【40代編集長の婚活記#19】ハイスペックなのに結婚できない男5つの特徴

相手の立場で自分を客観的に見ると…

Pretty woman in her living room lying on the couch sending message

たった1回のデートでは、正直にいってエリートさんのことはあまりよくわからない。マイナス点はあったがもう一度会ってみてもいいんじゃないかな、注意した点は直してくるかもしれないし……と思えてきた。でも待てよ、エリートさんの立場に立って考えてみよう。

1.婚活パーティでの立ち居振る舞いに、いちゃもんをつける

2.自分の恋愛観を否定する

3.デートの場所選びにクレームを出す

4.初デートで説教する

5.ちょっとしたミスを徹底的に追及する

6.矢継ぎ早に質問をまくしたてる

7.そもそもメールのレスが遅い

8.仕事が忙しい

よく考えるとイヤだな、自分が男だったら彼女にしたくないな……。まったく癒されなさそうだし、怖いもん。「デートでドン引きした彼女の行動10選」っていうネットの記事にありそうなネタばかり。

冷静に考えて、私はエリートさんともう一度会ってみてもいいかなと思い始めていたが、エリートさんはそう思わない気がする。説教するわ、ランチのあとのデートを断って仕事に行くわ。こんなキツくてワーカホリックな女に、もう連絡しないよね。

 

なんとエリートさんからメールが来た

ランチデートでエリートさんとお別れしたのが14時半。仕事を終えて帰宅した21時を過ぎたころ、ふと思い出した。ごちそうしてもらったんだからお礼のメールをしないと。忘れてた。こういうことに長時間気がつかないのも、非マメでモテない女の悪いところだよね。だいぶ遅くなっちゃったけど、いまさらながらお礼メール送ろう。そう思ってスマホを手にした。

エリートさんからのメールが届いたのはそんな矢先だった。逆にエリートさんからメールが来るなんて思わなかった。なんて書いてきたんだろう!

また会おう?

もうサヨウナラ?

それとも全然違う内容?

ドキドキしながら、エリートさんからのメールを開いた。

 

エリート「今日は時間を作っていただき、ありがとうございました」

あら、なんだか固いわね。

エリート「短い時間でしたが、とても楽しかったです」

楽しかったの⁉ アドバイス&説教だったけど! やっぱりエリートさん、ちょっとM寄り⁉

エリート「反面、とても考えさせられるところもありました」

あら、アドバイスしすぎちゃったかしら……。ま、時間のとらえかたは考えなおしたほうがいいよね、タイムイズマネーだから。

エリート「自分を見つめ直して、また次、頑張ろうと思います」

見つめ直すことも大事よ。ん、次とは?

エリート「アサミさんも頑張ってください。いい出会いがありますようにお祈りしています」

ありがとうございます。エリートさんになんだか祈られたわ。あれ、コレって何? 文脈を読み取ると……つまり私は……フラれたってことよね!?

 

文章からの空気を読んでみると

まちがいなく、私はエリートさんにフラレた。初デートであんだけやらかしたら、もういいやって思うよね。私のことをさりげなく立てながらも、ストレートな言葉は使わずに、鈍感な人間でもフラれたとわかるソツのない文章。あぁ、エリートさんからの初期のメールはそんな感じだったなぁ。

もう会わないってことですもんね。でも、いちおうお礼も、そしてお詫びも含めて返信メールをしておこう。

アサミ「本日はありがとうございました。そしてごちそうさまでした。途中、いろいろと失礼しました。お互い、ステキな出会いがあるといいですね」

と書いて送信した。さよなら、エリートさん……。

 

7年ぶり、1回目のデートであっさりフラれる44歳・独女。アラフォーの婚活はまたふりだしに戻ったのだった……。

 

 

【続きはコチラ】

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

 

【前回はコチラ】

【40代編集長の婚活記#18】初デートでやってはいけない4つのこと

 

1 2 3

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク