リバウンドしそう!なときの、万年ダイエッター流「気持ちの切り替え」術

ダイエット、それは終わることがないものかもしれません。ふとその無常を悟る日もあるでしょう。そんなとき、「休む」決断をしてもいいのです!今週はそういうお話になりました。

【人生最後(かもしれない)ダイエット戦記】Vol.8 
あらすじ:「ピンときたダイエット方法はあれこれ迷わず即試す」というポリシーのもと、
ダイエットドキュメンタリー連載を開始した藤井。10/3の第1回では63.8㎏をマーク。
第7回では、禅僧式の食欲コントロールにチャレンジ。が、行ってはいけない世界に行きかけました。
そんなアルティメットダメ人間・藤井が今回もやっぱりコケてます。

親友の指摘・「私が痩せない理由」

 

変わらぬ体重計の数値(骨格筋量は増えているのが不思議)、変わらぬボディライン…。新陳代謝が低下するアラフィフとはいえ、あまりにむごい現実です。

 

前回、登場したSくんにも若い頃から指摘されていることがあります。それは「世の中思い通りにならないから、自分のことぐらい好きにさせろや」という私の自分に対する執着です。

 

Sくん曰く

 

「自分が好きにできるなんて、大きな錯覚だから。思考は流れる。人も流れる。同じでいることもなく、自分の意志も自分の思うようになることはない。コントロールできるものは何もない」

 

頭がガンガンするレベルで正しさが身に沁みます。これが現実です。ダイエットであれこれやってみても、ほぼ満足できる結果を得られていないことがいい見本ではないでしょうか。思い通りになるものはないのです。

 

アラフィフまで、こういう当たり前のことに気が付かないからダメなんだよなあーぁ。しばし、むせび泣きしておりました。

Sadness and emotional distress. Stressful situation in work trouble and anxiety. Young woman in white shirt cry.

 

この泣いている数秒で決めたことがあります。

 

「1週間だけダイエットを休んでみよう」

 

自分というものがあるという幻想から生まれる「自己コントロール」への意志を手放し、1週間だけ流れるままに生きるのです。ダイエットなんて「自己コントロール」への執着でしかありません。英断とあえて申しましょう。

 

ダイエットを休む1週間だけ、なすがままに生きてみよう。なんだか心が軽くなってきました。執着するから、うまくいかないのです。このところオトナサローネも禅な記事が掲載されていますから、こちらにも乗ってしまいましょう。

 

やっちゃうよ。

 

ふふふ…ふふふ…フハハハハハ!

 

ダイエットを休むということは、ずーっと我慢し続けていたものを食べてもいいのよね、となるのも歯止めが効かなくなるのも無理はありません。実はダイエットを決意してから、完全に避けていたものがかなりあったのです。

 

1週間の期限付きだから禁止食品を食べちゃうよ?「おデブ」直行コースなものを食べるよ?ふふ、自らに禁じていたものを食べることを私は決めたぁ!と言い聞かせて厳選しました。

 

まず糖質と脂質の塊であるラーメンです。それも野菜たっぷりでダイエットしているという自覚をキープさせるなんて美しい精神(気休め?)を捨てて食べます。ごっついの食べます。フハハハハ!

miso roasted pork fillet ramen Japan

 

アメリカ人が「トマトが乗っているから野菜」とジャッジしても、日本人には糖質と脂質の塊でしかありえないピザも食べます。野菜らしき存在はトマトソースだけですよ。乳製品アレルギーとも、小麦アレルギーとも無縁だし!フハハハハ!

Pizza Margherita Basilico

 

どうして糖質と脂質の塊はこんなにもおいしいのでしょう。人間の舌は甘味・辛味・酸味・苦味・うま味を感じ取れると言いますが、おそらく炭水化物と油脂の味も感じ取っているに違いありません。そうでなければこんなにおいしく感じるはずがない!

 

この「おデブ」直結フードで堪能できる魅惑の味を我慢して生きるなんて絶望の中にとどまるに等しい、と私は高笑いしておりました。さすがに1日3食ラーメンとピザではありませんが、ダイエット中に比べかなりのハイカロリーな食事ばかり選んだのです。

 

この生活を1週間やってもいいのです。案外、ダイエットはこの喜びを堪能するためにあったのではないか、と味わいつつ咀嚼しながらあふれ続ける幸福を感じていました。

 

ところが、自分の消化器に反抗された

 

その数日後、幸せすぎる食後に私は苦しみ始めました。つまりお腹が痛くなってしまったのです。今まで体験したことのない痛みと苦しみに悶える羽目になったのです。

 

「お、おなかいたい…おなかいたい…いたーい…まさにこれはポンポンペイン…?」

 

何をしても痛いし、苦しい。ギャグもうつろに響きます。そしていつもは存在感を消している胃袋が脈打ちながら自己主張し、脈打つたびに痛さと苦しさが倍増。我慢していたおいしいものを食べただけなのに、なぜこんなにも苦しまなければならないのでしょう。

Woman lying in bed holding belly because of the pain in stomac.

 

その翌朝、腹痛の苦しみから解放されましたが、食欲は大幅にダウンです。水分を口にすることもつらいありさま。苦痛からようやく解放された私が白湯を飲みながら悟ったことはただひとつ。

 

「私の肉体がハイカロリーな糖質と脂質の塊の消化を苦痛なく行える強靭さを失っている」

 

自分の消化器機能を過信した私が悪いのです。胃のあたりをさすりながら、1週間のダイエット休止を後悔したことは言うまでもないでしょう。わずか3日で挫折です。

 

英断と断言した自分に後悔しかありません。ダイエットで続けていた食生活は胃腸に負担をかけることがなかったのです。腹痛の翌日から私はおかゆとごま塩という食生活を強いられました。どこの修行僧だよ!永平寺か?総持寺か?怒りだけが空回りです…。

 

ダイエットが教えてくれたこと

 

ダイエットで失敗し、休んでドカ食いでも失敗し…人生は厳しい。しかし学ぶことで人間は賢くなります。今回のドカ食いしただけのダイエット休止の1週間で、私は自らを過信してはいけないことを学びました。

 

自分の身体は思い通りにならないものです。ダイエットも、ドカ食いも、自分で自分をコントロールしていると錯覚していますが、違います。以前の自分ができたことも、変化してしまうのです。そう、自分の意志も自分の思うようになることはない。コントロールできるものは何もない、のです。変化を止められる存在はないのですから。

 

昨年までドカ食いし、ゲラゲラ笑っていられた自分も変わっていたわけです。これも前向きに考えれば、ダイエット方法を変えるチャンスになります。またSくんの警告と助言にも重なる自分をコントロールしようというあさましさを捨てる必要も理解できました。

 

現代の名僧との声も高い南直哉さん(注釈を参照)が繰り返しておっしゃる通り、自分があると思い込んでいるから自分をコントロールできるという思い込みが間違いなのでしょう。自分を過信して行うダイエットもドカ食いも間違った認識での結果です。自己コントロールへの執着が間違いといえます。

 

極楽と思っていたら、苦行になったダイエット休止ウィークは単なるドカ食いウィークでした。これは太っても当然です。によって私は覚悟を決めて体重計に乗ったのです。さあ笑っていただきましょう!…500g減。はぁ?

fotolia_113886421_subscription_monthly_m

 

『諸行無常』という言葉しか今の私には浮かびません。座禅組みに行こうかな…。

 

今回の体重:61.0キロ(スタートから-2.8㎏)

 

※注釈

南直哉(みなみ・じきさい)

曹洞宗僧侶。

恐山菩提寺院代。

『なぜこんなに生きにくいのか』など著書多数。

なお長らく絶版となっていた名著『語る禅僧』は読み応えあります。

ブログ『恐山あれこれ日記』もおすすめです。

スポンサーリンク

大山式足指パッドのやせる効果は? リング式を試したら骨盤はどうなる?【ダイエット戦記 Vol.3】

ダイエットのきっかけと太った理由が解明できたなら、真面目に始めるしかありません。現在はやせたい人が多いこともあり、ダイエットをサポートするグッズもかなり数多く出…

その下半身太り、実はお尻の冷えが原因!? 5分でむくみを解消する対策3つ

疲れの自覚症状は、「肩こりがつらいんです」、「足がむくんで、重くて」など、大抵、ピンポイントです。けれど、人の体は全部つながっています。肩こりのひどい人は首も疲…

背中で手を組める?体が硬くてもできる「寝たまま肩甲骨はがし」がスゴイ

腕を後ろにまわして背中で手を組めますか?筆者は右腕が上だと組めるのですが、左腕が上だと組めません。これは肩甲骨まわりの「筋膜」に、ねじれや癒着があることが原因な…

40代でもダイエット成功!食事制限せずにやせるための簡単「美習慣」

「糖質制限ダイエット」「断食ダイエット」……巷には多くのダイエット方法があふれています。でも、実際にやせられてそれをキープできている人はどのくらいいるでしょうか?…

あと何キロやせたい? 女性の平均体重は何キロ? 30代、40代、50代の平均・理想・モテる体重を調べてみた

「やせたい」。なにかと多くの女性たちが口にしている言葉です。でも、中にはそれ以上やせたらガリガリでシワシワに見えちゃうよ!?という人さえも「ダイエットしなきゃ」と…

1年ガチ愛用して判明!大山式足指パッド「9つの効果」その魅力とNG点は?

面倒じゃないけど、じっくり効いてくる、と密かに話題になっているらしい大山式足指パッド。これを日々愛用し、じりじりと結果を出している(らしい)のが、優雅なオトナサ…

トイレのあとが「くさい」人。実はそれ異常なんです

日本人女性の98%が排泄に関する悩みを持っているのだそう。この記事を読んでいる人ほぼ全員と言っていいでしょう。さらに、うんちのあとにトイレがくさいのは、実は「よく…

太る原因はカロリーではなかった! ちゃんと食べてやせる究極の食事「4つの要素」とは?

カロリー制限ダイエット、糖質制限ダイエット、GIダイエット、炭水化物ダイエットなど、世の中にはあまたのダイエットが存在しています。このうちのひとつぐらいは、誰でも…

40代女性のダイエット。平均体重より気にすべき値「90」のこと知ってる?

40代に入ると、急激に「太ももの上」から「胸の下」に脂肪がつきませんか? しかも、何をしても落ちません。毎日体重計に乗り、一定の体重の範囲を保っているはずでも、体…

ワインを飲むと太るって本当?赤ワインなら?ダイエット対策する飲み方とは

薄着になり肌の露出が増える季節になってきました。年齢とともにポッコリお腹が気になりますよね。ダイエットに励んでいる方も多いのではないでしょうか? ダイエットをし…

【GU】秋冬に活躍間違いなし!40代が選んだ10大アクセ&シューズって?

適度なトレンドを取り入れたい40代に人気のGUトレンド。中でも小物とシューズは毎シーズン要チェックです。リアル40代たちに今年の秋のGU初買いを聞いてみました。「使いこなせるか不安」なアイテムこそプチプラで(…

【ユニクロ】40代は秋イチに何買った?冬まで着まわす8アイテム

「今買って冬の入り口まで使える」アイテムは? ユニクロ好きな40代ズがリアルに買ったものをご紹介!羽織りでも使える!イネスの美人な長袖ワンピ(引用:ユニクロ公式オンラインショップ)レーヨンカシュクールワ…

適当じゃ恥ずかしい…?リアル40代が愛用している「文房具」は!

40代ともなると、100均で間に合わせで買ってきた文房具ではテンションがだだ下がり! 選んで選んで、愛用アイテムに囲まれて仕事をしたいものです。では、実際にリアル40代ズが愛用しているアイテムは何なのでしょ…

リアル40代がずっと愛用しているコットンは?ベスト9品

みなさん、化粧水は手にバシャっと出していますか? それともコットンですか? クレンジングは直接お湯で流していますか? それともふき取りですか? そのときどきの美容トレンドで意外に小物使いは変わってきて…

【無印良品】食べ物のマストバイはコレ!40代がガチで買ってる10商品は?

どの世代からも圧倒的に定評が高い無印良品の食品。レトルトのカレーはお皿に盛られて出てきたらまずレトルトと気づきませんし、チョコがけいちごやバナナバウムもおやつに最強! では、リアル40代ズがガチで「ひっ…

40代が「飲んでよかった」と心底思っているサプリは?意外にもコレ

日頃忘れていると、思い出した頃に報告がくる。アラフィフライターがガチで挑むこのダイエット連載「ダイエット戦記」はすでにスタートから2年半を越え、オトナサローネの連載の中でも古株になってきました。俺たち…

【GU】超プチプラなのに超役に立つ!みんなが買ってる8アイテム

びっくりするほど暑いですね!台風もくるし! 夏ラストのちょっとした買い足しから、秋へのブリッジアイテムまで、いつでも私たちを助けてくれるGU。いま40代ズが「リアルに買っている」役立ちアイテムをご紹介しま…

真夏のユニクロで見つけた!リアル40代が「助かる」8アイテム

7月中旬までは全国肌寒かったのに、突然梅雨があけていきなり夏になってしまい、真夏服へのスイッチがうまくいっていない人がけっこういるのではないでしょうか。季節外れの風邪ひきさんが多い気がします。さて、そ…

【黒歴史】絶対「してはいけない」ダイエット、40代になればわかると共感の嵐

10代、20代のころって、本当に「死ぬかも」と思うようなヤバいダイエットをみんな普通にしていましたよね。無理のきかない40代になってはじめてわかる、「末代まで絶対二度とやってはならない」無茶ダイエット列伝と…

【無印良品】細見えして涼しい!無印で着やせするこの夏8アイテム

適度なリラックス感、落ち着いたシンプルなデザイン、合わせやすいカラー展開で愛用者も多い無印良品のアパレル。今年買った中から「涼しい」「細見えする」2点をクリアした注目アイテムをリアル40代に推薦してもら…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事