40代の必須知識!目元、唇…オバ見え加齢パーツが速攻で若返る「ちょいテク」3選

年齢とともに、ちょっとしたパーツの加齢が気になりつつも、デイリーのメイクではなかなかフォローしきれていない……というのも、40代女性にはありがちなお話。

しかし、そんな“ちょっとした加齢パーツ”のせいで、自分で思う以上のオバ見えを招いてしまう場合もあるだけに、日々のメイクではひと手間を加えてフォローしておくのが安全です。

「そろそろ年齢をカバーするメイクをしたいけれど、どこから手をつければ……?」と感じていらっしゃる40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、オバ見えを招きやすい3大パーツを、デイリーメイクで素早くフォローするお話です。

 

オバ見え加齢パーツを一瞬でフォローする40代の裏ワザ1:まぶたのシワに入り込むアイシャドウのヨレを防ぐなら…

 

メイク直後には美しく整っていても、時間の経過とともに、まぶたの二重部分や小ジワのミゾにアイシャドウが入り込んでしまうのも、40代には「あるある」のひとつ。

自分ではそこまで目立たないつもりで、対面にいる人からは、まばたきのたびに目に入りやすいことから、即座に年齢を感じさせやすいNGでもあります。

そんな「ミゾに、アイシャドウがくっきり……」を防ぐためには、メイクを仕込む段階で、ミゾ部分にあらかじめ土台を盛ってしまうのがベター。

アイシャドウを塗る前の段階で、粒子が細かいパウダーを控えめにたたいておくだけでも、ミゾを埋める効果が期待でき、ヨレを防ぐコツになります。

余談ですが、汗や動作によってベースごとヨレやすいバーム状のものでヨレ対策をするより、パウダーを用いたほうが、私の場合は、長持ちする実感があります。

 

オバ見え加齢パーツを一瞬でフォローする40代の裏ワザ2:スカスカまつ毛をフレッシュに見せるなら…

 

年齢とともに、痩せてきたり本数が減ったりしたまつ毛は、即座に加齢を感じさせるポイントにも。

マスカラをたっぷり塗っても、ベースとなるまつ毛がスカスカだとフォローにも限界がありますし、まつエクをするにしても、ベースが少なければ思うようなボリュームが出にくくなります。

そんなときに、改めて使いたいのは、マスカラベース。

最近のベースコスメは、ひと昔前のようにただボリュームアップをするだけでなく、自まつ毛が格上げされたような自然な“盛り”を実現できるものが増えています。

短い毛をしっかり絡めてくれるベースがあれば、年齢を感じさせる目もとをフレッシュに演出しやすいです。

 

オバ見え加齢パーツを一瞬でフォローする40代の裏ワザ3:口紅を塗ると目立つ縦ジワを防ぐなら…

 

年齢とともに、唇の縦ジワが目立ってきた……と感じると、とかく保湿ケアにばかり重点を置きがち。

しかしどんなに保湿しても、時間の経過とともに「やっぱり縦ジワが目立つ」「口紅が、唇のミゾに入り込んで、ちょっと見た目が汚い」なんて事態に陥るのも、よくあるお話です。

そこで取り入れたいのは、硬めテクスチャーのバーム。

リップクリームなどの柔らかいテクスチャーのアイテムでフォローするよりも、シワのミゾを長時間にわたってフォローでき、縦ジワを目立ちにくくしてくれる効果が高めです。

口紅を塗る前に、しっかりと唇に塗り込むだけで、気になる加齢ポイントが目立ちにくくなります。

 

オバ見え回避の工夫は、40代のメイクには欠かせません。

ぱっと見で、年齢を感じさせるパーツは、ちょっとした工夫でフォローしてしまうのが便利。

こんなひと手間を加えるだけで、頭を抱えていたパーツも、劇的に改善できるかもしれません。

スポンサーリンク

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

植松晃士「やってはいけない! 大人の女の前髪のハナシ」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。一月は行く、二月は逃げる、三月は去るというように、あっという間に新年気分も吹き飛びますね~。今年の目標、決めましたか?さて。…

40代、50代に「前髪」は必要!白髪も薄毛もカバーできる【前髪×ボブ】

なぜか、頭頂部や顔周りに集中して生えてくる白髪。鏡を見ると、分け目からピョンピョン元気に飛び出して気になります。もちろん毛穴が傷つくので抜くのはNG。染めるといっ…

白髪が目立たない!薄毛もカバー!40代のアレンジ裏テク

ヘアアレンジをして仕上がりを鏡でチェックしたとき、「あれ!?」と焦ったことありませんか?ちらりとのぞく白髪、分け目がやけに目立つ、頭頂部が貧弱……。若い気分でいても…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

ぷぷぷっ…オバサンくさ!「メイク下手な40代のポーチ」に入っている3大残念グッズ

ポーチの中身は、持ち主の“人となり”をあらわすことも多いもの。そして、残念ながら「メイク下手」と言われる人にほど、共通する持ち物もあります。「言われてみれば、もう…

男から「二度と飲み会に来ないで」と避けられる40代独女の共通点

飲み会に積極的に参加し「いいご縁がないかな」と婚活をがんばっているつもりでも、男性から「あの人は、もう連れてこないで」と言われるキャラになってしまえば残念の極み。しかし実態として、男性に嫌悪感を抱かせ…

彼ママに会うのがユーウツ…40代が地味に悩む「天然系義母」の生態3選

パートナーの母親である“義母”と接する機会も、なかなか多いのが40代。いい関係を築けている人も多いものの、義母の性格によっては「どうも扱いにくくて、苦手……!」となるのも、ありがちなお話です。あからさまに意…

痛すぎる!「大人の関係」を男に後悔させる40代独女にありがちな振る舞い

40代の男女関係ともなれば、“大人の関係”、つまり肉体的な関係を結んでいる人も珍しくありません。「男女間において、カラダの相性は大事」という人もいれば「そういう関係になってみないと、本当の相性はわからない…

40代でもけっこう多い!「都合のいい女」にされがちな40代独女の特徴

40代になっても、残念ながらも男性から、“都合のいい女”として扱われてしまう女性もいます。真剣恋愛をしているつもりなのは女性だけで、男性は結婚なんて毛頭考えてもいなければ、女性の幸せなんてお構いなし……なん…

ねぇそれ感じ悪い! 40代がやりがちな「愚痴のつもりが恋愛自慢話」3選

友人と他愛もない話をしているときに、最初は愚痴だと思って聞いていたら、いつの間にか自慢話になっていた……という展開に、お心当たりがある女性も多いはず。女性は“共感”で親しくなるという説もあるだけに、自慢話…

寝不足ですか? 40代の目を「腫れぼったく見せる」デンジャラスな秋アイシャドウ3選

そろそろ、本格的な秋仕様のメイクにシフトさせている40代女性も多いころ。残暑厳しい折だけれど、メイクに季節感を重んじる女性ほど、すでに秋の新作で装っていることと思います。でも、秋色アイシャドウには40代の…

40代の髪「コレはさすがに…」と男が心底引いたダメな髪の特徴3選

40代の髪は、加齢に伴うアレコレのお悩みがつきもの。白髪に薄毛、髪質の変化など、個人差はあれど、若い頃とは異なる自分の髪に、人知れずため息……な女性も増える年代です。だからこそデイリーのヘアケアにも気合い…

【40代の薄毛問題】は賢く解決! おすすめの「プチプラ」アイテム3選

加齢による髪の減少を感じると「高価なシャンプーを使わないとダメかも?」とも思いがち。けれど、高いアイテムを使ったからと言って、必ずしもお悩み解決に至らないから「美容って難しい……」と感じていらっしゃる女…

結婚前提だった男が萎えた!40代独女が発した「親の介護」にまつわるセリフ3選

交際初期には「結婚前提」で考えていても、お付き合いを重ねていくなかで「やっぱり、この人との結婚はナイな」となるケースも少なくありません。最初はラブラブでも、時間の経過とともに気持ちが変わってしまうのは…

【男の本音】デートで「オバチャンだな…」と男が感じた40代女性の些細な振る舞い3選

デートの最中に、ちょっとした振る舞いをしてしまったばかりに「ああ。オバチャンだな……」とお相手を興ざめさせてしまえば、40代女性には残念なお話。しかし、どんなに好印象を狙っていても、ふとした拍子に幻滅され…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事