隣りの芝生が青く見える… 悩める40オンナを作り出す「ミッドライフクライシス」

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。働く者なら誰もが抱える「仕事の悩み」。エン・ジャパンのあるアンケート調査によると、働く女性の97%が「仕事の悩みがある」と回答しています。もはやほぼ全員といっても過言ではない数字ですが、中でもアラフォーたちの悩みは少し厄介なようで…!?

アラフォーの悩みの因子「ミッドライフクライシス」って?

そもそも私が今回のテーマに行き着いたキッカケは、学生時代の友人たちとの会話が始まり。久しぶりの再会ということで積もる話が聞けるだろうと思いきや、専ら仕事の話ばかり。学生の頃は「恋愛」が話題の主流だったのに、働くアラフォーたちは「仕事」にベクトルが向いているみたい。

 

そこで働く女性について調べてみたら、先程のアンケート調査を発見したわけです。ちなみに最も多かった悩みの種は「給料が低い」で、全世代で断トツの1位を獲得していました。その他には、「上司・同僚との人間関係」「雇用が安定しない」「今後のキャリアプラン」「仕事にやりがいがない」などの悩みがランクインしています。

 

しかしこれらの悩みは、世代によって割合の大小がまちまち。そこで今度は“働くアラフォーのお悩み”に着目してリサーチしたところ、「このまま仕事オンリーでいいのか」「隣りの芝生が青く見えて仕方がない」といったお悩みの声が続出。

 

実はこういった悩みの原因は、アラフォー特有の現象「ミッドライフクライシス」が大きく関わっています。ミッドライフクライシスとは、自分の生きる意味を問い直さずにはいられないこと。別名「中年の危機」と呼ばれており、30代後半~50代の8割以上が経験する“心の問題”です。

 

ミッドライフクライシスを乗り越えるためには…?

働く女性たちは、生活の大半が仕事で埋め尽くされている状態。だからこそミッドライフクライシスに陥ると、「このままでいいのだろうか」と今の仕事に悶々としてしまうのです。しかも厄介なのは、その悩みを他人に話せないアラフォーが多いという点。確かに歳をとればとるほど、プライドが邪魔をして周りに相談しにくくなりますよね。

 

ではミッドライフクライシスを乗り越える手立てはないのでしょうか。いいえ、もちろんあります。ミッドライフクライシスを乗り越えるコツは、“ポジティブに心の折り合い”をつけること。

 

まずは、今までの人生を客観的に見つめ直してみてください。そしていいこと・嫌なことを思い返し、最後に「でもまぁいい人生だったな」「人生を見つめ直すためのいいキッカケになった」と前向きな着地点を見つけていきます。この着地が見事に決まれば、ミッドライフクライシスはある程度収まるはず。

 

それでも悲観的になる場合は、同じ悩みを抱える人たちのネット投稿を見るといいかも。「私だけじゃないんだ」「この人も頑張ってるなら私も頑張ろう」など、ポジティブな方向に持っていく良いリハビリになります。

 

ミッドライフクライシスを乗り越えて、人生の折り返し地点を楽しく過ごしましょう。

スポンサーリンク

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。中でも代表的な間違い…

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

アリ?それともナシ? 「LINEで会社休みます」問題について

「LINEで『会社休みます』って部下から連絡きたんだけど、どう思う?」 今年の春から管理職になった女友達から相談されました。業種はアパレルで、比較的自由な社風ではあ…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事