【老後資金の準備】毎月7万円貯金すべきって本当?みんな何歳からどんな準備をしている?

働く女性の多くが気にしていないようで気になっているのが「老後」。2018年に発表された統計では100歳以上の高齢者の9割が女性となっています。(厚生労働省HPより)パートナーがいてもいなくても多くの女性が最後はおひとりさまです。

老後のために何かしなくちゃと思っていても、何をどうしていいのがわからない人が多いのではないでしょうか?気になるみんなはどうなの?という調査結果をみながら、老後の準備を何歳からどんなことを始めたらいいのか紹介します。

 

働く女性の7割が何も考えていない!?

『女性の定年後に関する意識調査』(以下「調査」)(実施機関:ファイナンシャルアカデミー 実施時期:2019年7月 対象:働く女性300人)によると、定年後の自分の具体的な生活を想像できると回答したのは「まあ想像できる」という回答を含めても3割未満

普段ファイナンシャルプランナーとして家計相談をしていると人生100年にあわせ自分が100歳になるまでのライフプランをイメージしていただくのですが、この調査のとおり「今の生活が精いっぱい」「5年後10年後ですら考えたことがない」という女性が多いのが現状です。
老後2000万円必要という報告書が何かと話題になりましたが、自分の定年後について具体的にイメージするのは難しいようですね。

 

定年後の準備をしているのは1割

驚いた調査結果が、定年後の自分の生活についてイメージは難しいとしても定年後に向けた活動(定活)が必要と9割が思っていること。具体的な定年後はイメージできなくてもほとんどの働く女性が定活が必要であると考えているようです。ところが、こんなに多くの人が定活が必要と思っているのに現在実際行動に移しているのはたったの1割とごく少数。何かしなくちゃと思っている反面何からしていいのかわからない人が多いのでしょう。

では、定活に向けて行動している1割の少数派は具体的にどんなアクションを起こしているのでしょうか?
1位 情報収集
2位 現在持っているスキルを上げる
3位 資格取得
4位 人脈作り
5位 自分のキャリアの振り返り

ダントツ1位の情報収集は60%超え。やはりもらえる年金や社会保障、健康維持、投資など老後に向けた活動をするにあたって情報を集めることは大切と考える人が多いことがわかります。2位から5位はほとんど自分の仕事やキャリアについてになっています。老後に向けて収入を維持し続けること、楽しく過ごすためにも人脈を作っておくことを重要視しているようです。

FPが伝授。遅くても40歳になったら定年後の準備開始!

調査結果のとおり、情報を集めて自分のキャリアを磨くことはとても大切です。定年後自分らしく輝き続けるためには健康とお金が必要。お金がいくらあっても健康でなければ充実した生活は送れませんし、どんなに健康でもお金がなければ楽しい生活は送れません。健康維持のために普段からジムに通ったりやスポーツをしておきましょう。定年後楽しく過ごせる人脈づくりにもつながります。

お金については、遅くても40歳には準備を始めたいところ。理由は老後に必要な資金は多額になることが多く数年で準備は難しいからです。具体的に「自分ごと」として必要な老後資金を計算する方法を紹介します。
①定年後一か月いくら位の生活費が必要?(難しければ今の生活費の7割で設定)…A
②自分の年金がいくらもらえるか?(年金ネットhttps://www.nenkin.go.jp/n_net/で調べられます)…B
③定年後から100歳までの不足額を計算する…(A-B)×12ヶ月×35年

例えば定年後の生活費は18万円位必要、自分の年金は13万円もらえそうという場合
(18万円-13万円)×12ヶ月×35年=2100万円
となります。あながち老後2000万円ということも的外れな話ではないようです。この金額を50歳になってから運用せず65歳までの15年間貯蓄で貯めようとすれば毎月11万6666円必要。ほとんど不可能です。40歳から始めても毎月7万円です。

そうなると、もう将来のことなんかどうにでもなれと自暴自棄になってしまいそうですが、これから貯めるだけではなく「準備済み資金」も確認してみましょう。
・老後のお金の準備前に確認しておくこと
退職金はいついくら位でるか?
②企業が負担してくれている確定拠出年金があればそれが60歳時いくらになっていそうか?
③自分でかけている個人年金保険終身保険で老後資産になりそうな保険資産はないか?あれば65歳時いくら相当になるのか。
この3点はわからないと放置していたり、老後資金準備として既にスタートしていることを見落としがち。意外と準備できている人も多いので、不安を募らせるだけではなく現状把握もしっかりするとよいでしょう。

また、毎月5万円取り崩す計算で2100万円必要ということは逆の発想をすれば100歳まで働くことは難しいとしても数万円でも収入があることがいかに定年後有効なことかということにもなります。65歳から月5万円のアルバイトなどで収入を75歳まで得るとすると
5万円×12ヶ月×10年=600万円
この調査で定活をしている1割の人が挙げた情報収集とキャリア形成は的を得たことといえます。

まとめ

働く女性の多くが定年後の生活のために何かしなくてはいけないと思っていても具体的な行動に移せていない現状です。まだまだ先とかどうせ年金なんてもらえないしと現実から目をそむけていては何の準備もできません。まずは自分の老後のイメージをして、もらえそうな年金額を知り具体的にいくら必要なのか計算してみましょう。貯蓄だけでなく働き続けられる健康やキャリアを磨いていくことも大切です。老後準備は「気が付いたらすぐ」始めましょう。

稲村優貴子
ファイナンシャルプランナー(CFP🄬)、心理カウンセラー、ジュニア野菜ソムリエ
大手損害保険会社に事務職で入社後、お客様に直接会って人生にかかわるお金のサポートをする仕事がしたいとの想いから2002年にFP資格を取得し、独立。現在FP For You代表として相談・講演・執筆活動を行っている。日経ウーマン、北海道新聞などへの記事提供、テレビへの取材協力など各メディアでも活躍中。著書『年収の2割が勝手に貯まる家計整え術』河出書房新社。趣味は、旅行・ホットヨガ・食べ歩き・お得情報収集。FP Cafe登録パートナー。

スポンサーリンク

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

月の手取り23万でも年100万円貯めた!40代女性のテクニック

1ヶ月の手取りが23万円、ボーナス37万円が年に2回、合計で1年間の手取り年収350万円。そんなに多い方ではないかもしれないこの年収で、1年間で100万円貯めた女性がいらっし…

お金のプロって「1年で100万」どう貯めるんですか?FPタケイさんの場合

OTONA SALONEでマネー記事を連載している3人のFPに、まったく同じ「1年で100万貯めてくださいと言われたら、自分ならどうしますか?」という質問しました。三者三様の貯…

【勝手に貯まるオンナ】頑張らないでも貯金が増える!5つのチェックリスト

貯蓄を頑張っても貯まらない女性もいる一方で、頑張らなくても貯まる女性もいます。自分は貯まる女性なのか、気になる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、5つの…

40歳時点で必要な貯蓄額を、定年から逆算してみると…えっ500万も?

世の中の40代は貯蓄をしっかりしているだろうと周りが気になるものの、お金の話は友人にはしづらいものです。貯蓄ができないことを何年も心の片隅にあるものの、一向に貯蓄…

独女は老後にいくらかかる? 年金世代のリアルな生活費を調べてみた!

老後の生活を漠然と不安に思っているアラフォー独女は多いと思います。いろいろ不安がある中でも何が一番気になるかというと、恐らく「お金」ではないでしょうか。正直に言…

【消費税10%】9月中に「買うべきもの」、「買わなくていいもの」はコレ!

いよいよ10月に消費税が10%になります。日々の生活で使うモノの値段が2%アップになるのとお財布はかなり厳しくなりそうですね。今回の増税は今までと異なり増税にならず8%のまま据え置きの物もあるので買いだめす…

【年金の平均額】40代女性、50代女性が将来もらえる年金額を算出してみた!

高校を卒業して20年以上経ちあっという間だよねと同窓会で話したことのあるあなた!老後もあっという間にやってきます。40代、50代は老後へのカウントダウンが始まっているといっても過言ではありません。「老後2000…

40代女性の【夏のボーナス】の平均額と使い道&賢い使い方

ボーナス時期になりどんなことに使おうかワクワクしている人も多いのではないでしょうか?うちの会社って他と比べて多いほう?みんなどんなことに使っているのかなど気になるものです。今回は夏のボーナスにスポット…

たった3つチェックするだけ!誰でもできる【脱カネナシおばさん】作戦

昭和から平成になった時はいろいろ自粛ムードでしたが、平成から令和になったこの10連休はお祝いモード全開!いまだかつてない長期休みにパーッと旅行などのレジャーにお金を使った人も多いのではないでしょうか。散…

ダメ男っぷりがわかりやすい…「お金が貯められない」男、4つの特徴は

ファイナンシャルプランナーの稲村優貴子です。日々お金の相談をしていると「こんな彼氏と結婚しようと思うんですがどう思いますか?」と結婚相談所のような展開になることも多くあります。離婚したカップルや自己破…

新しい【貯金箱】を買うだけで「年3万」勝手に貯まる?

3万円あったら何をしたいと思いますか? 温泉に行ったり、服を買ったり、リッチなディナーもできそうです。普段の収入の中からしようするとちょっとためらいがある3万円のプチリッチなことも貯金箱で少しずつ貯めれ…

東京「タダで遊べる」意外なスポット!GW10連休おススメ5選

もうすぐ前代未聞の10連休。もう予定は決まりましたか?すでに旅行の手配をした人は今からワクワクしていることでしょう。でも、忙しくて何も決めていない……お金がないからレジャーなんて無理……という人でも大丈夫!…

手取り年200万台で年100万貯めた人が「やめたこと」は意外にも…

収入が少ないから貯金できないと言い訳していませんか? ファイナンシャルプランナーとして相談を受けていると「この手取りでこんなに貯金してるの!」と感心するツワモノもいます。今回は手取り年収200万円台なの…

節約しなくても勝手にトクする!春のお金新習慣ベスト3

桜の開花宣言がでると、なんだかウキウキ。新しい年度の始まりを感じますね。心機一転新しいことを始めてみたくなり趣味やお稽古ごとの広告も多くなるものです。お金をかけずにお金に好かれることを始めてみませんか…

「お金を引き寄せる人」はいつでもピン札と○○を持っている?

お金のことを教わる機会はほとんどないまま社会人になり、こんな時どうするの?と迷うことはありませんか?スマートなお金の使い方ができれば、他のこともきちんとしていそうな「できる人」に見えるかも。本当のマネ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事