華原朋美、未定だらけの妊娠発表に見る「不安定なオンナ」の底力

華原朋美、妊娠六か月。10連休中に飛び込んできたニュースには驚きましたが、2011年、長い低迷から抜け出したころ、華原がバラエティー番組で「結婚して女の子を産みたい、おそろいの服を着て、アイドルにしたい」と話していたので、夢がかなったということでしょう。

 

が、ちょっと訳ありなのかなぁと思うのです。妊娠は発表したものの、結婚については未定。
子どもの父親は外資系企業に勤めている一般人だそうです。子どもができたら、結婚しなくてはいけないという法律はありませんが、育児には人手があって困ることはないでしょう。結婚できない理由、たとえば相手が既婚者だとか、すでにケンカ別れしてしまったなど「言えない理由」があるのかなと思わないでもありません。

 

母親になれば、子どもへの愛情は温泉のようにこんこんと湧き上がってきて、どんなことにも耐えられると昭和の時代は喧伝されていましたが、現代にそんなことを信じる人はいないでしょう。出産と育児は重労働ですし、ホルモンバランスも崩れて産後うつになることもあります。もともと精神的に安定しているとは言えないタイプの華原に出産と育児が耐えきれるのかという意見もネットにありましたが、大丈夫じゃないかと私は思います。

 

お騒がせオンナほど、産んでいる?

メンタルが不安定だったり、男性関係が定まらない女性芸能人ほど、妊娠出産すると落ち着くことがあるように思います。たとえば、一青窈は音楽プロデューサーと8年間不倫、結婚間近ともいわれましたが、破局しています。その後、ミュージシャンである男性と結婚し、出産を果たしています。第一子を出産後、「女性自身」(光文社)の取材に対し、「もっとたくさん、子どもが欲しい。もう3人でも4人でも」と話していましたが、現在、42歳にして第三子出産間近です。

 

キャスター・山本モナは「筑紫哲也NEWS23」(TBS系)に抜擢されましたが、既婚の代議士との路チューを写真週刊誌に撮られ、降板しています。「サキヨミ」(フジテレビ系)のレギュラーに返り咲きますが、今度はプロ野球選手とラブホテルに入っていたところを写真週刊誌に撮られ、またしても降板。自分、何してんねんと言いたいところですが、一般人男性と結婚し、引退します。しばらくすると芸能事務所を自ら立ち上げ、芸能界復帰。「女性自身」によると、現在、43歳にして第三子妊娠中だそうです。

 

人はだれしも何かに依存して生きているわけです。一番わかりやすい例は会社名(その会社に勤めている自分は価値がある)や仕事(仕事を頼まれる私は価値がある)でしょう。女性の場合、オトコに依存的だった人の行きつく先は子どもなのではないでしょうか。どんな理由にせよ、産みたい人はどんどん産んでいただきたいものです。

 

不安定なオンナは、弱いのか?

精神的に不安定な人、依存的な人というのは「メンタルが弱い」とネガティブニュアンスで
語られることがありますが、「メンタルは弱い」人は「人間として強い」のではないかと私は思います。

 

華原と言えば、音楽プロデューサー・小室哲哉の存在を抜きに語れないでしょう。アイドルとしてデビューしたものの、さほどメジャーな存在ではなかった華原を見出したのが、小室のてっちゃん。華原は瞬く間にスターとなり、和製マライア・キャリーとも言われますが、二人の仲は続きませんでした。「華原朋美を生きる」(集英社)によると、レコーディングのためにロスアンゼルスに行ったけれど、なぜか理由も聞かされず、ホテル移動をさせられ、結局てっちゃんは来なかったそうです。同棲していたマンションにも帰ってこなくなり、携帯は変えられてしまい、別れ話をすることもなくポイ捨てされてしまったようです。そのつらさから逃げるために、精神安定剤や睡眠薬に頼るようになってしまった急性薬物中毒になったり、今度は薬物依存から抜け出すために、精神科の閉鎖病棟に入院したこともあったと「女性セブン」(小学館)が報じています。

 

薬物とか入院という字面だけで見れば、彼女は「メンタルの弱い人」かもしれません。けれど、彼女と同じ経験をしたら、普通の人ならとっくに死んでいると思います。そこをふみとどまり、かつ芸能界に戻ることができた彼女は、実はとても強い人だと言えるでしょう。

 

華原が「人として強い」理由は、「依存のプロ」だからではないでしょうか。

 

法律にそむいたり、自己破産をしたり、生活が立ち行かなくなる依存はよくないことです。しかし、ほどほどにして、自分を生かしていけるなら、さほど悪いことではないように思うのです。

 

あれもこれも依存できる人の方が、幸せになりやすい? 次ページ

スポンサーリンク

50歳目前、セックスは週2回するけどイッたことがない【40代、50代の性のリアル】#7

これまでのセックスでイッたことがない。だから、最後に一度でもいいからイッてみたいーー。この連載をはじめたとき、そう打ち明けてくる女性が多いのではないかと予想して…

磯野貴理子、二度目の離婚。「女のカネで店を出す夫」はクズなのか?

タレント・磯野貴理子が「はやく起きた朝は…」(フジテレビ系)で、24歳年下夫との離婚を発表しました。夫に「自分の子どもが欲しい」と切り出され、貴理子は「当然のこと…

セックスレス。したい私と、したくない夫。【40代、50代の性のリアル】#5

日本はセックスレス大国だ、とよくいわれる。一般的に、健康な男女のカップルに「1カ月以上、性交渉やセクシャルコンタクトがないこと」をセックスレスという。国内の既婚…

婚活中のセックス、傷つくことも多かった。【40代、50代の性のリアル】#6

結婚相手に何求めるか。ひとつだけ挙げるのがむずかしいなら3つ挙げるとする。当然、人それぞれだろうがそのなかに「セックスの相性」が入る人はどのくらいいるだろう。筆…

セックスは嫌いだった、不倫の恋に落ちるまでは。【40代、50代の性のリアル】#4

セックスがきらいなんです、という女性は案外多い。世間的には「すごくいいもの」とされている。なのに自分は好きではない。気持ちよくなったこともない。もしかすると自分…

イチロー夫人、弓子さんが女子アナ時代に示した「控えめ」だけど最強の攻め

お代替わりが近づいています。4月1日には新しい元号、「令和」が発表されました。5月1日から、我々が浩宮さまとお呼びしている現在の皇太子さまが、天皇陛下となられます。…

大久保佳代子ら、40代婚活女性が直面する「オトコにどこまで合わせるか問題」

3月8日放送の「ノンストップ!」(フジテレビ系)で、「40歳からの婚活」を特集していました。40代で結婚したと願う男女は増える一方で、結婚相談所に登録しているのは30代…

40代で絶頂を知り、性行為観が変わった【40代、50代の性のリアル】♯11

メディアで性行為についての悩みを広く募ると、最も多いのが「オーガズムを経験したことがない」になるそうだ。けれどセックスの満足度をイッた/イカないのみで図るのは、…

延々続いたゆきずりセックス、そして迎えた結末は【40代、50代の性のリアル】#9

セックスはひとりではできないし、その質は相手によって大きく左右される。けれど、それ以前に“自分自身”がどういう状態にあるかでその内容はまったく異なるものになるので…

藤あや子、魔性の女は意外と「薄情」?オトコを骨抜きにし続ける半生

3月31日放送の「ボクらの時代」(フジテレビ系)は秋田つながりで、俳優・柳葉敏郎、タレント・佐々木希、歌手・藤あや子が出演しました。美人の産地として名高い秋田らし…

矢野未希子、「VERY」新カバーガールは時代を変えるのか?

「基盤のある女性は、強く、優しく、美しい」のキャッチコピーでおなじみ、女性誌「VERY」(光文社)。出版不況という言葉が聞かれるようになって久しいですが、そんなのどこ吹く風と売れまくっているようです。矢野…

上沼恵美子に見る「オンナの幸福」って?甲斐性ある男との結婚がすべてではない

私はテレビを見てコラムを書く小商いをしているため、テレビを見ることは仕事なわけですが、仕事を忘れて大爆笑してしまうのが、上沼恵美子(以下、えみちゃん)の出ている番組なのです。山口百恵さんになれなかった…

LiLiCoは本当にサバサバなのか?「自称サバ女」が抱える深い闇

警察のお世話にならず、仕事をクビにならないというのが大前提がつきますが、1%でも興味があること、もしくは可能性があることはトライしたらいいのではないかと私は思っています。挑戦しないことには成功率0%で…

小泉進次郎のオンナに学ぶ、「ハイスペ婚」目指す40代の心得

内閣総理大臣・小泉純一郎のジュニアで、自民党厚生労働部会長・小泉進次郎。総理にもっとも近いと言われるオトコが、ニュースキャスター・滝川クリステルと結婚しました。おモテになりそうな顔立ちですし、総理大臣…

佐藤仁美は「サバサバキャラ」だから5歳年下にモテたのか?40代が陥る錯覚

テレビの世界に〇〇キャラという言葉は、すっかり定着しています。〇〇キャラは、実際に〇〇である必要はなく、他人との差別化として使われるものです。誰がキャラをテレビの世界に用いるようになったのか、正確なと…

浜崎あゆみ「身を滅ぼすほどの愛」でわかる「低迷」の本当の理由

浜崎あゆみ(以下、あゆ)の暴露本とも言われた「M 愛すべき人がいて」(幻冬舎)。作家の小松成美氏が「事実に基づくフィクション」として、あゆの過去の恋愛について書いたものです。早速読んでみましたが、「ど…

滝川クリステルという生き方、「決別できるオンナ」を作ったものは何か

若いときに、知っておけばよかったと思うことはいくつかありますが、その一つは「オトコは強くない」ではないかと思うのです。今の20代のカップルは、同棲しても財布は別、男性も家事をして、食事もそれそれ一人で…

壇蜜「俺が出世しないのは妻のせい」と思いたい男のニーズを引き受ける理由

売れる芸能人というのは、世相というか時代を反映しているのではないでしょうか。現代の女性アイドルに求められる要素とは?たとえば、昭和世代の女性アイドルや女子アナは、やる気のなさを頻繁にアピールしていまし…

デヴィ夫人、大統領夫人の座を射止めた「嫉妬」の燃料化テクニック

販売のお仕事は大変だなぁと思うことがあります。新宿伊勢丹のフレグランス売り場で、30代くらいの女性が「オトコする香水が欲しい」と販売員さんに話しかけていました。売り場でよく繰り広げられるシーンなのかもし…

中森明菜、実はジャニーズに翻弄され続けてきたその人生

特定の誰がをうらんでいるわけではありませんが、オトナやそのほかの人にだまされたなぁと思うことはあります。「努力は裏切らない」とか、「結果よりも、プロセスのほうが大事」とか。しかしながら、私のような人間…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事