植松晃士 それお面⁉ 40代が「やってはいけない」夏メイク

みなさん、こんにちは。植松晃士です。

夏休みはどうお過ごしになるご予定かしら。リゾート、ビーチに行くなら、前回話題になったロングワンピースをぜひご堪能あれ~♪

 

夏になると必ず起こる事件

さて。今回は夏になると必ず起こる「顔とお洋服の大喧嘩」について、です。

前回と似たようなお話になりますが、夏になるとよく見かけるのが、コットンでフリルがいーっぱいついた、ラウンドネックでAラインのギャザーワンピース姿。昭和のアニメで言うところの『南の島のフローネ』(覚えてる?)のフローネのいでたちのような。もちろん、夏の召し物としては涼しいし、着心地がいいから悪くないとは思います。でもね……。

 

問題はメイク! なんでフルメイク? しかも、通常より1.5倍は明るく仕上げました!っていう顔! どこの下地を使ってるの?と思わず聞きたくなっちゃうくらい白浮きしているって、ありえないから~。

 

もともとは、下着や農夫のお洋服

コットンのワンピース、実は中世の時代ヨーロッパでは下着という扱いです。もともと外出着ではないの。あるいは農夫のお洋服。ほら、有名な「落穂拾い」のスタイルです。モード界では、ペザント(農民風ファッション)と言うんです。

 

若い子がやるファッションと思われますが、最近は、読者の方々のような大人の女性にも取り入れる方が多いスタイル。ただ、日本の夏はもはやエジプトやインドのデリー級の暑さでしょ。というか、もはや余熱のオーブン?ってくらいの暑さ。涼しいラフな装いをするのに、顔を重くしてどうする?!って話です!

 

フルメイクしてたら、メイクが汗や皮脂でぺったりしちゃうでしょ。フローネだってナチュラルが基本でしょ。例えば、おうちで下着でいるときにメイクをばっちりしないでしょ? そういうことです。

 

テカり防止の「マット肌」にしてない?

つまり、その手のファッションには、ベースメイクがポイントになってくるんです。お粉は使わない。大人にマットなんて大NG!! まさか、やってないでしょうね?

ツヤのあるプライマー、あるいはリキッドファンデを、顔の高い部分だけに仕込む。どうしてもお粉を使うならフェイスラインのみ。リキッドファンデはジャストカラーか、ワントーン濃い目をセレクトすると、心理的にたっぷり塗らないから必然的にナチュラルに仕上がると思います。

 

3~4月に使っていたファンデじゃダメ。9月いっぱいまで暑いから今から夏仕様のファンデに切り替えましょ。ベースメイクがヘタ、どうしてもたっぷりついちゃうという方は、スポンジじゃなくてぜひ大きなブラシを使ってみて。ちょっとずつのせられるし、ササッと簡単だし、失敗もなし。ただ、持ち歩きはしにくいけどねぇ。

 

女同士、顔は褒めないけど肌は褒める

どんなファンデを選んだらいいか?っていうのは、個々それぞれだけど、いろいろ使ってみて他の女性に「肌キレイね」と褒められるモノがいいと思う。ベースメイクは、まわりの評価が大事。女同士って、顔立ちは褒めないけど肌は褒めるから(苦笑)。

 

でも、肌がキレイってすごいこと。だって、お洋服は変えられるけど、肌は変えられないもの。そう思うと、肌って占いみたい。お手入れをがんばって積み重ねていて肌がちゃんとしている人は、これからの人生もきっと明るいでしょ。

 

「ゴミ出し?」の髪に気を付けて

素肌ぽくなってもアイライン、ナチュラル眉は必須。アイシャドウをつけるならシアータイプで。パールぽい輝きは大人の女性の肌をキレイに見せてくれるからぜひ。これで、お洋服と仲直りというか、歩み寄りはできるよね。ワンピだけじゃなく、Tシャツにも似合うお顔になります。

 

こうなると、ヘアはどうする?ってことですが、暑いとアップスタイルにしたいですよね。そこで注意すべき点は、結び方。ただ黒ゴムで結んだだけだと「ゴミ出し?」になっちゃうから、ゴムまわりを自分の髪の毛で巻くとか、ヘアアクセサリーを使ってゴムを見せないこと。

あるいは、イヤリングやピアスをつけるだけでも、ふだん感は減りますね。本当は、髪はおろしておくとうなじが日焼けしなくていいんだけどねぇ。暑くてべったりする、というならヘアスタイルもオバさんに見えないように工夫して!

 

それでは、よい夏を!

また次回お会いしましょう★

スポンサーリンク

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

植松晃士「やってはいけない! 大人の女の前髪のハナシ」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。一月は行く、二月は逃げる、三月は去るというように、あっという間に新年気分も吹き飛びますね~。今年の目標、決めましたか?さて。…

40代、50代に「前髪」は必要!白髪も薄毛もカバーできる【前髪×ボブ】

なぜか、頭頂部や顔周りに集中して生えてくる白髪。鏡を見ると、分け目からピョンピョン元気に飛び出して気になります。もちろん毛穴が傷つくので抜くのはNG。染めるといっ…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

白髪が目立たない!薄毛もカバー!40代のアレンジ裏テク

ヘアアレンジをして仕上がりを鏡でチェックしたとき、「あれ!?」と焦ったことありませんか?ちらりとのぞく白髪、分け目がやけに目立つ、頭頂部が貧弱……。若い気分でいても…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

【植松晃士】オバ見えさせない! 40代が「ブラウン」を着るときのテクニック

みなさん、こんにちは。植松晃士です。10月になり、初旬は暑い日もありましたが、そろそろ秋ファッションをリアルに楽しめますね。由々しき問題! 茶色しかない秋とはいえ、今年の秋は茶色とベージュしかない! こ…

【植松晃士】今すぐ変えて! オバ肌と言われない40代からの肌づくり

みなさん、こんにちは。植松晃士です。9月も下旬を迎え、みなさんは秋の夜長を楽しんでいる頃でしょうか。40代の肌づくりが変わった⁉今回はビューティのお話をさせていただこうと思っておりますが、最近思うのはあれ…

【植松晃士】それがオバ見えの元! 40代が「やってはいけない」流行、「いい」流行

みなさん、こんにちは。植松晃士です。近頃は朝晩が少し涼しくなって、やっと過ごしやすくなってきましたね。そろそろ秋のお買い物をどうしようかな、なんて思っている頃ではないでしょうか。Everyday ビッグシルエ…

【植松晃士】夏のおブスにご用心! オバ見え回避の5つの法則

みなさん、こんにちは。植松晃士です。もうすぐ9月ですよね。うかうかしているとあっという間に夏が終わって、秋になっちゃう。本当に1年が短い~!いま必要なスキンケアって?そしてこの時期、夏の紫外線のダメー…

植松晃士 おブスです!この夏40代が「着てはいけない」3大ファッション

みなさん、こんにちは。植松晃士です。梅雨が明けたらいきなり夏が始まりましたね。時折、驚くほど蒸し暑い天気になったりして、本当に今年は何を着たらいいの?と迷っている方がたくさんいるんじゃないかと思います…

植松晃士  それパジャマ⁉ 40代が「着てはいけない」夏ファッション

みなさん、こんにちは。植松晃士です。毎日むしむしと暑い! こんなに暑いと、どういうファッションにしたらいいのか、悩むところですよね~。この夏、ワンピ×ワイドパンツが流行中街でよく見かけるのが、ずるずる…

植松晃士が選ぶ!「ベストコスメ2019上半期」を発表します☆

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回、初対面による「好印象ファッション」をお届けしておりますが、今回はその美容編ともいえる「ベストコスメ2019上半期」です。ファッションでいい感じに仕上げることができ…

植松晃士 脱・おブス服! 誰でも「好印象」になれる2大ファッションキーワード

みなさん、こんにちは。植松晃士です。世の中が令和になって1カ月が過ぎ、生活も落ち着いてきた頃ではないでしょうか。新元号を迎えて新たな気持ちでスタートを切った方も多いかと思いますが、今回は初対面から「好…

植松晃士 マンネリおブスにご用心! 40代が「見直すべき」美の習慣

みなさん、こんにちは。植松晃士です。令和時代になって1カ月近く過ぎましたが、もう慣れましたか?「美しさ」で一番大切なのは!今回は美容のお話です。10連休の間に、せっせと美容に時間もお金もかけたという方も…

植松晃士 オバ見え回避! 40代が「捨てるべき服、持つべき服」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前代未聞の10連休をみなさん、どうお過ごしになりましたか? 海外に行かれた方、国内旅行を楽しんだ方、おうちでまったりしていた方それぞれでしょうけれど、平成から令和への…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事