#136 なんで? デートを夕方で帰る「男の本音」とは⁉【40代編集長の婚活記】

40代にして婚活を始めた、OTONA SALONE編集長・アサミ。恋人いない歴9年以上、婚活歴2年半を超えた46歳。49歳・バツイチのジェントルさんとメッセージやデートを重ねて、やっと「好き」という気持ちに気づく。

久しぶりの恋! 3回目のデートは夜まで一緒にと思いきや……。これは40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

ディナーも一緒と思ったのに

3回目デートをしながらやっと「この人が好き」だと認識できた、恋愛ご無沙汰女子。2回目デートの反省を踏まえ、自分からもデートのプランを提案した。ランチをして、美術館を巡って、ショッピングして、お茶をして……ディナーはどこへ行くか相談しようと思った矢先だった。

ジェントル「僕、このあと予定があるので、今日はここで」

アサミ「えっ?」

ジェントル「いろいろ見られてよかったです」

アサミ「あ、はい」

ジェントル「今日はどうもありがとう」

アサミ「あ、こちらこそ、ありがとうございました」

ジェントル「それじゃ」

そう言ってジェントルさんは手をあげて止めたタクシーに乗り、颯爽と帰っていったのだった。

 

あっけにとられて立ち尽くす

東京ミッドタウンの向かいで、ぽつんと一人取り残される私。まさかの展開に動けないでいる。呆然として道路に立ち尽くす。

アサミ「帰っちゃうんだ……」

思わずひとり言をつぶやいてしまった。

 

出かける前から今日の3回目デートは、ディナーまで一緒にいようと思っていた。そして、ジェントルさんは今日もディナーを誘ってくれると思いこんでいた。

ジェントルさんも楽しんでくれている気がしたし、私も今日は疲れていなかったし。正直、私は3回目デートこそ勝負なんじゃないかと思っていた。

 

だけど、肝心のお相手・ジェントルさんは夕方になってそそくさと帰ってしまった。まるで、前回の私のように……。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事