隣りの芝生が青く見える… 悩める40オンナを作り出す「ミッドライフクライシス」

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。働く者なら誰もが抱える「仕事の悩み」。エン・ジャパンのあるアンケート調査によると、働く女性の97%が「仕事の悩みがある」と回答しています。もはやほぼ全員といっても過言ではない数字ですが、中でもアラフォーたちの悩みは少し厄介なようで…!?

アラフォーの悩みの因子「ミッドライフクライシス」って?

そもそも私が今回のテーマに行き着いたキッカケは、学生時代の友人たちとの会話が始まり。久しぶりの再会ということで積もる話が聞けるだろうと思いきや、専ら仕事の話ばかり。学生の頃は「恋愛」が話題の主流だったのに、働くアラフォーたちは「仕事」にベクトルが向いているみたい。

 

そこで働く女性について調べてみたら、先程のアンケート調査を発見したわけです。ちなみに最も多かった悩みの種は「給料が低い」で、全世代で断トツの1位を獲得していました。その他には、「上司・同僚との人間関係」「雇用が安定しない」「今後のキャリアプラン」「仕事にやりがいがない」などの悩みがランクインしています。

 

しかしこれらの悩みは、世代によって割合の大小がまちまち。そこで今度は“働くアラフォーのお悩み”に着目してリサーチしたところ、「このまま仕事オンリーでいいのか」「隣りの芝生が青く見えて仕方がない」といったお悩みの声が続出。

 

実はこういった悩みの原因は、アラフォー特有の現象「ミッドライフクライシス」が大きく関わっています。ミッドライフクライシスとは、自分の生きる意味を問い直さずにはいられないこと。別名「中年の危機」と呼ばれており、30代後半~50代の8割以上が経験する“心の問題”です。

 

ミッドライフクライシスを乗り越えるためには…?

働く女性たちは、生活の大半が仕事で埋め尽くされている状態。だからこそミッドライフクライシスに陥ると、「このままでいいのだろうか」と今の仕事に悶々としてしまうのです。しかも厄介なのは、その悩みを他人に話せないアラフォーが多いという点。確かに歳をとればとるほど、プライドが邪魔をして周りに相談しにくくなりますよね。

 

ではミッドライフクライシスを乗り越える手立てはないのでしょうか。いいえ、もちろんあります。ミッドライフクライシスを乗り越えるコツは、“ポジティブに心の折り合い”をつけること。

 

まずは、今までの人生を客観的に見つめ直してみてください。そしていいこと・嫌なことを思い返し、最後に「でもまぁいい人生だったな」「人生を見つめ直すためのいいキッカケになった」と前向きな着地点を見つけていきます。この着地が見事に決まれば、ミッドライフクライシスはある程度収まるはず。

 

それでも悲観的になる場合は、同じ悩みを抱える人たちのネット投稿を見るといいかも。「私だけじゃないんだ」「この人も頑張ってるなら私も頑張ろう」など、ポジティブな方向に持っていく良いリハビリになります。

 

ミッドライフクライシスを乗り越えて、人生の折り返し地点を楽しく過ごしましょう。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

アリ?それともナシ? 「LINEで会社休みます」問題について

「LINEで『会社休みます』って部下から連絡きたんだけど、どう思う?」 今年の春から管理職になった女友達から相談されました。業種はアパレルで、比較的自由な社風ではあ…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

40代が使うと痛い3大クチグセ「○○」「すごく」「あと」

40代ともなれば、世間的にも社会的にもしっかり模範となる立場の年齢。いつまでも若々しくありたいという気持ちは大切ですが、若いときと違い「責任」が出てきます。プライ…

間違いやすい日本語「いやがおうにも」。正解は?

夏真っ盛り。甲子園もいよいよ大詰め。最近の高校野球は、スター選手も揃っているので「いやがおうにも」盛り上がります!「え?『いやがうえにも』が正しいの?何それ?使…

会社の人事異動による「ストレス」を少しでも軽くする5つの方法

春、多くの会社では人事異動がある。希望の部署や役職に就けたことで仕事のモチベーションがあがる人もいる一方で、希望しない異動によって心に大きなストレスを抱える人も…

もしも身近な同僚が亡くなったら。住職が伝えたい3つのこと。

「密葬」「家族葬」など、葬儀の形態が変化しています。同じ会社に勤める方が亡くなっても、「家族葬にするのでお手伝いも参列も不要です」、ということもあるでしょう。こ…

育休明けママ社員のフォローで不満が爆発? 逆マタハラ問題について考える

「すべての女性が輝く社会づくり」を掲げ、女性が働きやすい環境を作り上げようとしている日本政府。対象としているのは、“すべての女性”です。しかし、「保育園落ちた、日…

40代になって「時間の使い方」を変えたら、よくなった5つのこと 

社会人になって20年余りが経つが、最近改めて、新入社員のころ上司に言われた言葉が強く心に響いている。そのひとつが「太陽とともに生きなさい」。出版社に入社して最初に…

頼み事上手な女性の魔法の言葉「すみませんが」→「○○ですが」

「すみませんが、ここにお名前を記入していただけませんか」「すみませんが、どちら様でしょうか」「すみませんが、それは出来かねます」。「すみませんが」はとても便利な…

昇進すると“自由”になれる!? 負のイメージを凌駕する「女性管理職」のメリット

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。今回のテーマは、組織のマネジメント力が試される「管理職」。管理職への昇進は、それだけ会社が自分の能力値を高く評価…

「年齢のせいにするな」 小柳ルミ子から学ぶ“おしゃれ更年期”の乗り越え方

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。先日カフェでお茶をしていたら、20代の女の子が「もう年だからミニスカ履けない~」と友達に話していました。それを聞い…

NEWS増田「歌ってる人キライ」 “ライブで合唱する客”にテゴマスが本音!

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。音楽ライブでよく議論になるのが、“お客さんの熱唱問題”。アーティストの歌を聴きに来ているのに、「隣の人が熱唱して台…

オンナの加齢は罪?“若さに固執する”より“素敵に老いる”方法を考えろ!

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。実は最近友人が誕生日を迎えたのですが、喜ぶどころか「もうこんな歳になっちゃったよ…」とぼやいておりました。小さい…

“たばこメーカー”は超穴場物件!? 年収で見る「オトコ選び」のコツ

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。誰もが一度は聞いたことのある「愛があればお金なんて…」という言葉。「愛」は物差しでは計れないけれど、「お金」は計…

近藤春菜が激論!「美人は3000万得するって本当…?」残念ながら…

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。長年、巷で議論を交わされ続けてきた「美人は得か損か」問題。つい先日もハリセンボン・近藤春菜さんと脳科学者が大激論…

7人に1人が「年下上司・女上司はやりにくい」と思ってる。でもそれ本当にやりにくいの?

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。先日ネットサーフィンをしていたところ、エン・ジャパン株式会社の「年下上司・女性上司」に関するアンケート調査が目に…

会議の暗黙ルールに喝! 「会議は30分以内をルールにした」というツイートに称賛の嵐

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。先日Twitterをチェックしていたところ、気になるツイートを発見。ある社長の「会議は30分以内をルールにした」という投…

Queenは少女漫画!? 70~80年代少女漫画に登場する綺麗すぎるオトコたちの原点

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。大ヒット公開中の映画「ボヘミアン・ラプソディ」の巨大なポスターを横目に、私が思い出したのはネット上で盛り上がって…

人脈なんて言葉を使っている奴はクソ!? 林修先生が語る人脈論に感銘の嵐!

こんにちは。芸能&経済を中心に、テレビやネットをウォッチしまくるライターの上岡裕子です。私が最近気になったトピックは、「人脈なんて言葉を使っている奴はクソ!」という過激な一説。11月11日の「林先生が驚く…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WORKに関する最新記事