「他人事」は「たにんごと」じゃない!意外とみんなが読み間違えてる読み方20選

オトナサローネで人気の読み間違い記事。今回は一気に20選ご紹介していきます!

みんなが知っているような単語の中から、誤読の多いものを選んでみました。

是非参考にしてみてください!

 

1・甘味処

読み間違いの例

かんみどころ

正しい読み

あまみどころ

意味

甘い味の菓子を出す飲食店のこと。特に、あんみつやだんごなどの和菓子を提供する店。

 

2・著す

読み間違いの例

ちょす、しるす

正しい読み

あらわす

意味

書物を書いて世に出すこと。

 

3・一見の客

読み間違いの例

いっけんのきゃく

正しい読み

いちげんのきゃく

意味

初対面。初会。

 

4・気色ばむ

読み間違いの例

きしょくばむ

正しい読み

けしきばむ

意味

怒ったさまが表れる。意中をほのめかす。様子を顔色にあらわす。気取る。なまめかしい様子をする。

 

5・重版出来

読み間違いの例

じゅうはんでき

正しい読み

じゅうはんしゅったい

意味

重版分の本が刷り上がり、書店に搬入されること

 

6・和む

読み間違いの例

わむ

正しい読み

なごむ

意味

和やかになる。穏やかになる。

 

7・飲み代

読み間違いの例

のみだい

正しい読み

のみしろ

意味

酒を飲む代金。酒代。

 

8・一入

読み間違いの例

いちいり、いちにゅう

正しい読み

ひとしお

意味

ひときわ。いっそう。いちだんと。

 

9・幕間

読み間違いの例

まくま

正しい読み

まくあい

意味

劇場で、一幕終わって、次の幕が開くまでの間。幕を引いてある間。芝居の休憩時間。

 

10・専ら

読み間違いの例

せんら?(笑) 読めない人が多いと思われます。

正しい読み

もっぱら

意味

そのことばかり。それを主として。まったく。

 

>>チェック!→「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

 

11・続柄

  • 正しい読み「つづきがら」
  • 間違った読み「ぞくがら」

原因
「続」を訓読みで「つづき」と読むのが正しいのですが、送り仮名の「き」がないので、つい音読み「ぞく」にしてしまったのでしょうか。

意味
親族としての関係

 

12・乳離れ

  • 正しい読み「ちばなれ」
  • 間違った読み「ちちばなれ」

原因
意味の一つである「離乳」「断乳」の意味からでしょうか。「ちち」が優位なようですね。「ち」は「血」を連想させるからかもしれません。慣用的にOKになっている読み方でもありますが、比喩的に使う場合には間違っても恥ずかしくない「ちばなれ」で。

意味
乳児が生長して、乳以外の食物をとるようになること。比喩的に、成長して保護を必要としない一人前の人間になること

 

13・間髪を容れず

  • 正しい読み「かんはつをいれず」
  • 間違った読み「かんぱつをいれず」

原因
おそらく「危機一髪」「間一髪」の「ぱつ」が原因のように思います。

意味
間に髪の毛1本を入れるすきまもない。事が非常に切迫して、少しもゆとりのないときにいう。転じて、即時に、とっさに、の意。

 

14・出生率

  • 正しい読み「しゅっしょうりつ」
  • 間違った読み「しゅっせいりつ」

原因
「率」が付く場合は「しゅっしょう」です。戦時中「出征(しゅっせい)」の知らせがあった関係で区別したとも言われています。ちなみに「出生前診断」は「しゅっしょうぜんしんだん」と読みます。

意味
人口1000人に対する1年間の生産児数の割合。

 

15・逝去

  • 正しい読み「せいきょ」
  • 間違った読み「いきょ」

原因
「逝」の読みが分からずに「逝く」(いく)から判断して読んだのでしょうか。

意味
他人の死の尊敬語。

 

16・依存

  • 正しい読み「いそん」
  • 間違った読み「いぞん」

原因
「存」は「ぞん」とも読む為、間違いが広まり、今では「いぞん」の方が慣用的に読まれています。

意味
他のものをたよりとして存在すること。

 

17・他人事

  • 正しい読み「ひとごと」
  • 間違った読み「たにんごと」

原因
「他人」は「たにん」と読むからでしょう。最近では表記につられ「たにんごとじゃない」などというように使われるようにもなってきています。「ひとごと」という言葉の方が先にあったことを忘れないようにしたいものです。

意味
自分とは無関係な、他人に関する事。よそごと。

 

18・相殺

  • 正しい読み「そうさい」
  • 間違った読み「そうさつ」

原因
「殺」が「さつ」と読むからでしょう。

意味
互いに差し引いて損得なしにすること。二人が相互に負担する同種の責務を、その一方的な意思表示により対当額において消滅させること。

 

19・訃報

  • 正しい読み「ふほう」
  • 間違った読み「とほう」

原因
「訃」は「ふ」としか読まないのですが、読み方が分からなかった人が「ト」の部分から推察したのでしょうか……。厳粛な時に使われる言葉ですから、しっかり覚えた方が良いですね。

意味
死亡の知らせ

 

20・何卒

  • 正しい読み「なにとぞ」
  • 間違った読み「なにそつ」

原因
「卒」が「そつ」と読むからでしょう。「なにとぞよろしく」という言葉は口に出して知っているはずです。頭の中で「なにそつ」と読んでしまっても、口に出るまでに「なにとぞ」に直すように気をつけましょう。

意味
なんとかして。どうにかして。どうか。ぜひ。

 

>>チェック!→続柄は「ぞくがら」じゃないの?みんなが間違えている読み方10選

 

いかがでしたか?

意外と読み間違えてしまっていた単語もあったのではないでしょうか!

是非、他の日本語の誤用記事も見てみてくださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク