【男の本音】モテる女性は送ってる!男性が好感を抱くLINE8選

現代のコミュニケーションツールと言えば「LINE」ですよね。

気になるカレからの好感を得るために「LINE」は上手に使っていきたいところ!

今回は、男性が「この人いいかも!」と好感を抱くLINEを8選ご紹介していきます。

 

飲み会後の御礼モテLINE3選

程よく具体的な日程をおくる

「食事会や飲み会の後って『また今度ごはん行きましょう』みたいな定型文っぽいお礼LINEが届くんですよね。それだけだと流れてしまいがちですが、ざっくりでも日程を提示してくれるとスケジュールを調整しようと思えて、次に繋がります」(41歳・商社勤務)

 

社交辞令のLINEが終わった後にもう一度

「本当に気に入った子はこちらからきちんとお誘いしますが、大体は『また飲みに行きましょうね』って社交辞令で終わるんですよ。ひと通りのやりとりが終わった数日後とかに、さりげない感じでまたLINEをくれる女性だと実際にまた会うことがあります」(37歳・メーカー勤務)

 

早めに帰ってしまった時はフォローが大切

「スタート時間が遅めの飲み会をした時、1時間くらいでさっさと帰ってしまった女性がいたんです。そんなに話してなかったし、つまらなかったのかなーなんて軽く思っていたんですけど、グループLINEができた後にわざわざ個人LINEで『出張がなかったらもっと一緒に飲みたかったです』と送ってくれました。遅くまでいてくれる女性も嬉しいけど、先に帰ったのにわざわざ連絡くれたことが嬉しかったです。そう言われて、次を誘わない男なんていないと思います(笑)」(37歳・マスコミ関係)

 

>>詳しくはこちら

 

他の女と差がつく「可愛いモテLINE」2選

あえての電話

「最近はすっかり電話することがなくなったので、電話がくるとそれだけでドキッとします。実際は出れないことの方が多いと思うけど、メッセージよりも新鮮でいい」(37歳・イベント事業)

 

チラッと覗くスタンプ

「新年の挨拶のようなLINEはたくさんくるので、印象に残らないことが多いんです。でもチラッとこっちを覗くようなスタンプがくると、なんだか気になって、こっちから『どうしたの?』と聞きたくなってしまいます。かまってほしいけど、直接言えない感じが可愛いんですよね。それをきっかけにLINEが続くこともあります」(36歳・会社経営)

 

>>詳しくはこちら

 

「お。いいね」と好感を抱くLINEの共通点3選

少し親しくなったタイミングでほんの少しだけ「絵文字」が混ざる

「オフィシャルな連絡であっても、ちょっと親しくなったタイミングで、ほんの少し絵文字を混ぜてくれると、親近感が湧いて安心する。

連絡を取り合うようになって時間が経っているのに、いつまでも堅苦しいLINEを送ってくる女性は、僕を警戒しているのかなって思ってしまうこともありますね。

大人だから、砕けすぎるのはNGだけど、笑顔のマークひとつ入っているのといないのとでは、メッセージの印象が全然違うよね」(43歳男性/建築)

 

グループLINEでマナーをわきまえている

「僕は、遊び仲間とかプロジェクトメンバーとかのLINEグループがたくさんあるんですけど、そういう場で特に目上の人に対して、砕けた言い草や内輪のあだ名を使い始める女性が超絶苦手です。

稀に、会話の流れで個人的な話が始まるグループもありますけど、そこでノリノリになっているオバサンには『後から必要な情報を見返す立場にも、なってくれよ』って思いますし、『やまもっちゃんは~』とかって、自分の部下も見ているのに、内輪のあだ名で目上の人を呼んでいる40代女性なんて、もう最悪。

そういう流れになったとき、ちゃんと個人のLINEに切り替えができたり、内輪のあだ名は場面に応じて使うなど、マナーのある人は『ちゃんとしてる』って感じでいいね。

グループLINEの使い方って、意外と本性出ていると思います」(41歳男性/システムエンジニア)

 

スタンプに頼り過ぎない

「最近ではスタンプの種類も増えたせいか、文章が入っているスタンプだけをポンっと送りつけてきて終わり、みたいな返事を好む女性も結構いますよね。

でも俺、こういう返信はすごく雑な感じがして、苦手です。

特に、40代や50代の大人の女性がこれをしていると、偉そうな感じがするって言うか、適当に人間関係を構築しているニオイがして、イヤだなって思います。

スタンプを時々使うのは全然いいと思うんですが、いくつもの種類を買い揃えておいて、スタンプだけで会話を済ませる女性とかも、なんか違う気がする。

『ありがとうございます』ってお礼でも、文字が入っているスタンプを送られるより、一文でも文章で送ってくれたほうが丁寧な感じがして好きです」(46歳男性/商社)

 

>>詳しくはこちら

いかがでしたか?

是非参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男の本音】こんな40代独身女性になってない?男性ががっかりする原因3つ

現在恋人のいる40代独女の皆さま、楽しいお付き合いをしていますか? いくつになっても男性の目は厳しいもの、気を抜いていると「もうやーめた!」と恋心を放棄されてしま…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

【40代のシワ】ほうれい線、たるみ、顔のシワはどうケアする?人気記事ランキング

40代ともなると、化粧品ではカバーしきれないたるみやシワが出てきます。それらが全くないほうが不自然とはいえ、全て消し去ってしまいたいと思う瞬間もあるのではないでしょうか。今回はシワの原因となる顔のコリを…

【白髪】みんなどうしてる?「白髪カバーアレンジ」から「白髪染め」まで人気記事ランキング

生え際や頭頂部にピヨピヨ生えてくる白髪。まだ白髪染めをする段階でもないだろうと思いつつ、せっせと抜いている人も多いのでは。最近はグレイヘアの流行など、白髪を受け入れる風潮もあるとはいえ、やはり気になる…

「すかす」でも「だます」でもありません!「貶す」の読み方、知っていますか?|今週の人気記事

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「漢字の読み方記事」や「ランキング記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(…

【40代のお金】年金ってもらえるの?貯金はいくら必要?独女のお金知識ランキング5

アラフォーになると、チラチラ頭をよぎるのが老後のこと。なんとなく年金には加入しているけれど、実際の受給額はいくらになるのか、そしてそれは楽しい老年期を過ごすのに十分な額なのか、いまいち分からないという…

【冬の着やせ】いつものコーデを2kg細く見せるには?人気記事ランキング

食事改善や運動で痩せるのが最終目標と分かってはいるけれど、必要なのは「今日スラッと見えること!」。今回は、40代の女性が着るだけで痩せて見えるファッション記事の中から、読まれているランキング上位の、みん…

【肩甲骨はがし】肩と背中に効果バツグン!「効く」ベスト5は?

整体に行けば一時的に楽になるものの、次の日にはもう痛む首・肩・背中。それなら自分でケアしたほうが毎日良い状態を維持できそう……と思っている人も多いのでは。家でじっくり行う「寝たままはがし」や、オフィスで…

【1000万】お金が「どんどん貯まる人」の特徴って?人気の記事5選

特別な収入源があるわけでも、財布の紐を固結びにするほど暮らしを切り詰めているわけでもない。それでもお金に困っていない人と、ワタシたちとの違いは何なのでしょう? ここでは、お金がどんどん溜まる人が普段か…

1000円以下でもこんなにおしゃれ!2000円までの手土産9選

場面や相手を思って選ぶギフトは、特にその人のセンスが問われるもの。ここでは、予算別やプレゼントを贈る相手別にポイントを押さえたかしこいおすすめギフトを提案します。あなたもぜひ参考にして。【オトナの手土…

大腸を整えるには「乳酸菌」「ビフィズス菌」どっち?40代が間違えている腸活常識クイズ

体の健康はもちろん、お肌の調子にも大きく関係してくるのが腸内環境。すでに「腸活」にチャレンジしている方も多いのではないでしょうか?でもその「腸活」、自信を持って正しいと言えますか? 『「腸活」に大事な…

[PR]

【爆モテ女のテクニック】出会いがない人、必見! モテる女性がやっていることランキング

気になる男性からは友達扱いされ、男ウケの良さそうなゆるふわ系を目指してみても成果が出ない。一体どうやったらモテるのか、自分自身の目指すべき着地点が分からなくなってしまっている人もいるのではないでしょう…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事