適当じゃ恥ずかしい…?リアル40代が愛用している「文房具」は!

40代ともなると、100均で間に合わせで買ってきた文房具ではテンションがだだ下がり! 選んで選んで、愛用アイテムに囲まれて仕事をしたいものです。では、実際にリアル40代ズが愛用しているアイテムは何なのでしょう。聞いてみました!

 

いちばん好みが分かれるのは「ボールペン」かも?

 

ボールペンはないと困るアイテムです。

ステッドラーを愛用。

私には書きやすいのでベストです。

 

いくらペーパーレスになっても、

楽に使えるので頼りきりになっちゃいます。

電話を取るときはやっぱり手書きですし。

 

書き味が好みだとやっぱり同じものばかり使うので、

リピートしちゃうんですよね。

<47歳・独身・会社員>

 

ボールペンゼブラじゃないと嫌。

どこで買っても当たりはずれもなく、使いやすいじゃないですか。

試供品や景品でもらうのもいいけど、

自分でも買ってしまうんです。

 

会社で用意されているものも使いますが、

自分用にも買ってありますよ。

 

きちんと文房具屋さんで買うんです。

もちろん新しいタイプがあれば買います。

もしかして私の趣味はボールペンなのか?と思います。

 

間違ってないかもしれません(笑)。

<44歳・既婚・公務員>

 

お電話メモの女子力が問われる!?「付箋」

 

付箋は必ず用意しておくんですけど、

ポストイット以外使う気はないです。

 

サイズを変えてアレコレ用意してあります。

メモ用紙サイズからチビサイズまであります。

 

見出しに使ったり、ちょっとした電話の伝言にも便利。

それとチェックを頼まれた書類の誤字脱字は赤字で、

追加要件は付箋で貼り付けるほうが

わかりやすくなるときがあるんです。

 

確かに手間はかかりますけど、

きちんと相手に意向が伝わるので付箋が便利なんです。

(46歳・既婚・会社員)

 

オフィスライフの重要アイテムが付箋です。

コレクターなの?っていわれるくらい持ってますよ。

ブランドにもメーカーにもこだわりなし(笑)。

 

使うものは100均でも、コンビニでも、どこのでもいいんです。

使いやすそうだったり、可愛いのがあると、つい買っちゃう。

さらに職場での伝言やアドバイス用には笑いが取れるものを(笑)

卑怯な武器として用意してあります。

 

今は宝塚歌劇団のものをそのために愛用してます。

でも職場用にも買ったんです(笑)。

 

急な仕事についての伝言でも、耳が痛くなるアドバイスでも、

角が立ちにくいところに清く正しく美しいパワーを感じますね!

 

本気で宝塚歌劇団の公演に行く気満々です。

困ったときにヅカ付箋を使ってますから

愛と感謝と悪用している謝罪のために観に行かなきゃ!と

思ってるんです(笑)。

(44歳・独身・会社員)

 

一周回って紙に戻った!「スケジュール手帳」

携帯電話、PC、スマートフォン……とあるので、

なくても大丈夫と思いきや、

ないとやはり不便だったのがスケジュール手帳です。

 

ぱっと確認できて、

すぐに書きこめて便利なんですよ、やっぱり。

スマホアプリは便利ですけど、

電源切れたら無理でしょ?

アナログはそのへんかなり強いですよ。

 

だから結局、スマホアプリも使いますけど、

毎日手帳も活用します。

かといって高級ブランドとかのではないんです。

ごく普通の文房具屋さんの手帳です。

 

価格も安いですし、

とにかく確認しやすくて、書きこみやすい。

充電と言う手間も不要ですからね(笑)。

 

ある作家のインタビューで

エッセイはPCだけど、小説はアナログじゃないと無理、

っていう理由がなんとなくわかります。

過去に遡って確認するのも早いんですよ、手帳だと。

(49歳・独身・会社経営)

 

意外とあると便利なのが「ものさし」

いつもペンケースを用意してるんですけど、

職業柄、必ずシャープペンシルと消しゴム、

それから20センチくらいのものさしが入ってます。

 

ほとんど今はMacでデザインをしてますけど、

打ち合わせで急に手書きで見せることもまだあるんです。

 

そのときにものさしとペンでさーっと描いて説明するほうが

トラブルもなく、お互いわかりやすいんです。

それに速いですから、世代的に手書きのほうが(笑)。

 

メモ的なデザインなら、わざわざノートPCを開くより、

こっちのほうが早いです。

 

変質しないタイプのスチール製のものを愛用しています。

本当は工務用なのかもしれませんけど、

使いやすいですよ。

(48歳・独身・フリーランス)

 

郵便物を扱う人はあると便利「カッターナイフ」

 

身近にないと困る文具っていったら、

カッターナイフですね。

仕事の際に用意しておくと便利なんです。

 

やっぱり事務をしていると

受け取った郵便物を開けたりする作業があります。

普通の封筒でも、段ボールの梱包物でも、

カッターを使えばきれいに一発で開けられます。

はさみよりこっちのほうが使いやすい。

 

オルファってメーカーの大きめのカッターがお気に入りです。

刃の厚みも折れ方も好みです。

(45歳・既婚・会社員)

 

いまや消耗品の域で社内をめぐる「クリアファイル」

 

仕事柄、書類が多いので、用意しておかないと不便と思うのは

クリアファイルです。

メーカーにこだわりはないから、

定期的に100均で買っています。

 

プライベートでも持ち歩いてます。

小さめサイズはレシート保管に便利ですよ。

(44歳・独身・会社員)

 

正式名称とか商品名を知りませんが、

クリアファイルはないと困る文具です。

 

書類を送る際に防水と折れ防止に必要です。

それとすぐに処分するけれど、未決済資料も

これに保管しておくほうが確認しやすいんです。

 

メモに日付などの必要事項を書いて

一緒に挟んでおくと、

混乱しなくて済みます。

(45歳・既婚・会社員)

 

50代までにはいいものを1本買いたい「万年筆」

 

あると便利なんですよね、万年筆って。

特に仕事の打ち合わせで使っていると相手の視線が違う(笑)。

普段使い、仕事用、プライベート用と3本用意しています。

 

なお仕事用は祖父からもらったモンブランです。

自分でもメンテナンスしますが、

メーカーに頼んでもいます。

これをクライアントとのミーティングで使っていると、

うるさ型のオジサンが急におとなしくなる(笑)。

 

服やメイクで仕事向けに「武装する」っていいますけど、

文具でも万年筆はかなり防御力高いですね。

エルメスの手帳みたいにわかりやすい武装もいいんですが、

通にしかわからない(笑)コレだと

まさに無双状態ですよ。

ウルトラノートPCよりこういう面では役立ちます。

(49歳・独身・バイヤー)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク