「他人事」は「たにんごと」じゃない!意外とみんなが読み間違えてる読み方20選

オトナサローネで人気の読み間違い記事。今回は一気に20選ご紹介していきます!

みんなが知っているような単語の中から、誤読の多いものを選んでみました。

是非参考にしてみてください!

 

1・甘味処

読み間違いの例

かんみどころ

正しい読み

あまみどころ

意味

甘い味の菓子を出す飲食店のこと。特に、あんみつやだんごなどの和菓子を提供する店。

 

2・著す

読み間違いの例

ちょす、しるす

正しい読み

あらわす

意味

書物を書いて世に出すこと。

 

3・一見の客

読み間違いの例

いっけんのきゃく

正しい読み

いちげんのきゃく

意味

初対面。初会。

 

4・気色ばむ

読み間違いの例

きしょくばむ

正しい読み

けしきばむ

意味

怒ったさまが表れる。意中をほのめかす。様子を顔色にあらわす。気取る。なまめかしい様子をする。

 

5・重版出来

読み間違いの例

じゅうはんでき

正しい読み

じゅうはんしゅったい

意味

重版分の本が刷り上がり、書店に搬入されること

 

6・和む

読み間違いの例

わむ

正しい読み

なごむ

意味

和やかになる。穏やかになる。

 

7・飲み代

読み間違いの例

のみだい

正しい読み

のみしろ

意味

酒を飲む代金。酒代。

 

8・一入

読み間違いの例

いちいり、いちにゅう

正しい読み

ひとしお

意味

ひときわ。いっそう。いちだんと。

 

9・幕間

読み間違いの例

まくま

正しい読み

まくあい

意味

劇場で、一幕終わって、次の幕が開くまでの間。幕を引いてある間。芝居の休憩時間。

 

10・専ら

読み間違いの例

せんら?(笑) 読めない人が多いと思われます。

正しい読み

もっぱら

意味

そのことばかり。それを主として。まったく。

 

>>チェック!→「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

 

11・続柄

  • 正しい読み「つづきがら」
  • 間違った読み「ぞくがら」

原因
「続」を訓読みで「つづき」と読むのが正しいのですが、送り仮名の「き」がないので、つい音読み「ぞく」にしてしまったのでしょうか。

意味
親族としての関係

 

12・乳離れ

  • 正しい読み「ちばなれ」
  • 間違った読み「ちちばなれ」

原因
意味の一つである「離乳」「断乳」の意味からでしょうか。「ちち」が優位なようですね。「ち」は「血」を連想させるからかもしれません。慣用的にOKになっている読み方でもありますが、比喩的に使う場合には間違っても恥ずかしくない「ちばなれ」で。

意味
乳児が生長して、乳以外の食物をとるようになること。比喩的に、成長して保護を必要としない一人前の人間になること

 

13・間髪を容れず

  • 正しい読み「かんはつをいれず」
  • 間違った読み「かんぱつをいれず」

原因
おそらく「危機一髪」「間一髪」の「ぱつ」が原因のように思います。

意味
間に髪の毛1本を入れるすきまもない。事が非常に切迫して、少しもゆとりのないときにいう。転じて、即時に、とっさに、の意。

 

14・出生率

  • 正しい読み「しゅっしょうりつ」
  • 間違った読み「しゅっせいりつ」

原因
「率」が付く場合は「しゅっしょう」です。戦時中「出征(しゅっせい)」の知らせがあった関係で区別したとも言われています。ちなみに「出生前診断」は「しゅっしょうぜんしんだん」と読みます。

意味
人口1000人に対する1年間の生産児数の割合。

 

15・逝去

  • 正しい読み「せいきょ」
  • 間違った読み「いきょ」

原因
「逝」の読みが分からずに「逝く」(いく)から判断して読んだのでしょうか。

意味
他人の死の尊敬語。

 

16・依存

  • 正しい読み「いそん」
  • 間違った読み「いぞん」

原因
「存」は「ぞん」とも読む為、間違いが広まり、今では「いぞん」の方が慣用的に読まれています。

意味
他のものをたよりとして存在すること。

 

17・他人事

  • 正しい読み「ひとごと」
  • 間違った読み「たにんごと」

原因
「他人」は「たにん」と読むからでしょう。最近では表記につられ「たにんごとじゃない」などというように使われるようにもなってきています。「ひとごと」という言葉の方が先にあったことを忘れないようにしたいものです。

意味
自分とは無関係な、他人に関する事。よそごと。

 

18・相殺

  • 正しい読み「そうさい」
  • 間違った読み「そうさつ」

原因
「殺」が「さつ」と読むからでしょう。

意味
互いに差し引いて損得なしにすること。二人が相互に負担する同種の責務を、その一方的な意思表示により対当額において消滅させること。

 

19・訃報

  • 正しい読み「ふほう」
  • 間違った読み「とほう」

原因
「訃」は「ふ」としか読まないのですが、読み方が分からなかった人が「ト」の部分から推察したのでしょうか……。厳粛な時に使われる言葉ですから、しっかり覚えた方が良いですね。

意味
死亡の知らせ

 

20・何卒

  • 正しい読み「なにとぞ」
  • 間違った読み「なにそつ」

原因
「卒」が「そつ」と読むからでしょう。「なにとぞよろしく」という言葉は口に出して知っているはずです。頭の中で「なにそつ」と読んでしまっても、口に出るまでに「なにとぞ」に直すように気をつけましょう。

意味
なんとかして。どうにかして。どうか。ぜひ。

 

>>チェック!→続柄は「ぞくがら」じゃないの?みんなが間違えている読み方10選

 

いかがでしたか?

意外と読み間違えてしまっていた単語もあったのではないでしょうか!

是非、他の日本語の誤用記事も見てみてくださいね!

スポンサーリンク

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。中でも代表的な間違い…

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

「過不足」は「かぶそく」ではない!ありがちな濁点がらみの誤読5つ

新年号が「令和」に決まりましたね。清音か濁音かという間違いがない熟語で良かったです。「平成」に元号が変わった時は、「へいぜい」ではなく「へいせい」でいいの?のよ…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気|ボブヘアランキング

今年の秋冬ヘアは、柔らかさを意識した、ちょっと女っぽいシルエットが人気です。カラーは引き続き暗めが旬。中でも注目度の高い「女っぽいボブ」の人気スタイルは? そのアレンジは? ボブにまつわる人気記事ラン…

メルカリ初心者はまず100均でコレ買って!「ラクラク梱包アイテム」5選

さて、そろそろ季節も変わり、絶好の断捨離タイミングですね!そんなときフリマアプリを使って不要なものを手放す方もいるのではないかと思います。「フリマアプリって興味はあるけれど、何を用意して始めていいかわ…

間違っている人が多い!洋食でライスを食べる時、フォークを持つ手はどっち?|オトナの常識ランキング

わかっていそうで意外と知らない「マナー」。クイズ形式のテレビ番組にはつい見入ってしまいますよね。オトナサローネでも「オトナの常識」シリーズが大人気ですが、一番読まれているのは…?実は、お葬式や結婚式の…

「なまぬき」ではありません!「生抜き」の正しい読み方、知っていますか?|人気記事5選

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「漢字の読み間違え記事」や「ファッション記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきま…

酒飲み必見!「飲んでも不健康にならない」お酒の組み合わせ方は?

ホームパーティーへの差し入れやお世話になったかたへの贈り物に、お酒を選ぶ機会は多いもの。今回はお酒好きな女性の間で人気が高まるナチュラル&オーガニックなお酒を種別にご紹介します。おすすめのマリアージュ…

不調を自覚し「自分に必要なコスメ」を作った開発者。40代に大切なことって?

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。オトナサローネは同世代…

きゃくいん?かくいん?「客員」の本来の読み方は……|みんなが読み間違えやすい日本語10選

オトナサローネで人気の「漢字記事」。よく使うけど実は読み間違えやすい!単語10選を、一気にご紹介していきます。是非参考にしてみてくださいね!①蒲魚「かまとと」です。なぜ「蒲魚」が“知っているくせに知らない…

40代の蓄積疲れには「○○すること」が大切。切り札は糖質3:たんぱく質1

日ごろ、体を酷使している相手には、きょうの疲れを翌日に持ち越さないためのリカバリーアイテムを贈ってみませんか?どれもすぐ食べたり、飲んだり、使えるものばかりだから、喜ばれることまちがいなし。【オトナの…

40代独女、たまたまバーで隣に座ったオトコがまさかの…|今週の人気記事ランキング

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「恋愛記事」や「マナー記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(9月2日~9月8…

「まだ夏服着てるの?」と言わせない!秋入り口のコーデって|今週の人気コーデランキング

オトナサローネで人気の【毎日コーデ】記事の中から、今みなさんが注目しているコーデをピックアップ。お買い物に行くときは、是非参考にしてみてください!ここ1週間は、みなさん【秋コーデやオバサンに見えないコ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事