#131 彼からの「返信がなくて」わかったこと【40代編集長の婚活記】

目覚めてすぐにスマホを見る

連休明けの火曜日の朝。アラームが鳴って目が覚めた。

結局、昨日の夜はジェントルさんから何の連絡もなかった。

目覚めてすぐにスマホをチェックした。「寝ている間にメッセージが来てたり⁉」という淡い期待を胸にいだきながら……。

 

パッと見で新しいメッセージは届いていない。念のためアプリを立ち上げてみた。既読かどうかをチェックするために。

目に入ってきた文字は「既読」だった。つまり、私のメッセージは読んでいるということ。しかし、返信はまだない。ということは、端的にいって「既読スルー」状態ということだ。

 

ジェントルさん、既読スルー

時刻は朝の6時半過ぎ。ジェントルさんが私のメッセージを読んだのは深夜なのか、早朝なのかはわからない。朝はわりと早く起床しているほうだと言っていたけれど…。

アサミ「既読スルー、か」

朝っぱらからひとりごとが漏れてしまった。

ジェントルさんは私のメッセージを読んだけれど、すぐ返信しようとは思わなかったということよね。私に対して好意があるとしたら、わりとすぐに返信するだろう。だけどない。

つまり、私に対してあまりっ……てことよね。そうだよね。やっぱり最後の態度に対してガッカリというか、失望したんだろうなぁ。そりゃそうだよなぁ。

はぁ……。自然とため息が出た。

昨日の夜は、朝までに返信があることを期待していた。心のどこかでうぬぼれていた。けれど、既読スルーという現実。

 

このまま終わっちゃうのかな

仕方がないよね。悪いのは私だ。

ディナーの誘いを断ってそそくさと走って帰る女なんて「もういいや」って愛想が尽きるに決まっている。自分が逆の立場だったらそう思うもの。

思いだせば婚活アプリで知り合ったメガネさんのとき。映画を観たあと、ディナーの時間なのに解散となったことがあった。そのとき私は「え、マジで⁉」と思ったし、正直ちょっと彼にガッカリした。

っていうことを経験しながら、なんで自分がそれをやっちゃうかな。恋愛の学習がまったくできていない。

 

昼になっても、夕方になっても、ジェントルさんからの返信は届かなかった。既読スルーのまま、ジェントルさんと終わってしまうのだろうか。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事