壇蜜「俺が出世しないのは妻のせい」と思いたい男のニーズを引き受ける理由

売れる芸能人というのは、世相というか時代を反映しているのではないでしょうか。

 

現代の女性アイドルに求められる要素とは?

たとえば、昭和世代の女性アイドルや女子アナは、やる気のなさを頻繁にアピールしていました。

 

友達がオーディションを受けるというから、お付き合いで自分も一緒にいったら、私だけ受かっちゃって……とか、就活の度胸試しで女子アナの試験を受けたら受かってしまいました(でも、実は大学生のときにテレビ局でバイトしていた)とか、ノーメイクで試験を受けたとか、応募書類はスナップ写真だったといった具合に、野心はないが、天性の才能がすごいために見出されてしまったというシンデレラストーリーが好まれたのでした。

 

しかし、現代はやる気とガッツの時代です。

 

平成の終わりと共にHKT48を卒業した指原莉乃ですが、彼女の立ち位置は最初からセンターだったわけではありません。恋愛禁止の掟を破り、HKT48に左遷されるものの、スキャンダルを逆手にとって、お顔も変えながら自虐を使って現在の地位を築いています。

 

格差社会を迎えていますから、生まれながらのアイドルよりも、“逆転力”を人々が求めていると言えるのかもしれません。

 

壇蜜も“逆転力”のある人と言っていいでしょう。

 

グラビアアイドルとしては異例の29歳でのブレイク。我が我がとは前に出ない姿勢や、ハケン社員、和菓子職人や葬祭センターでのバイト経験など異色の経歴で話題を呼びました。

 

現在は肌の露出を抑え、女優業や文筆業へと進出し、高い評価を得ています。

 

セクシー路線の芸能人、受難の時代?

壇蜜に限らず、今、芸能界のセクシー担当は商売がしにくい時代ではないかと思います。

 

「カネをもらっている人が、本音を言っているとは限らない」というのが、私の持論です。

 

先日、ネットでお見合いの仲人業をしている女性の話を読みました。

 

お見合いをして、交際をしないと判断した場合、お相手のどこが嫌だったかを打ち明けられることもあるそうです。

 

口臭や体臭といった生理的な問題に加え、オトコに全額おごってもらうのが当然といった態度というようにマナーの問題もあるようですが、仲人がそれを会員(お見合いしている人)に伝えるかというと、そうではないようです。

 

匂いやマナーは、心がけ一つで直る問題ですから、言ってあげるほうが親切というのは正論ですが、そこで腹を立てて退会する人がいないとは限らない。

 

仲人業は慈善事業ではありませんから、会員数が減ると入ってくるお金も減って損です。

 

もっといやらしい見方をすると、会員のお見合いが決まらないで、婚活市場をさまよってくれると、仲人はトクという側面もあるのではないでしょうか。

 

仲人業の人があくどいと言いたいわけではなく、カネを払っている人の立場が強いというのは、資本主義の大原則です。

 

さて、壇蜜に話を戻しましょう。男性を「殿方」と呼び、「男性に負けてあげる」とあえて上座を男性に譲るポジションをとってきた彼女に男性たちは「頭がいい」と熱狂しますが、そうもいかなくなりました。時代が変わりつつあるのです。

 

壇蜜はセクハラを助長したのか?

朝日新聞に「悩んで読むか、読んで悩むか」という記事がありました。

 

読者の相談に著名人が回答し、おすすめの一冊を挙げるという企画です。

 

女子中学生が、同級生の男子に「胸をもませるか、パンツを見せて」と頼まれる、つまりセクハラに対してどう対応するかについて質問された壇蜜は、男子の手をぎゅっと握り、「好きな人にしか見せないし、触らせないの」とほほ笑む“大人の対応”を提案。

 

これに対し、朝日新聞外部エディターの小島慶子が「セクハラを容認することにならないか」と異議を唱えました。

 

女子中学生はセクハラの被害者であるのに、そこを指摘せずに加害者を傷つけないような対応を“聡明”とする姿勢を問題視したのです。

 

小島の意見は全く持って正しいと思います。が、「それはセクハラだから、先生に相談しましょう」と言うのであれば、壇蜜が起用された意味がない。

 

壇蜜はカネをもらっている立場ですから、本音でなくても「壇蜜っぽい」ことを言わなければ意味がないのです。

 

壇蜜は宮城県のキャンペーン動画にも出演し、炎上を経験しています。

 

観光地のPRであるのに、昭和の深夜放送のような過剰なお色気路線に批判が集まりました。

 

朝日新聞の記事と同様、壇蜜は仕事を受けた以上、台本に沿ってお色気をアピールする必要があります。

 

もしこの二つの問題の悪者をあげるなら、朝日新聞と宮城県庁だと思いますが、壇蜜が表に立っている以上、彼女を「オンナの敵」と言わない人がいないとも限らない。

 

壇蜜の次なるポジションとは?次ページ

スポンサーリンク

気になる「閉経」の平均年齢は? 生理はいつまであるの?40代が知っておきたい更年期

来るはずの生理が急に飛んだり、自分だけ急に暑いと感じたり。20代のころは「たまたまでしょ」で片づけていた体調の変化も年齢を重ねるにつれ「いよいよ更年期!?」と不安…

「出産していない女性」は性格がキツイ!? それは〇〇が原因だった

女性は、子どもを産んで母になると「強くなる」。未婚・未産の女性は、年齢を重ねていくと「きつくなる」といわれる。そりゃあ、母親は子どもを守るために強くなるだろうし…

偏頭痛やだるさは自律神経の乱れ!不調を整える3つの方法

忙しい年末年始です。仕上げなくてはならない大量の仕事を尻目に、「なんだか体調が良くないかも……」。偏頭痛がする、体がだるい、なんかイライラする……。それは、自律神経…

藤原紀香、梨園入りしても芸能活動をやめないたった1つの理由

新年一発めの記事は、藤原紀香にしよう。そう思っていたところ、昨年末、紀香主演のドラマ「眠れぬ真珠」(日本テレビ系)が放送されました。紀香の役どころは、更年期障害…

閉経の平均年齢は?月経はどんなふうに減っていきますか?【医師に聞く】

40代女性がひそかに悩む身体のこと。さまざまな分野に関して、医師に教えてもらいます。さて、アンケートでも特に目立つのが「更年期」についての悩み事。更年期に出てくる…

1位豆腐・2位レバー・3位は?更年期な40代女性はこれを食べるべし

まだ早い? それとも自覚がある? 40代なら視野に入ってくる更年期。今回は、いま摂るべき栄養素をご紹介します。もう知っているものもあれば、これがおすすめなの?とい…

小泉今日子、前代未聞の不倫宣言でピンチを迎えたのは誰か?

みなさんは”逆張り”という言葉をお聞きになったことがありますか?これは株式投資用語で、株価格が急変したとき、あえて流れに逆らって売買をすることを言います。奇しくも…

40代未産女性は危険がいっぱい!リスクが高い病気リスト<子宮編>

子どもを産んだ人、産んでいない人。女性は二通りのどちらかになりますが、近年は子どもを産んでいない女性が増えてきました。1986年に男女雇用機会均等法が施行され、女性…

高垣麗子、再婚夫の逮捕から考える「美人税を払わされる人」

人気モデル・高垣麗子の夫、音楽プロデューサー・森田昌典が香港から金塊を密輸しようとしたとして、関税法違反や消費税法違反で逮捕されました。1880万相当の金塊を荷物に…

フィギュア宇野昌磨「ド天然語録」振り返り!尊すぎて全地球が救われる

けして暗い話なわけではありませんが、独身女性が思いを馳せるかのように気に留めてしまうもののひとつに”母性”があるのではないでしょうか。街中を歩いてると無邪気に笑う…

加藤綾子、一周まわって「絶妙にOK」なNAOTOとの非オオモノ婚

元フジテレビアナウンサーのカトパンこと加藤綾子アナと、三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのリーダー・NAOTOの熱愛を「週刊文春」(文藝春秋)が報じました。同誌は“婚前旅行”として、二人がスイスの5つ星ホ…

クリステル進次郎「これ以上下がらないくらい好感度低い」2人のさらなる弱点とは?

仕事でも恋愛(婚活)でもいい、「自分を認めてほしい!」「もっと高く評価してほしい!」と思ったら、みなさんはどうするでしょうか?努力をしても、なぜ報われないのか?おそらくOTONA SALONE読者の淑女のみなさま…

西川史子、48歳になっても母親に失恋報告をするオンナの婚活って?

女医でタレントの西川史子が、インスタグラムでご自身の失恋を発表しました。適度にプライベートネタを放り込むあたりに、芸能界を生き抜いてきた西川センセイの才覚を感じずにいられないのですが、私がすげーと思っ…

矢野未希子、「VERY」新カバーガールは時代を変えるのか?

「基盤のある女性は、強く、優しく、美しい」のキャッチコピーでおなじみ、女性誌「VERY」(光文社)。出版不況という言葉が聞かれるようになって久しいですが、そんなのどこ吹く風と売れまくっているようです。矢野…

上沼恵美子に見る「オンナの幸福」って?甲斐性ある男との結婚がすべてではない

私はテレビを見てコラムを書く小商いをしているため、テレビを見ることは仕事なわけですが、仕事を忘れて大爆笑してしまうのが、上沼恵美子(以下、えみちゃん)の出ている番組なのです。山口百恵さんになれなかった…

LiLiCoは本当にサバサバなのか?「自称サバ女」が抱える深い闇

警察のお世話にならず、仕事をクビにならないというのが大前提がつきますが、1%でも興味があること、もしくは可能性があることはトライしたらいいのではないかと私は思っています。挑戦しないことには成功率0%で…

小泉進次郎のオンナに学ぶ、「ハイスペ婚」目指す40代の心得

内閣総理大臣・小泉純一郎のジュニアで、自民党厚生労働部会長・小泉進次郎。総理にもっとも近いと言われるオトコが、ニュースキャスター・滝川クリステルと結婚しました。おモテになりそうな顔立ちですし、総理大臣…

佐藤仁美は「サバサバキャラ」だから5歳年下にモテたのか?40代が陥る錯覚

テレビの世界に〇〇キャラという言葉は、すっかり定着しています。〇〇キャラは、実際に〇〇である必要はなく、他人との差別化として使われるものです。誰がキャラをテレビの世界に用いるようになったのか、正確なと…

浜崎あゆみ「身を滅ぼすほどの愛」でわかる「低迷」の本当の理由

浜崎あゆみ(以下、あゆ)の暴露本とも言われた「M 愛すべき人がいて」(幻冬舎)。作家の小松成美氏が「事実に基づくフィクション」として、あゆの過去の恋愛について書いたものです。早速読んでみましたが、「ど…

滝川クリステルという生き方、「決別できるオンナ」を作ったものは何か

若いときに、知っておけばよかったと思うことはいくつかありますが、その一つは「オトコは強くない」ではないかと思うのです。今の20代のカップルは、同棲しても財布は別、男性も家事をして、食事もそれそれ一人で…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事