婚活が「うまくいかない人」に共通する8つの特徴 

取り立てて欠点があるわけでもまいのに「婚活がうまくいかない」と悩んでいる人はいませんか? 何事も、うまくいかないのには理由があります。婚活コラムニストの私が、自らのリアル婚活経験とまわりの婚活事情を聞いてわかった、婚活がうまくいかない人に共通する特徴をご紹介しましょう。

 

1.自分を変えたくない

恋愛にしても結婚にしても、他人とうまくやっていくためには協調性というものが必要になります。自分の考えやライフスタイルなどを、まったく変えずには成り立たないのです。変えてもいいか、という気持ちを持つことは大事です。

どうしても変えたくないという強い意思があるなら、ずっと独身を続けるほうがストレスがないかもしれません。私自身、婚活を始めた当初は変えたくないと思っていました。最近は、多少ですが、変えてもいいと思う部分は出てまいりました。

 

2.結婚相手に求める条件が多すぎる

条件が多ければ多いほど具体的になりますが、そのぶん対象となる相手は少なくなります。少なくしぼった相手から本命が見つかればたいへん幸せなことですけれど、そう簡単にはことは進みません。

かくいう私は婚活当初、結婚相手に求める条件が8つもありました。現在は5つに絞りました(まだ多いですが)。もう少し絞れるように頑張ります!

 

3.求める条件がぼんやりしている

条件はあってもぼんやりしている場合があります。婚活当初の私の場合、「家庭に入ってほしいと言わない」「経済的に自立している」といった条件をあげていました。でも、これってわりと多くのかたに当てはまったりします。そんなぼんやりした条件ばかり並べていました。

他人が聞いたら「つまりどういう人?」と思うものなんです。そんな条件だと、紹介もされませんよね(苦笑)。

1点だけで構わないので、ものすごく具体的な条件があるといいと思います。あるかたに言われたのは「1点突破があればいいじゃないか」でした。「イケメン」でも「年収1000万以上」でもなんでもいいので、1点どうしてもゆずれないものを自分で見つけましょう! そしてその他は望まない! その1点とは何か? 私も模索中です。

 

4.婚活がつねに受け身

メッセージもデートの誘いも、相手からの連絡を待ってばかり。相手からきたら返すけれど、自分からはアクションを起こさない。そんな婚活をしている人は、なかなかうまくいきません。ハイ、私のことです。だからなかなか婚活がうまくいっておりません。

受け身ばかりの相手でもずっとアプローチしてくれるのは、よっぽど熱烈に好きなられた場合でしょう。人はコミュニケーションで成り立つ生き物。能動的な部分がみえないと相手も疲れてしまいます。

 

5.傷つきたくない、立ち直りが遅い

人間、誰しも傷つきたくありません。傷つかずに生きられたらストレスもなく、幸せなのかもしれません。けれど、生きているうえで自分の思い通りになることはあまりないのです。傷つくことを恐れたら、婚活だけでなく、深い人間関係を築くことはできません。私自身、傷つきたくないから長年にわたって恋愛をしてこなかったのだと思います。

立ち直りが遅いのは、傷つくことに慣れていないから。経験が人を成長させます。何度も傷ついたら、早く立ち直る方法だって見つけられるのです。

 

 

 

【つきあうまでにはいくのに結婚まで至らない人は・・・!】

スポンサーリンク

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【新連載・40代編集長の婚活記#1】40代独女が初めて婚活したらどうなる?

結婚できないんじゃなくて、しないだけです。でも、してみてもいいのかも? 「どうして結婚してないの?」と聞かれても「なんとなく……」としか答えようのないみなさま、こ…

【祝!婚活2周年】婚活連載がついにマンガ化!「40代編集長の婚活記」#1

年を経るごとにハードルが上がると聞く「婚活」、実際やってみるとどんなものなの?「果たして40代の私に結婚市場のニーズはあるのか」という単純な動機を胸に、16年8月に…

いちばん浮気性な男が多い血液型って…?ぶっちゃけアノ血液型です!

「浮気性な男だけは掴みたくない!」と思っている女性は多いもの。40代になってまで、ハラハラする恋愛トラブルには巻き込まれたくない本音だってあります。では、浮気性な…

シンガポールで買いたい! オシャレで可愛い人気お土産11選

旅に出かけたらチェックしたいのがお土産。オトナ女性のたしなみとして、「センスいいね」と言われるお土産を選びたいものです。ちょっとラグジュアリーなものからプチプラまで、オシャレなものを選びました!【シン…

#166 出会わなければよかった…。失恋独女の心の闇【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、山あり谷あり。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は婚活歴3年。あらゆる婚活、出会いを求めながらやっとのことでジェントルさんという恋人ができた。しかし、たった3カ月にしてフラれる。失恋に落ち…

インスタ映えで人気! シンガポール「カトン地区」でプラナカン文化に触れる

パステルカラーの可愛い街並みが「写真映えする!」と人気上昇中なのがシンガポールのカトン地区。プラナカン建築、お菓子、雑貨、衣装など、シンガポール独自の文化に触れるなら、絶対に訪れたいカトン地区の見どこ…

#165 40代独女が「失恋直後」、飲み会に参加してみたら?【40代編集長の婚活記】

20代、30代の婚活と、40代のソレとはだいぶ様子が違う。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)、婚活歴3年。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、一人行動……など、さまざまな婚活を続けてきた。婚活2年半でジェント…

この先どう生きる? 【40代の転職と独立】を考えて、日本化粧品検定を受けてみた

人生の折り返しとも言われる40代。この先もこのままでいいのかと、自らに問いかける人も少なくないと思います。「四十にして惑わず」という言葉があるけれど、まだ惑いがあることは否めないOTONA SALONE編集長・浅見…

シンガポールの夜「出会いの予感」がする⁉ おすすめバー3選

シンガポールはNIGHTライフを楽しまナイト!というダジャレはさておき。オトナ女性のみなさま、旅先こそ夜はバーへ繰り出しましょう。旅の恥はかき捨て? おひとりさまバーも、意外と海外のほうがトライしやすいの…

#164 飲み会で出会った48歳バツイチ男性。40代独女、どうする?【40代編集長の婚活記】

40代の婚活をスタートさせてから、はや3年。OTONA SALONE編集長・アサミ、婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、一人行動……など、さまざまな婚活を続けてきた。婚活2年半でジェントルさんという恋人ができたけれど…

写真映え抜群! シンガポールの「最新フォトスポット」4選 2019

新しい観光スポットが続々誕生しているシンガポール。絶景スポットはつねに進化しています。自然と人工、水や光を駆使した、最新&未来的で写真に撮りたくなるシンガポールの絶景スポット4選をご紹介します!【シン…

台湾ティー専門店「カムバイティー」が表参道にオープン。オーダー法、人気TOP3も発表!

台湾発のティーブランド「COMEBUYTEA(カムバイティー) 表参道店」が2019年9月21日にオープン。COMEBUYTEAは“ワンランク上”の台湾ティーブランドとして2016年に誕生し、世界6カ国と地域で13店舗を出店しています。…

「見た目年齢」を決めるのは? 第1位はアレでした【40~50代女性500人調査】

見た目で判断されたくないと思ったこともありますが、やはり「人は見た目で判断する」と痛感しているOTONA SALONE編集長の浅見です。編集の仕事でも絶賛実施中の婚活でも初めて会うかたが非常に多いのですが、人とな…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事