#129 バツイチ男性とのデート。ふと気づいた「ある感情」とは?【40代編集長の婚活記】

44歳で婚活を始めて、間もなく2年半になるOTONA SALONE編集長・アサミ。46歳・独身、恋人いない歴9年の恋愛ご無沙汰女子。

49歳のアーティスト、バツイチで別居中の子供ありのジェントルさんと、2回目のデートをすることに。しかし、彼の謎の行動やゲイ疑惑によってただの友達として会っているのか、異性とのデートのつもりなのか不安になり……。これは40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

初めてデートした時から

ネイルアートを「カワイイ」とか「うらやましい」と言ったり、女性のファッションやメイクに詳しかったり、小刻みに手を振る・内股気味などの所作が気になったり……。

初めて会ったときからゲイかもしれないと思っていたジェントルさん。アーティストという職業も考慮するとなんとなく合点がいく。結婚歴や子供がいるというのはフェイクじゃないかと疑っていた。

ゲイならゲイで受け止める。お友達として仲良くする。だから、早いところハッキリさせたい気持ちだった。

 

ゲイ疑惑を確認する

とはいえ「ゲイですか?」とも聞きにくかったので、遠回しに確認できる方法━━子供との写真を見せてもらうことにした。

探すのに少し時間がかかったけれど、ジェントルさんは自分と娘が一緒の写真を見せてくれた。これによって、ひとまずゲイ疑惑は晴れた。

よかった…。

ゲイじゃないということは同性の友達的な感じじゃなくて、いちおう異性の一人として見てくれているのよね?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事