ゴムだけでおしゃれまとめ髪!5分以内の簡単ヘア人気トップ3

髪は切りたくないけど、ブローやスタイリングに毎日貴重な時間を取られるのはイヤ! そんな女性の強い味方といえば、やっぱりヘアアレンジですよね。

そこで今回は、大人女性にオススメしたい時短アレンジをご紹介。さらにピンを一切使わず、しかも見栄えも良いデザインを厳選。シーンを選ばない優秀アレンジなので、明日から早速取り入れてみてはいかが? 紹介するのは、アラフォー女性美容師代表・角 薫さんです。

 

1・ノットヘアシニヨン

一見すると複雑なシニヨンに見えますが、ゴムおだんごとノットヘア(髪を結んでまとめるテクニック)を組み合わせたデザインです。もちろん、ピンは一切不要。シニヨン部分がふんわりボリューミィに仕上がるので、シンプルな装いに花を添えますよ。

 

【HOW TO】

1 ゴムおだんごを作る

全体の髪を1つにまとめ、シリコンゴムを使って結ぶ。最後の毛束通しを途中で止めて、写真のようなおだんご状態に。

 

2 あまった毛束をゴム上で結ぶ

おだんごの下に残った髪を左右に分け、上に引き上げてから毛束同士を結ぶ。おだんご部分が小さくなりすぎないように、あまり力を入れずに結ぶのがコツ。

 

3 ゴムを引っ張り毛先を差し込む

2で結び終えた毛束は、シニヨンの根元でグルグルっと巻く。毛先まで巻いたら、シリコンゴムの間に毛先を挟み込む。

 

2・2段くるりんぱハーフアップ

ハーフアップのくるりんぱですが、2段にすることで手の込んだ感がぐっとアップ。また、トップの毛束をあらかじめハーフアップにしておくことで、ボサつきを解消することもできます。髪が広がりやすい人や、顔まわりの髪を耳かけしがちな人にオススメです。

 

【HOW TO】

1 トップとこめかみラインをゴム結び

写真のように、トップの髪を1本にまとめ、次にこめかみラインの毛束を左右から引き寄せてバックで1つにまとめる。トップはゴム結びしてから少し毛束を引き出してふわっとさせて。

 

2 こめかみラインの毛束をくるりんぱ

こめかみラインで結んだ毛束を、ゴム上の空間に通してくるりんぱ。毛束を通し終えたら、ゴム下の髪を少し強めに引っ張り、毛束のたるみをなくす。

 

3 2段目のすぐ下の毛束もくるりんぱ

こめかみラインで結んだ毛束のすぐ下の毛束も、同じように真後ろで1つに結ぶ。その後、同様にくるりんぱをする。

 

3・ゴムかぶせシニヨン

ノットシニヨンは華やかすぎて、ちょっと抵抗がある……。そんな人には、毛束をねじって仕上げるシニヨンをご紹介。ねじり終えた毛束をピンで止めるのが一般的ですが、上からシリコンゴムをかぶせればピンなしでもこの通り。形もミニマムに仕上がるので、デイリー使いにぴったりのデザインです。

 

【HOW TO】

1 やや高めの1本結びをする

少し低めのポニーテールを結ぶ感覚で1本結びに。後れ毛が出ないようにキレイに結ぶのがポイント。

 

2 毛束をねじってからおだんごに

毛束を根元〜毛先までキツくねじる。ねじったらゴムを軸にグルグルっと円を描くように毛束を丸めておだんごに。

 

3 おだんごの上からゴムをかぶせる

毛先まで巻きつけ、おだんごの形が出来上がったら、上からシリコンゴムをガバっとかぶせるだけ。はみ出した毛先はおだんごの内側に押し込む。

 

あっという間に作れるゴムアレンジは、旅行先で大活躍すること間違いなし! また、どのアレンジの場合でも、ゴムはシリコンゴムを使うことをオススメします。

 

撮影協力

角 薫さん(RUALA)

原宿・表参道の著名サロンを経て、2016年に共同でサロンをオープン。角さんは髪のコンプレックスを解消させる名手。ちはるさんはシャレ感が楽しめるヘアスタイルがお得意。両者ともに、同世代の女性顧客を大勢抱えている人気女性美容師。

 

撮影/柴田和宣(主婦の友社写真室)

 

■次に読まれているのは■

脱オバサン感!いつもの「ひとつ結び」がオシャレになる簡単ちょい足し5選

急な外出なのに白髪染めしてなくてピンチ! 染めずにできる白髪対策3選

ズボラ向け!どうしても髪がパサつく人の「絶対できる」オバ髪脱出ケア3選

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
美容ライター 三輪順子

スポンサーリンク

スポンサーリンク