迎えたハルカさんにとって、テクニック自体は納得がいくものだった。女性の身体をていねいに扱うことを謳う人物だけに、これまでにない快感があった。けれど……。

「独自のテクニックで刺激されたとき、すごく痛かったんです。それを伝えたら彼は納得がいかないように首をかしげ、『それはあなたが精神的な問題を抱えているからじゃないの』といわれたんです。びっくりしましたね。こういうときは我慢してやりすごしたほうがよかったのかなと思いました」

期待を上回る体験ではなかったようだ。ハルカさんはその後、セラピストとさらに二度セックスをする。

「回を重ねるごとに私への扱いが雑になっていきました。三度目のときなんて、行為の途中に電話が鳴ったんですが、彼はそれに出て話しはじめたんです。あ、私、すごく軽く見られているんだなぁと気づきました。自分から望んで飛び込んだ世界ですが、セックスはやっぱり好きな人としたいなぁという結論に至りました」

セックスは好きなはずだけれど、楽しんでいない。その原体験は

ハルカさんの性行動はときに驚くほど大胆だ。雑誌でヌードモデルを務めたこともある。憧れの写真家の被写体になる機会を得て、上京した。スタジオで衣服を脱ぐ段階になってはじめて、ヌードモデルは前日から下着をつけないのだと知った。跡が肌に残るからだ。ハルカさんの身体にはくっきりと跡が残っていて、しかしその写真家はそれがかえって生々しいと大喜びだった。

扇情的な内容も多いけれど、それらを話すときのハルカさんの表情には屈託のようなものが頻繁に顔をよぎる。セックスを心から楽しんでいるわけではないのではないか。罪悪感のようなものを抱いているのではないか。

ハルカさんには、思いあたる理由があった。

「中学生のとき、同級生の男子から性的暴行を受けました。美術部に入っていたんですが、ある日、部活が終わっあとの片づけ当番が私と彼で、そのときに押し倒されました。最初からそのつもりで計画を立てていたんだと思います。でも不思議なことに私、その男子のことをずっと忘れていたんですよ。30歳ぐらいになって仕事で偶然再会したのですが、嫌な感じはしたけれどそれが誰か思い出せなくて。『私のこと知ってます?』と聞いたら、知らないといわれました」

記憶が蘇ったのはつい最近のこと。自身の娘が、被害を受けたときの自分と同い年になったのがきっかけだった。

「被害」という意識のないまま被害を受け続けてきた

長いこと記憶を封印しているあいだも、被害の経験は確実にハルカさんの人生に影響していた。

親戚の男性から無理やり性的接触をされた。就職してからは数々のセクハラに遭った。なかでもひどいのは事務職をしていた20代前半、懇親会の席で上司が取引先の重役たちに対し「この子の胸を触ってもいいですよ」とハルカさんを紹介したのだという。信じがたいことに、実際に触ってきた男性がひとりいたそうだ。その職場では、重役から強引にホテルに連れ込まれたこともある。

ハルカさんはそんな体験を淡々と打ち明ける。セックスセラピストのモニターをやったんです、ヌードモデルで雑誌に載ったんですと話すのと変わらないトーンで。筆者が「つらい被害経験を話してくださってありがとうございます」と声をかけると、ハルカさんの目が丸くなった。

「これって、被害なんですかね?」

性加害者は弱者につけ込み、自己肯定感を下げていく

どこからどう聞いても被害であるにもかかわらず、ハルカさんにはその自覚がなかった。ただなぜ自分は自己肯定感が低いのかがずっと不思議だった。

性被害という自己の尊厳が奪われる体験によって、自己肯定感が下がる。セクハラや加害者は女性のそうした弱いところにつけ込んでくる。被害経験がある人がその後も何度も被害に遭うというのは、ひとつの典型だ。

「小さいころからヘンに色気のある子だといわれてきました。母子家庭で育ったのですが、母から『あんたは将来風俗で働いて、お母さんに楽をさせるのよ』とたびたびいわれてきたことも影響しているのでしょうか。気づけば、私ってエロいんだ、それしか魅力がないからこんな目に遭っても仕方ないんだと思うようになっていました。でも、ぜんぶ被害だったんですね」

10代のころから、自分が悪いのだと思い込んできたのだろう。ハルカさんには、たしかに色気がある。どこか掴みどころがなく、それが人を惹きつける。しかしそれは魅力でこそあれ、セクハラをしていい理由にはならない。原因はハルカさんにあるのではなく、加害者にある。

ゆきずりのセックスは自分の女性性の否定だった

40代になったいま、自己肯定感が低いままこれまでを生きてきたとハルカさんは理解している。その原因のひとつに性被害経験があることがわかった。セックスをすれば、そのときだけは肯定感が得られる。だからゆきずりの関係をくり返し、不倫にものめり込んだけど、楽になることはなかった。

「何が原因なのか自分でも何かわからなかった。被害に遭ったことを忘れていたからこれまで生きてこれたのかもしれません。一方で、常に感じていた抑圧の反動でセックスをしていたというのもあると思います。結婚前は、ずっと母から監視されていると感じていました。『こんな娘でいなきゃいけない』と強く思っていて、その窮屈さから逃げるために、ゆきずりのセックスをくり返しました」

「結婚後は、生活のなかで自分で自分を抑圧してきました。夫に稼ぎがないのだから私がなんとかしなきゃというので、いつも必死。でもうまく回らなくて、自己嫌悪に陥る毎日でした。あぁ誰かに寄りかかりたいなぁと思っていたところに現れたのが、不倫の彼だったんですね。つらい現実から目をそらすための手段だったのでしょう」

セックスは相手次第で変わるものだけれど、自分自身が変わればもっと変わる。

ハルカさんはこれまで抱えてきた鬱屈の原因を思い出したばかり。今後その事実をどう受け止め、どう向き合うかによってセックスライフや性に対する考えも変容していくのだろうか。機会があれば、またお話をうかがいたい。

 

【編集部より】

三浦ゆえ(Twitter@MiuraYue)さんのインタビューを受けてくれる方を募集します。
ご自身のセックス観、セックスライフについて、
したい・したくない、している・しない、できる・できない……セックスに積極的な人も消極的な人も。
あなたの「40代、50代の性のリアル」を教えてください。
*対象は40代、50代の女性に限定させていただきます。
*記事化に際して、個人が特定できるような情報は一切掲載しません。掲載前には必ず、内容についてのご確認をいただきます。
*当アンケート、およびインタビューで知り得た個人情報を、所期の利用目的以外で利用することはありません。また第三者に提供あるいは公開することもありません。
ご応募はこちらから

■40代、50代の性のリアル by 三浦ゆえ

#1 もう、一生セックスしないのかも…。

#2 ずっと受け身のセックスばかりだった、けど。

#3    恋愛不要、セックスだけ欲しかった女性に変化が。

#4 セックスは嫌いだった、不倫の恋に落ちるまでは。

#5 セックスレス。したい私と、したくない夫。

#6 婚活中のセックス、傷つくことも多かった。

#7 50歳目前、セックスフルでもイッたことがない。

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

ハマったら危険!不倫上手な男たちが絶対にしない8つのこと

2016年も残すところあと少しですが、今年はとにかく芸能人の不倫ネタが多かった印象。どうして女性は、傷つくのがわかっているのに不倫に走ってしまうのか。大人の女性たち…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男の本音】こんな40代独身女性になってない?男性ががっかりする原因3つ

現在恋人のいる40代独女の皆さま、楽しいお付き合いをしていますか? いくつになっても男性の目は厳しいもの、気を抜いていると「もうやーめた!」と恋心を放棄されてしま…

40代で絶頂を知り、性行為観が変わった【40代、50代の性のリアル】♯11

メディアで性行為についての悩みを広く募ると、最も多いのが「オーガズムを経験したことがない」になるそうだ。けれどセックスの満足度をイッた/イカないのみで図るのは、きっと味気ない。絶頂感はなくとも総合点が…

延々続いたゆきずりセックス、そして迎えた結末は【40代、50代の性のリアル】#9

セックスはひとりではできないし、その質は相手によって大きく左右される。けれど、それ以前に“自分自身”がどういう状態にあるかでその内容はまったく異なるものになるのではないか。ハルカさん(46歳)の性遍歴は、…

陰キャの少女が、何人ものセフレを持つ女性に【40代、50代の性のリアル】#8

セックスフレンドというと、パートナーとは違ってお互いの人生には踏み込まない、どこかドライな関係を思わせる語である。けれど肌を合わせ身体をつなげれば、そう割り切ることもできないことも往々にしてあるのかも…

50歳目前、セックスは週2回するけどイッたことがない【40代、50代の性のリアル】#7

これまでのセックスでイッたことがない。だから、最後に一度でもいいからイッてみたいーー。この連載をはじめたとき、そう打ち明けてくる女性が多いのではないかと予想していた。そしてそのとおりのことを書き送って…

婚活中のセックス、傷つくことも多かった。【40代、50代の性のリアル】#6

結婚相手に何求めるか。ひとつだけ挙げるのがむずかしいなら3つ挙げるとする。当然、人それぞれだろうがそのなかに「セックスの相性」が入る人はどのくらいいるだろう。筆者の場合、3つとなると迷うところだが5つ…

セックスレス。したい私と、したくない夫。【40代、50代の性のリアル】#5

日本はセックスレス大国だ、とよくいわれる。一般的に、健康な男女のカップルに「1カ月以上、性交渉やセクシャルコンタクトがないこと」をセックスレスという。国内の既婚男女におけるセックスレス・カップルの比率…

セックスは嫌いだった、不倫の恋に落ちるまでは。【40代、50代の性のリアル】#4

セックスがきらいなんです、という女性は案外多い。世間的には「すごくいいもの」とされている。なのに自分は好きではない。気持ちよくなったこともない。もしかすると自分はどこかおかしいのではないか、女性として…

恋愛不要、セックスだけ欲しかった女性に変化が。【40代、50代の性のリアル】#3

これまでこの連載では、どちらかというと性に対して積極的ではない女性たちからお話を聞いてきた。性と距離を置くと自分で決めている人もいた。しかし今回インタビューに応募してきてくれたエイコさんは性に対してか…

ずっと受け身のセックスばかりだった、けど。【40代、50代の性のリアル】#2

「セックスしたら、相手のことを好きになっちゃうんです。それでつらい思いをしたこともあるけど、いまでもそれが治らなくて」【40代、50代の性のリアル】に応募してくれたアヤコさん(42歳)は、これまでをふり返っ…

もう、一生セックスしないのかも…。【40代、50代の性のリアル】#1

したい・したくない、する・しないーーセックスについての選択や可能性はいつだってこう単純に分けられるものではなく、幅広いグラデーションがあり、その日そのときの気分でも変わるもの、相手あってのことなので、…

注目の記事

LOVEに関する最新記事