いくら包むのが正解? 部下や後輩の「結婚式」の場合【オトナの常識#1】

会社の部下から披露宴に招待されました。ぜひ出席して祝福したいけれど、ご祝儀っていったいいくら払えばいいの?20代の頃、「友人」として出席した際に包んだ額と同じで大丈夫?さて、大人の女性の正解は?

問題 会社の部下の披露宴に招かれました。ご祝儀はいくら包んだらいいでしょう?

A.2万~3万円

B.3万~5万円

C.5万~10万円

正解 部下に包むなら3万~5万円が一般的

お祝い金の額は、披露宴に出席するかどうかと、新郎新婦と親しいほど、また自分の年齢が上であるほど金額は多くなります。部下の披露宴に出席する場合は、3万~5万円を包むのが一般的

「我が社の基準はどうなっているの?」「後輩ではあるが、仕事上のポジションは同じ」など迷ったときは、自分と似た立場の人にそれとなく聞いて合わせるのが無難です。懐事情が許すのであれば、「迷った時は多め」を選ぶのが安心ですが、お付き合いに無理は禁物。身の丈に合った金額を選んでくださいね。

 

偶数の金額を包むのは「割り切れる」ため縁起が悪いとして避ける傾向もあります。近頃は「ペア」を意味する2万円や、「末広がり」の8万円を包むこともふえましたが、「死」「苦」を連想させる4と9は避けたほうがいいでしょう。

ただし、後述するようにお金と品物を組み合わせて贈る場合は、総額が4万円や9万円でもかまいません。

お祝いは現金でなくてもOK

結婚のお祝いは、品物でも現金でもかまいません。もともとは品物を送る習慣がありましたが、現在では、結婚する当人たちが好きなように使える現金を贈るほうが一般的になっています。

現金で1万円、品物や商品券で2万円分、というように両方を組み合わせて贈ることもできます。前述したように予算が4万円の場合、現金を3万円、品物や商品券を1万円などの組み合わせてもいいでしょう。

 

相手に喜ばれるものは何かを考え、お祝いの気持ちを伝える方法を選びましょう。ただし、品物を挙式当日に持参するのは迷惑なので、必ず事前に届けるか、配送してもらうようにしましょう。また、ご祝儀は職場であらかじめ手渡ししておくのも、マナーにかなっています。

スポンサーリンク

気になる「閉経」の平均年齢は? 生理はいつまであるの?40代が知っておきたい更年期

来るはずの生理が急に飛んだり、自分だけ急に暑いと感じたり。20代のころは「たまたまでしょ」で片づけていた体調の変化も年齢を重ねるにつれ「いよいよ更年期!?」と不安…

あと何キロやせたい? 女性の平均体重は何キロ? 30代、40代、50代の平均・理想・モテる体重を調べてみた

「やせたい」。なにかと多くの女性たちが口にしている言葉です。でも、中にはそれ以上やせたらガリガリでシワシワに見えちゃうよ!?という人さえも「ダイエットしなきゃ」と…

40代女性のダイエット。平均体重より気にすべき値「90」のこと知ってる?

40代に入ると、急激に「太ももの上」から「胸の下」に脂肪がつきませんか? しかも、何をしても落ちません。毎日体重計に乗り、一定の体重の範囲を保っているはずでも、体…

閉経の平均年齢は?月経はどんなふうに減っていきますか?【医師に聞く#1】

40代女性がひそかに悩む身体のこと。さまざまな分野に関して、医師に教えてもらいます。さて、アンケートでも特に目立つのが「更年期」についての悩み事。更年期に出てくる…

突然の「親の葬儀」。私の家族に起きたこと、かかった費用

考えたくないけれど、いつかやって来る親との別れ。残される家族としては、葬儀の費用のことも気になります。そこで、葬儀とその費用について調べてみました。葬儀は突然や…

クイズ!中学生でも分かる敬語、正しいのはどっち?

英語でも数学でも中学生レベル、つまり義務教育で習うことで十分だというブログや書籍が目に付きますよね。今日は敬語について基礎からおさらいしてみましょう!全7問です…

口にするだけで愛が深まる!3つの魔法の言葉とは

今日はクリスマスイブですね。みなさんは誰と過ごしますか?せっかくのクリスマス、素敵な思い出にしたいですね。サンタクロースや恋人からの贈り物ばかり気にしないで、今…

えっ、「食べる」を丁寧に言うと「食べ○○○」?

「お昼はもう召し上がりましたか?」と聞かれて「はい。召し上がりました」なんてうっかり答えてしまうこと、ありますよね。「食べる」には「召し上がる」「いただく」とい…

岩井志麻子「育ちがいい女」と「育ちが悪い女」のちがいとは?

育ちがいい、育ちが悪いというジャッジ。この基準も、わりと人それぞれ。とはいうものの、前者は円満な富裕層、後者は貧しく複雑な家の出の人がいわれがち。ある女たちの、…

ヘタな字がたった1日で「大人な字」に変わる魔法って?

壊滅的に汚字というわけではないけれど、年齢相応とは言い難い、「微妙にヘタな字」。私のこと?と思う人は多いはずです。アラフォーともなると今さら習いなおすきっかけも…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事