【男の本音】お付き合いするにはちょっと……な40代女性の特徴9選

恋愛をしていると気になる「男性の本音」。

女性同士で話していても中々分からないものですよね……。

今回は、男性が「こんな女性ちょっとNGかも…?」と思う9つの特徴をご紹介していきます!

 

その路線が無理かもと思う、40代女性の「NGな色気」は?

1・「ギャルっぽい」肌見せ

「会社にいるアラフォーの女性。社員同士の飲み会があったとき、オフショルダーっていうの? 思いっきり肩を出す服で着たんだけど、首元のシワが目立ってそこばかり目がいった。若い子が着るなら似合うんだろうな」(42歳/配送)

 

「友人たちで出かけた海水浴。アラフォーの女友達が『思い切って買っちゃった!』ってビキニを着てきたんだけど、くびれのないウエストに年齢を感じてしまった……。無理しなくていいのになぁ、と思う」(36歳/自営業)

 

「ショートパンツとか、生足を見せたいのはわかるけど顔が年相応だからギャップに萎えるときがある。ギャルっぽい服は逆に老けて見えない?」(39歳/営業)

 

2・不健康なゴテゴテはNG→シンプルが鉄板

「街を歩いていると見かける、シンプルな無地のTシャツをさらっと着こなしている女性。決して目立つファッションじゃないのに、清潔感があって目がいきます」(35歳/公務員)

 

「上はシャツにスニーカーを履いてさっそうと歩くアラフォーの女友達にはいつも良い印象がある。個人的な好みなんだろうけど、盛りすぎよりシンプルなほうが健康的でいい」(43歳/人事)

 

「尊敬するアラフォーの上司は、夏になるとカジュアルな指輪とかイヤリングをしてくるところが好き。涼しそうだし、若く見えます」(36歳/企画)

 

3・TPOを考えないファッション

「会社の仲間でビアガーデンに行ったとき。外だから暑いよって言っていたのに、『虫がきそう』って長袖を着てくるアラフォーの同僚は見ているだけで暑苦しかった。大汗かきながらビール飲んで、美味しいのかなと思う」(37歳/看護士)

 

「私服OKの会社だけど、ノースリーブにタイトスカート、ヒールの靴で出社して『寒い!』と冷房にケチをつける同僚。見る分には色気もあっていいけど、体温の調節は自分でやるのが大人では?」(39歳/教員)

 

「アラフォーの女性と付き合っていたとき。デートでお祭りに誘ったら、キャミソールみたいな薄着で着た。人も多いし暑いからなんだろうけど、汗でべっとりと濡れた肩とか色気より触るのを避けたくなった」(41歳/サービス)

 

>>チェック!→【男の本音】その路線、ムリかも…男性が40代独女に感じる「NGな色気」って?

 

「Hはアリだけど結婚相手にはしない」40代女のボーダーは?

4・受け身過ぎる

――1年ほど付き合ったアラフォーの彼女がいたけど、優しいし面倒見は良いし、セックスの相性も良くて順調でした。でも、残業でデートができない日でも「大丈夫だから頑張ってね」と励ますだけだったり、何でも受け入れてくれることに正直物足りなさを覚えることも。

 

一度「もっと要求とかないの?」と訊いたら「ワガママを言うと嫌われそう。もう年だし後がない」とはっきり言われ、素を出せない交際に意味があるのかと違和感を覚えました。

 

料理も上手いし苦手な掃除も頑張ってくれていたけど、それは結婚を前提にした同棲を俺に考えて欲しいから、と彼女の女友達から聞いてしまい、気持ちが冷めたことも別れを決めた原因。俺のことが好きだからってわかっていても結婚したいなんて素振りも出さないし、どこまでも受け身な姿に刺激を感じなくなりました。

 

こういう女性って、結婚したら豹変するとかないですかね?(40歳/団体職員)

 

5・束縛しなさすぎる→興味がないの?

――最初から「結婚なんて考えてないし」と宣言していた彼女。ならばこちらも気楽に付き合える、と思っていたけど、実際ほかの女性と二人きりで飲みに行く機会があっても文句も言わないし、彼女も男友達と楽しくやっていてストレスのない交際でした。遊び人というわけじゃなくて、家事も一通りやってくれるしカラダの相性も良い。家に泊まった次の日の朝は彼女の手作りの朝食を食べるのが楽しみでした。

 

でも、付き合いが続くにつれまったく束縛されないことが不安の種に。いくら結婚は考えていないとはいえ、お互いに自由過ぎる付き合いは気持ちの結びつきが感じにくくて・・・。彼女に不満をぶつけると「私はこれくらいの愛情がちょうど良いから」と返されてしまい、寂しさが募るようになりました。

 

そのうちこちらばかり彼女の他人との付き合いにイライラするようになり、このままじゃダメになると別れを決意。いつの間にか結婚のことが頭をよぎりだしていた自分には、あまりにドライな彼女との恋愛は合わなかったようです。(42歳/看護師)

 

6・固定観念が強すぎる

――趣味の場で知り合ったアラフォーの女性。定期的に顔を合わせるうちに仲良くなり、二人きりで食事に行くようになりました。デートを重ねると好みや性格も合うことがわかり、このままお付き合いしても良いかな、と告白するとOKをもらえて無事に交際がスタートしました。

 

が、いざ付き合いが始まると交際経験があまりないことがわかり、何でもこちら任せの態度が少し面倒くさく感じるように。エッチも当然知らないことが多くて、なかなか満足することができませんでした。単に奥手なのかと思っていたら「男性はこうあるべき」「女性はこうされて当然」のような固定観念が強く、時代遅れの感覚についていけないことも。食事に行っても絶対に財布を出さない姿には正直萎えました。

 

家庭的な部分が多いのは歓迎なんだけど、こちらは年相応の付き合いがしたいのに「早寝早起きが健康の基本」と夜遅くのデートも断られることがあり、窮屈な関係に息苦しさを覚えることが増えました。別れようと思い「これ以上付き合えない」と言うと「責任とってよ!」と責められ、それを振り切って終わらせると今度は彼女の友達に文句を言われる始末。アラフォーにもなって幼稚な振る舞いにうんざりしました。

 

俺の意見を受け入れるより、自分の考えにばかり固執するような女性とは付き合えません。しんどかった・・・。(36歳/営業)

 

>>チェック!→【男の本音】Hはアリだけど結婚相手にはしない40代女のボーダーって?

 

男性が「がっかりする」独身女性の3つの特徴

7・アラフォーになっても「こじらせ女子」は勘弁……

職場でずっと憧れていた年上の女性。仕事でミスをしても丁寧に指導してくれるし、残業していたらコーヒーの差し入れをくれたりと優しい女性だと思っていました。

 

思い切ってこちらから告白すると、あっさりOKをもらえてお付き合いがスタート。最初のうちは同僚の感覚が抜けなくてお互い苦労したけど、少しずつ彼女が甘えてくれるようになって、大きな喧嘩もなく順調に進んでいました。

 

が、やっと職場の外では恋人らしくなれたかなと思ったころ、彼女の様子が変わってきて。「こんな年上のおばさん相手に疲れるでしょ」「ほかに若くてお似合いの女性がいるんじゃない?」など、LINEや電話でネガティブな発言が増えてきました。

 

そんなことないよ、好きだよと言っても「じゃぁ何で昨日は残業のこと黙ってたの?」「どうせ私なんて都合の良い女なんでしょ」と愚痴のオンパレード。こっちの態度を探るように一切連絡をくれなくなったりと、構ってアピールがハンパない。疲れたから少し距離を置いたら「もう嫌いになった?」と泣きに入ったり、正直精神的な負担がキツかったです。

 

交際をすぐOKしたのは「どれだけ本気か試すため」、と言われたとき、アラフォーになっても恋愛をこじらせてるこんな女性は無理!とストレスが爆発。別れて良かったと今でも思っています。(36歳/教育)

 

8・お金を払わせて当然という態度

友人の元カノだったアラフォーの女性を好きになったとき。趣味が合うし、おしゃべりで明るい性格の彼女と一緒にいると楽しくて、気がつけば告白していました。

 

付き合うことになったのを正直に友人にも話したとき「ケチだから気をつけろ」と言われたけど、舞い上がっていた自分はスルー。交際する前は確かに缶コーヒーの1本すら別々に払っていたけど、付き合いが始まればそんなこともなくなるだろうと勝手に思っていました。

 

が、いざ友達から恋人と立場が変わっても、彼女の態度は変わらず。食事に行けばほとんどが割り勘で、おごるのは自分だけ。一応「ごちそうさま」は言ってくれるけど「ありがとう」の一言がないことが気になって、ある日「たまには出してくれると嬉しいな~」と軽い感じで言ってみると、「割り勘は男の甲斐性のなさがバレるよ」と一蹴。あ、男が払うのが当然だから感謝の気持ちもないのね……と一気に冷めました。

 

別にお金を出すのは嫌じゃなかったけど、払わせて当然と思うようなアラフォーの女性は無理。(39歳/公務員)

 

9・勝手に結婚決定…?「暴走思考」

婚活パーティで知り合った40代の女性。会場で話が盛り上がり、すぐ連絡先を交換してその後何度かデートしました。俺もアラフォーなので確かに結婚に対する焦りはあったけど、やっぱりどんな女性かじっくり見極めてから先に進みたいと思い、将来の話より女性の価値観やこれまでのことなどを中心に質問する時間を意識していました。

 

が、彼女の方はそれが不満だったようで、「先の話はしたくない?」や「結婚する気がないのにパーティに来たの?」などイライラしている様子が見えるようになり、このままではフラれると思い「先を考えているからこそお互いのことをちゃんと知りたい」と正直に話しました。

 

それから彼女はご機嫌になり、楽しく交際が進むこと3ヶ月、そろそろちゃんとプロポーズしなくちゃと思っているとある日突然「結納の日までにダイヤの入った婚約指輪を用意しておいてね」と彼女からLINEが。びっくりして「結納?誰の?」と返すと「来月の○○日だと大安だしうちの親も都合が良いんだけど」とさらに追い打ち。

 

どうやら、彼女の脳内では俺との結婚が決定になっていたようで、プロポーズするつもりだったからまだそれは良いとしても、完全に自分の都合だけで進めようとする姿には正直引きました。「ついていけない」と返信したら詐欺だの人間性を疑うだのと返ってきましたが、それはこっちのセリフだよ……。もちろん別れました。(40歳/看護師)

 

>>チェック!→【男の本音】こんな40代独身女性になってない?男性ががっかりする原因3つ

 

いかがでしたか?オトナサローネはオトコのホンネに迫ります!

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男の本音】こんな40代独身女性になってない?男性ががっかりする原因3つ

現在恋人のいる40代独女の皆さま、楽しいお付き合いをしていますか? いくつになっても男性の目は厳しいもの、気を抜いていると「もうやーめた!」と恋心を放棄されてしま…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

酒飲み必見!「飲んでも不健康にならない」お酒の組み合わせ方は?

ホームパーティーへの差し入れやお世話になったかたへの贈り物に、お酒を選ぶ機会は多いもの。今回はお酒好きな女性の間で人気が高まるナチュラル&オーガニックなお酒を種別にご紹介します。おすすめのマリアージュ…

不調を自覚し「自分に必要なコスメ」を作った開発者。40代に大切なことって?

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。オトナサローネは同世代…

きゃくいん?かくいん?「客員」の本来の読み方は……|みんなが読み間違えやすい日本語10選

オトナサローネで人気の「漢字記事」。よく使うけど実は読み間違えやすい!単語10選を、一気にご紹介していきます。是非参考にしてみてくださいね!①蒲魚「かまとと」です。なぜ「蒲魚」が“知っているくせに知らない…

40代の蓄積疲れには「○○すること」が大切。切り札は糖質3:たんぱく質1

日ごろ、体を酷使している相手には、きょうの疲れを翌日に持ち越さないためのリカバリーアイテムを贈ってみませんか?どれもすぐ食べたり、飲んだり、使えるものばかりだから、喜ばれることまちがいなし。【オトナの…

40代独女、たまたまバーで隣に座ったオトコがまさかの…|今週の人気記事ランキング

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「恋愛記事」や「マナー記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(9月2日~9月8…

「まだ夏服着てるの?」と言わせない!秋入り口のコーデって|今週の人気コーデランキング

オトナサローネで人気の【毎日コーデ】記事の中から、今みなさんが注目しているコーデをピックアップ。お買い物に行くときは、是非参考にしてみてください!ここ1週間は、みなさん【秋コーデやオバサンに見えないコ…

バーで独女の隣にたまたま座ったオトコは、将来の〇〇だった……⁉︎|恋愛記事ランキング

オトナサローネで人気の恋愛記事。その中でも特に、今注目されている恋愛記事をランキング化しました!どれも衝撃的なお話ばかり……!それではご紹介していきます。1位・40代独女、たまたまバーで隣に座ったオトコが…

【募集】編集アシスタント(未経験者可) 学生・主婦もOK!

伝統ある女性誌出版社で編集のお仕事をスタートしませんか?主婦の友社オトナサローネ編集部は下記の要項で編集アシスタントを募集します。学生やパート(扶養範囲応談)もOKです。PCでの記事確認や、メールの返信、…

英語で「携帯電話」って言える?「Smart phone」よりも主流な言い方はコレ

オトナサローネで人気の「英語」記事。知っていそうで意外と知らない!そんな英語のフレーズを10選ご紹介していきます。是非チェックしてみてくださいね。①レアチーズケーキ一見、英語と思われがちな「rare cheeseca…

手土産にも!プロが「お取り寄せ」でリピートしている5つのアイテムって?

オトナ女子はビジネスでもプライベートでも手みやげを贈る機会が多いもの。相手の好みをくんだものもいいけれど、健康や美容によく、しかもトレンドを意識したものなら、感度のいい人も思わず笑顔に!【オトナの手土…

注目の記事

LOVEに関する最新記事