グーンと伸びてめっちゃ気持ちいい!【腸腰筋ほぐし】で美くびれ作り

こんにちは。ヨガインストラクターの高木沙織です。

年齢を重ねるにつれてボディラインの変化……、いいえ、この際ハッキリと言います。“ボディラインの崩れ”が気になり始める女性が大多数を占めるようになりますが、「まだ自分の体を諦めたわけではない」からこそ悩ましく思うもの。

なかでも変化が顕著にあらわれるお腹。それも女性らしさの象徴であるくびれの消失は、誰かに見せる・見せないに関わらず自信のひとつとして体に刻ませておきたいところです。

 

「腸腰筋」をほぐしてくびれを作る

くびれ作りといったら、腹部両サイドの筋肉をトレーニングするのが効果的だと思われていますが、“腸腰筋(ちょうようきん)”という大腰筋・腸骨筋からなるインナーマッスルをほぐし、正しい姿勢を維持しやすくすることが基本となります。姿勢が引き上げられると、内臓の位置が正しく安定し、くびれがうまれやすくなるのです。

また、腰椎から大腿骨の内側の突起までに位置する大腰筋、骨盤の内側から大腿骨の内側の突起までに位置する腸骨筋がほぐれてくると、肋骨から骨盤までの長さが出て、より女性らしいしなやかなくびれがキレイにあらわれるようになるでしょう。

 

腸腰筋のストレッチ

それでは早速ストレッチをしてみましょう。

腸腰筋は、ひざが体の前面より後方になるように股関節の伸展(ひざを伸ばす動き)をしたときにストレッチされます。

(1)床に四つ這いになる

※ 手は肩幅、足は腰幅に開き、肩の下に手首、股関節の下にひざをつく

(2)右足を右手首の横につき、左ひざの位置をやや後方に下げたら足の甲を寝かせる

(3)背筋を伸ばして鼻呼吸を5回

※ 肋骨の下から左ひざ辺りまでが伸びていることを意識して呼吸を繰り返す

※ 余裕のある方は、右足の位置をさらに前方に移動させて伸びを深めてもよい

(4)四つ這いの姿勢に戻り、反対側も同様におこなう

 

腸腰筋のストレッチは、普段あまり伸ばされることのない部位への刺激があり心地よさを感じられるでしょう。くびれを取り戻したいみなさん、ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク