それじゃお金は貯まらない!財布の中に入っていたらNGなもの4つ

お金がなかなか貯まらないなら家計を見直すことは大切ですが、同時に「財布」の中身も見直してみませんか。「財布」にはお金、キャッシュカード、クレジットカードなど大切なものを入れているにも関わらず、意外と「財布」の中身を整理する習慣がない人は少なくありません。「財布」の中をチェックしてみたらNGなものが入っているかも?

 

月に1度は財布の中身を出してみる

月に1度は財布の中のもの全て出して並べて必要なもの不必要なものと整理しましょう。レシートや病院の領収書などは財布に入れておく必要なないので、保管ボックスを用意してそこに入れておくようにしましょう。またクーポンやスタンプカードなどをもらうと、すぐには捨てられず財布の中にしまいこんでいるものです。ついもらってしまうスタンプカードですが、頻繁に行くお店でなければ思い切って捨てましょう。

 

気がつけば有効期限が過ぎたクーポンやスタンプカードを入れっぱなしになっていることもあるのではないでしょうか。財布はお金の家でもあります。お金は居心地が良い場所に集まるものです。財布の中身をきちんと整理して金運アップを目指しましょう。つぎに財布の中に入っていてOKなものとNGのものにわけてみます。

 

財布の中身はOKなもとNGなものを決めておく

財布の中に入れてOKなものは「お金」「キャッシュカード」「クレジットカード「買い物にいくお店のポイントカード」「保険証」です。キャッシュカード、クレジットカード、ポイントカードは何枚も入れておかず厳選した1枚ずつで十分です。免許証や診察券などはカード入れに入れておいて必要に応じて持参しましょう。

NGなものはレシート、有効期限切れのスタンプカードなどです。財布に不必要なものは入れないようにしましょう。また、お金に関してのお守りはいいですが、仕事運や健康運などお金以外のお守りは財布には入れず巾着袋など別の手段で持参します。他にはPASMOなど乗り物のICパス「動く」ためのものでありますが、風水的にはお金も動くことになりお金が貯まらない財布になります。

 

貯まるお金の入れ方

財布のお札の並び順として1000円札を取りやすいように手前から5000円札、1万円札と入れがちですが、1万円札を手前にして入れておくといいでしょう。1万円札で支払うとお金をつかったという意識は1000円札にくらべて高くなります。したがって1万円札を手前に置いておくことで心理的にはお金をつかう時にブレーキがかかりやすくなるので無駄遣いに気をつけます。また小銭からつかうようにして財布も軽くするように心がけましょう。

 

財布の中を整理すると、スッキリしお金がいくら入っているのか把握しやすくなることでお金をつかうと、いくらつかったと意識できるようになります。財布の中を整理しておくと身も引き締まりお金をつかう時の意識が変わります。お金を貯めたいなら家計の見直しと財布の整理は同時にするのがおすすめです。

 

今関倫子 ファイナンシャル・プランナー
外資系保険会社勤務中にファイナンシャル・プランナー(FP)を目指し、AFP(日本FP協会認定)資格取得後、独立系FP事務所に転職。女性を中心に年間のべ200件以上のマネー相談を受け、多くの経験を経て独立。個人マネー相談、執筆、マネーセミナーを中心に活動中。FPCafe登録パートナー

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク