夏にやりがち!実は男が嫌がっている【40代のNGヘア】3選

気温や湿度が上がってくると、涼しげなヘアスタイルを心がけている40代女性も少なくないはず。

ダウンスタイルよりも、さっぱりとしたスタイリングのほうが、男ウケを狙いやすいのも確かです。

ところが「涼しげ」なつもりのスタイリングが、男性目線だと「ちょっとこれは……」になっているケースもあるから、気を抜けません。

時短美容家であり、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが男性たちが「これはない」と感じたという、40代女性の失敗ヘアに迫ります。

 

夏にやりがち!男ウケだだ下がりな40代の失敗ヘア1:濡れ髪を意識したばかりに「ベタベタ」

 

「この前、彼女がやたらベタベタな髪でうちに来て、かなりビックリしました。

聞けば、濡れ髪風になるワックスを使ってセットしたって言うんですけど、どう見ても髪の毛を乾かさずに来たようにしか見えなくて……。しかも、コンディショナーを洗い流すのを忘れちゃったみたいな、妙なベタつきまであって、本当に変でした。

濡れ髪っぽいワックスは、男モノでも売ってるけれど、塗りすぎは汚らしいだけだと思います……」(42歳男性)

 

夏になると、涼しげなスタイリングを狙って、濡れ髪風のスタイルも人気ですよね。

しかし“やりすぎ”な雰囲気になってしまった時点で、男性ウケは一発アウトにも。

ベタつきを感じさせないようにするには、頭頂部には塗らず、毛先を中心になじませる程度が安全です。

 

 

夏にやりがち!男ウケだだ下がりな40代の失敗ヘア2:ゆるっとまとめ髪のつもりで「生活に疲れたオバサン風」

 

「夏になると、アップヘアの女性が増えるので、個人的には嬉しい季節です。

でも、中年のオバサンが、若い子みたいにゆるっとしたまとめ髪をしているのを見るたび、生活に疲れたオバサン風になっている人が多く、残念な気持ちになります。

何がどう違うのかは僕にはわからないけれど、それなりの年齢の女性は、派手におくれ毛とか出さないほうが、おしゃれに見えるんじゃないかなーって思っちゃいます」(41歳男性)

 

今年も、ゆるっとしたまとめ髪は引き続きリアルトレンド。

きっちりとまとめるよりも、雰囲気が出てこなれたスタイリングになるのは事実です。

しかし40代は、その年齢感とあいまって「生活に疲れた様相」になりやすいのも、確か。頭頂部にボリュームを出すか、おくれ毛を出すなら巻いてきちんと計算したスタイリングにしたほうが、安全です。

 

 

夏にやりがち!男ウケだだ下がりな40代の失敗ヘア3:軽やかなカラーのつもりが「若づくりヘア」

 

「夏になると髪色を明るめに染めちゃうオバサン、イケてないと思いますね〜。似合っていればいいんでしょうけれど、夏だからって派手めな髪の色にしている中年女性は、基本的に若づくりしてるっぽく見えちゃう人が多いと思います。

特に、秋冬は黒髪っぽい色だったのに、夏だからって栗色とかブロンズっぽい色とかにしちゃう人は、イメージがガラリと変わるだけに、無理している感がハンパなく見えます」(45歳男性)

 

明るい髪色は、年齢より若々しく見えるパターンも少なくないけれど、男性目線だと「むしろ若づくり?」とネガティブな印象を抱く人も。

清楚系やナチュラル系の女性が好きな男性ほど、シビアな目を向けがちな傾向もありそうです。

 

季節感を意識した涼しげなスタイリングのつもりが「ちょっとこれは……」になっていたら、かなり残念。

暑くるしいスタイルは避けたいシーズンではありますが、トゥーマッチになって男ウケを下げることのないよう、気をつけて損はなさそう!

スポンサーリンク

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【男性心理】バツイチ男の心をつかむ40代女性の魅力とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第3…

【男性心理】なぜ女性との連絡先の交換は「ハードルの高い」儀式なのか

男性が「この女性いいな」と思ったときにどんなことを考えたり行動したりするのか。男性のこの行動ってどういう意味があるの?これって私は恋愛圏内のサインなの?それとも…

「二度と一緒に泊まらない!」男が決意した40代女性のホテルでの振る舞い3つ

本格的な行楽シーズンが到来し、愛しの彼と休日のたびにプチ遠出を楽しんでいる女性も少なくない時期です。秋は紅葉や旬グルメなど、このシーズンならではの“お楽しみ”もた…

【男性心理】40代バツイチ男が婚活で10人以上と会って思ったこと5つ

改めて振り返ってみるとバツイチ男の私は婚活にあたって、出会い系アプリ・Webサービス・飲食店のパーティ・友人の紹介・・・有料の結婚相談所や仲人サービス以外のありと…

男は意外と見てる…! 「トイレ帰り」にドン引きされている40代オバサン…3大NG

デート中、まだ深い仲になっていない間柄のときほどタイミングを迷いがちなのが、お手洗いに立つ頃合い。会話が盛り上がっているときにいきなり失礼するわけにもいなければ…

同性の目はやっぱりキビシイ!? 「彼の母親」に嫌われる40代女性の傾向

結婚している間柄だけでなく、交際が長くなってくると、彼の母親との接点が増えるのも常。しかし彼の母親は同性だけに、いい関係を築けている人ばかりとは言い切れない実情もあり、本人は悪くないのに、気づけば義母…

男から「二度と飲み会に来ないで」と避けられる40代独女の共通点

飲み会に積極的に参加し「いいご縁がないかな」と婚活をがんばっているつもりでも、男性から「あの人は、もう連れてこないで」と言われるキャラになってしまえば残念の極み。しかし実態として、男性に嫌悪感を抱かせ…

彼ママに会うのがユーウツ…40代が地味に悩む「天然系義母」の生態3選

パートナーの母親である“義母”と接する機会も、なかなか多いのが40代。いい関係を築けている人も多いものの、義母の性格によっては「どうも扱いにくくて、苦手……!」となるのも、ありがちなお話です。あからさまに意…

痛すぎる!「大人の関係」を男に後悔させる40代独女にありがちな振る舞い

40代の男女関係ともなれば、“大人の関係”、つまり肉体的な関係を結んでいる人も珍しくありません。「男女間において、カラダの相性は大事」という人もいれば「そういう関係になってみないと、本当の相性はわからない…

40代でもけっこう多い!「都合のいい女」にされがちな40代独女の特徴

40代になっても、残念ながらも男性から、“都合のいい女”として扱われてしまう女性もいます。真剣恋愛をしているつもりなのは女性だけで、男性は結婚なんて毛頭考えてもいなければ、女性の幸せなんてお構いなし……なん…

ねぇそれ感じ悪い! 40代がやりがちな「愚痴のつもりが恋愛自慢話」3選

友人と他愛もない話をしているときに、最初は愚痴だと思って聞いていたら、いつの間にか自慢話になっていた……という展開に、お心当たりがある女性も多いはず。女性は“共感”で親しくなるという説もあるだけに、自慢話…

寝不足ですか? 40代の目を「腫れぼったく見せる」デンジャラスな秋アイシャドウ3選

そろそろ、本格的な秋仕様のメイクにシフトさせている40代女性も多いころ。残暑厳しい折だけれど、メイクに季節感を重んじる女性ほど、すでに秋の新作で装っていることと思います。でも、秋色アイシャドウには40代の…

40代の髪「コレはさすがに…」と男が心底引いたダメな髪の特徴3選

40代の髪は、加齢に伴うアレコレのお悩みがつきもの。白髪に薄毛、髪質の変化など、個人差はあれど、若い頃とは異なる自分の髪に、人知れずため息……な女性も増える年代です。だからこそデイリーのヘアケアにも気合い…

【40代の薄毛問題】は賢く解決! おすすめの「プチプラ」アイテム3選

加齢による髪の減少を感じると「高価なシャンプーを使わないとダメかも?」とも思いがち。けれど、高いアイテムを使ったからと言って、必ずしもお悩み解決に至らないから「美容って難しい……」と感じていらっしゃる女…

結婚前提だった男が萎えた!40代独女が発した「親の介護」にまつわるセリフ3選

交際初期には「結婚前提」で考えていても、お付き合いを重ねていくなかで「やっぱり、この人との結婚はナイな」となるケースも少なくありません。最初はラブラブでも、時間の経過とともに気持ちが変わってしまうのは…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事