モテる40代女性ほど送ってる!男が「お。いいね」と好感を抱くLINEの共通点3選

LINEを使ったコミュニケーションは、もはやプライベートな会話にとどまらず、ビジネスの連絡にまで広がっている昨今。

気になっている異性からの「お。いいね」を得るには、LINE上手になっておくことも不可欠と言って、過言ではない時代となりました。

そこで今回は、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが男性たちが好感を抱いている40代女性のLINEにまつわる特徴をご紹介します。

 

男が「お。いいね!」と思う40代女性のLINE1:少し親しくなったタイミングでほんの少しだけ絵文字が混ざる

「オフィシャルな連絡であっても、ちょっと親しくなったタイミングで、ほんの少し絵文字を混ぜてくれると、親近感が湧いて安心する。

連絡を取り合うようになって時間が経っているのに、いつまでも堅苦しいLINEを送ってくる女性は、僕を警戒しているのかなって思ってしまうこともありますね。

大人だから、砕けすぎるのはNGだけど、笑顔のマークひとつ入っているのといないのとでは、メッセージの印象が全然違うよね」(43歳男性/建築)

 

絵文字が盛り盛りのメッセージは幼稚な印象やふざけている雰囲気にもなりがちながら、まったく絵文字のないLINEは、確かに冷たい印象も与えがち。

ニッコリと笑っているような表情の絵文字は、どんなメッセージにも比較的使いやすい定番だけに、ぜひ積極的に使ってみて。

 

男が「お。いいね!」と思う40代女性のLINE2:グループLINEでマナーをわきまえている

「僕は、遊び仲間とかプロジェクトメンバーとかのLINEグループがたくさんあるんですけど、そういう場で特に目上の人に対して、砕けた言い草や内輪のあだ名を使い始める女性が超絶苦手です。

稀に、会話の流れで個人的な話が始まるグループもありますけど、そこでノリノリになっているオバサンには『後から必要な情報を見返す立場にも、なってくれよ』って思いますし、『やまもっちゃんは~』とかって、自分の部下も見ているのに、内輪のあだ名で目上の人を呼んでいる40代女性なんて、もう最悪。

そういう流れになったとき、ちゃんと個人のLINEに切り替えができたり、内輪のあだ名は場面に応じて使うなど、マナーのある人は『ちゃんとしてる』って感じでいいね。

グループLINEの使い方って、意外と本性出ていると思います」(41歳男性/システムエンジニア)

 

グループLINEは、個性が強調されやすい場。

それだけに、ここで傍若無人に振る舞ってしまうと、一気に評価が下がりがちな一方、マナーをわきまえた使い方ができていると、大人の教養を感じさせるシーンにもなっているわけです。

気をつけますごめんなさい、次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事