「発足」って正しく読めますか?意外に間違えるNG日本語10

どれも知っている漢字なのに、熟語になった途端読めないことってありますよね。そんな読めそうなのに間違っていそうで発音できない熟語を10個集めてみました。今日は有名な文学作品から引用。つい飛ばしてしまう次の下線部の文字、読めますか?

 

1・逐次

尾籠に亘るがラーゲリでもそうであったが此処でも塵紙の類は一切支給がないので日本人は一様に後始末に苦労した。 携行の古シャツ等を逐次処分してこれにあてたがこれも限りあること。 窮すれば通ずで考えついたのが被服の修理提出であった。
米原万里『パンツの面目ふんどしの沽券』より引用

答え

解説

「逐一(ちくいち)報告してよね」の「逐」です。順序を追って順々に、という意味ですね。

 

 

2・和む

和夫も人の情けにふれたことはなかった。 純真無垢な心をもった少年と話をしていると、なぜか心が和むのである。 和夫は今年三十六になる。
上野正彦『死体は知っている』より引用

答え

解説

小学生の漢字なのに読めないことで有名。中学生のテストでもよく出ます。

 

 

3・如実

素直な感じの絵だった。 何事にも控えめな彼女のおとなしい性格がそこには如実に現われていた。 鮎太がそこに立っていると、信子と貞子がやって来た。
井上靖『あすなろ物語』より引用

答え

解説

「にょじつ……でいいんだよね?」という確認が多い言葉。そのまま読んでOKです。「実際」「その通り」「思った通り」のような意味があります。

 

 

4・風情

目抜き通りはいずこも同じ車の洪水であるが、一歩横路地や裏通りへ入ると、地方都市の古いにおいとたたずまいが残っている。 軒を接した小住宅の間から近く迫った山の緑が覗くのも地方都市の風情である。 路地に盆栽の鉢が並べられ、家の奥に庭が見える。
森村誠一『殺人の組曲』より引用

答え

解説

「ふうぜい」ではありません「風情(ふぜい)がある」の風情ですね。

 

 

5・無分別

三四郎もこれにはあきれ返った。 あまり無分別の度を通り越しているので意見をする気にもならない。 そのうえ本人が悄然(しょうぜん)としている。
夏目漱石『三四郎』より引用

答え

解説

「無」をなんと読むのか自信がない人が多いようです。この場合は「むふんべつ」ですね。

 

 

6・朗らか

光と、運動と、科学を極端に生かすことの出来る新鮮な芸術を、子供から遠ざけていることはまったく残念で不幸なことだ。 私は何にしても子供と、家族とともに太陽の下で朗らかに笑いたい。
小出楢重『大切な雰囲気』より引用

答え

解説

こちらも、簡単な漢字なのに訓読みになった途端、分からなくなってしまう言葉です。できたら「書ける」ようにしたいもの。

 

 

7・発足

彼はZ局をやめて〈アンクル〉を発足させたんだが、その前からですよ。 彼はそういいませんでしたか?
ナポレオン・ソロ・シリーズ『14 犯罪王レインボー』より引用

答え

解説

「はっそく」でもOK。迷う人が多いのですが、どちらの読み方でも大丈夫です。漢語では「発」をハツと読み、呉音で読むとホツです。

 

 

8・遊説

警視庁には『SAT』などと呼ばれる対テロ特殊部隊があったが、外国の、しかも北朝鮮などの領土に逃げられてしまっては、手も足も出せなかった。 総理大臣は遊説先で、NHKの記者に聞かれてはじめて事件を知った。 首相は『コメントはくわしい情報が入ってから』と答え、遊説を続ける愚挙に出た。
賀東招二『フルメタル・パニック!01 戦うボーイ・ミーツ・ガール』より引用

答え

解説

意見・主張を各地に説いてまわることです。特に政治家が各地を演説してまわることを言います。公費の使い方に色々問題があるようですが、「遊」は「遊ぶ」の意味ではなく、「歩き回る」の意味です。

 

 

9・律儀

律儀にその場で待っていたぼくと先輩の前に、嵐ちゃんが戻ってきた。よほど急いだのか、はぁはぁと息を切らしている。
沖田雅『先輩とぼく 02』より引用

答え

解説

「りつぎ」ではありません。「律儀(りちぎ)な人」っていいますよね。その「りちぎ」です。

 

 

10・流転

笑顔は見せていたが、やっぱり雄一郎は心から笑い切れないものがあった。 明日からはじまるであろう、三千代の流転が胸に重くのしかかっていた。 やがて、南部斉五郎が倶知安へやって来た時、雄一郎はこの一部始終を話して、三千代を引きとめられなかったことを詫びた。
平岩弓枝『旅路(下)』より引用

答え

解説

「りゅうてん」ではなく「るてん」と読みます。流布もそうですね「りゅうふ」ではなく「るふ」です。

 

どうでしたか?あやふやな読み方をしている漢字はありませんでしたか?小説などでは、前後から意味を判断し読み進めてしまうため、漢字が読めないままになっていることがよくあります。今回の熟語はどれも中高生レベル。しっかり覚えてしまいましょうね。

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。中でも代表的な間違い…

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

「過不足」は「かぶそく」ではない!ありがちな濁点がらみの誤読5つ

新年号が「令和」に決まりましたね。清音か濁音かという間違いがない熟語で良かったです。「平成」に元号が変わった時は、「へいぜい」ではなく「へいせい」でいいの?のよ…

「速やか」は「はややか」じゃない?即答できない漢字の読み間違い10選

今週は小学校レベルなのに読み間違えがちな熟語10選です。一つでも間違えていたらちょっと反省して!1・この町には風情がある。答え解説あいまいに「ふうぜい」と読む人もいますが、スパッと「ふぜい」と読みましょ…

「直ちに」って正しく読めてますか?意外に間違える漢字10選

「読めそうなのに、意外に読めない熟語」をリストに挙げていくと、いわゆる難読熟語だけではなく、「まさかそれが」と驚くものが出てきます。今週は小学校で習う「読めないかも?」な熟語を10コチェックしましょう。…

「さかあがり」って書けてる?みんなが間違えがちな漢字の書き方10選

さかあがり。坂を上るわけではないので、「さかあがり」の「さか」は「坂」とは書きません。ではどう書くのでしょう?今日はそんな熟語を10個集めました。1・子どもの頃は、日が暮れるまでさかあがりの練習をしたも…

「きゅうきゅうしゃ」って書ける?意外とみんな間違える漢字

今日は読めるのに、書けそうで書けない熟語を集めました。いざというときに「あれ?どう書くんだっけ?」と慌てないよう、しっかり準備しましょう。下線部のかなを漢字に直しなさい。そう、漢字テストですよ(笑)1・…

「往来」じゅうらい?みんなが間違えがちなNG日本語10個

なんとなくこう読むのかもなーと思いつつ、しっかり確かめなかったがために、いざという時に恥ずかしい読み間違いをしてしまうこともあります。今日は意外と読み間違いの多い熟語を集めました。この機会にチェック!…

「強面」ごうめん?間違えてたら赤っ恥すぎる日本語のNG読み10

目で見る分には意味が分かるからと、正確な読みを気にとめなかった熟語ってありますよね。いざ、音読しなくちゃいけない時に、とんでもない読み間違いをして、恥ずかしい思いをしないようにしたいもの。今日は、よく…

「牛車」はぎゅうしゃでOK?意外に間違える日本語の読み10

今回は「説明」に、ちょっと為になるワンポイントアドバイスを入れました。間違いも正せて為にもなる、そんなコラムをどうぞ。1・意訳読み間違いの例いわけ正しい読みいやく意味原文の一語一語にこだわらず、全体の…

「大舞台」だいぶたいで合ってる?みんなが間違える日本語の読み

読み間違いしやすい漢字を集めたコラムは世の中たくさんありますが、何回も見てしまうのは、うろ覚え、覚え切れていないからかと思います。国語教師としては、そのあたりの工夫を凝らしてみたいもの。今日は、例文を…

「押印」おういん?簡単なのに読み間違える漢字10選

この原稿を書いている日は五月ですが、空は快晴です。とても気持ちの良い晴天です。しかしここで「五月晴れ」と書いてはいけません。この「五月晴れ」を「ごがつばれ」なんて読んではいけないし、しかもこの言葉は「…

「役務」って正しく読めてる?簡単なのに間違える漢字10選

新元号に変わり「令和」となりました。この「令」という文字は、フォントによって形が違います。万葉集が出典だったこともあり、日本語に興味が集まっているようです。今回も、誰もが知っている漢字を使っているのに…

注目の記事

WORKに関する最新記事