#136 なんで? デートを夕方で帰る「男の本音」とは⁉【40代編集長の婚活記】

なんとか気持ちを切り替えないと

結局その夜、ジェントルさんからのメッセージは届かなかった。

既読スルー? いや、でもちょっと待てよ。2回目デートのあともこんな展開じゃなかったか? そうだ、そうだった。メッセージの履歴を見直してみる。あ、やっぱり。あのときは、デートのお礼メッセージ送った翌日の夜の返信だった。

きっと明日、届くよね。

もう考えるのやーめた。

サッサとお風呂入って寝よう。

 

過去のデータ的にそうならば、今日だってきっとそうだ。返信はきっと明日だ! 経験に基づいた実績があれば、早く切り替えられるというものだ。もう今夜は来ないってことで!!

 

そのまま朝を迎えると

朝になった。月曜の朝だ。

アラームで起こされたけれど、本当はまだ寝ていたい。朝が弱い私。

鳴り続けるアラームもちょっとうるさく感じたので、重いまぶたを頑張って開き、アラームを止めた。そのままスマホの画面を見る。

 

新着メッセージがあるじゃない……!

 

普段、寝起きの悪い私だが、一気にパチッと目が覚めた。わーい! ジェントルさんからかもしれない! なんて書いてあるのかな? 急いでメッセージを開いた。

 

届いた新着メッセージは!

朝からドキドキしている。新着メッセージの相手は……ジェントルさんだ!

なんて? なんて書いてくれてるの?

ジェントル「昨日はデートありがとうございました。楽しかったです。僕ばっかり話してなかったでしょうか。いろいろ聞いていただいてありがとうございました」

よかった。楽しかったって。ホッとした。私、ジェントルさんの話を聞いてるのが楽しかったからいいの! それに“デート”って書いてくれてる♡ デートってことでよいのですね? やだ、うれしい。ほんの3文字に歓喜する私。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事