【九星フラワー占い】七赤金星の11月は「優しさをわけあえる男性と」

本格的に寒くなってきましたね。寒くなると、人恋しいような寂しいような気分に陥りがちです。
寂しさ孤独感を中心に、その付き合い方、解消法、また孤独感うまく付き合った先にどのようなことがあるのか、そういった視点で占って行きます。

※七赤金星の生まれ年は1957年、1966年、1975年、1984年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

体調を崩すと孤独感が増しそう

季節の変化を、この冬の入り口を、一番強く感じているのは七赤金星ではないでしょうか。

今月は、とにかく体が冷えやすく、風邪をひきやすく、そして一度風邪をひくと、こじらせてしまう心配があります。

体調が悪く一人で寝ていたりすると、 楽しい雰囲気探し騒がしい雰囲気が好きな 七赤金星にとってはとても自分が孤独だと 思われやすい ことでしょう。

人それぞれのバイオリズムを意識して

けれども決してみんなの心が、あなたから離れたわけではなくて、 たまたまあなたのバイオリズムが他の人のバイオリズムと会っていないだけです。

それをことさらに 悪いことのように 感じて落ち込むと、症状も悪化します。

そして自暴自棄になると人間関係にも良くありません。

辛いからといって助けをただ待つのではなく、助けが必要な時は心を込めてお願いしますと、声をかけてみましょう。

さらに、頼んだことが思った通りに行われなかったからといって、 機嫌を損ね、辛くあたったりしてはいけません 。

本当に人間関係を壊してしまう恐れがあります。

頑張りすぎていたのかも

今もし切羽詰まっているとしたら、それは最近色々なことに手を伸ばし、人間関係・仕事・趣味、その他の何かかもしれませんが、手を広げすぎていたかもしれません。

ここら辺で整理整頓をしてみてください。

ノリの良さが第一、 もちろんそのノリの良さが楽しい七赤金星さんですが、ここはしっかりと立ち止まって 冷静に分析し、 重くなりすぎている荷物のどれかを 減らすということに 取り組んでみてください。

今月の恋愛運と金運は

恋愛運ですが、 弱っているあなたに優しく声をかけてくれる男性が現れそうです。

もしかしたら、その人自身も心と体に傷を持っていて、あなたに癒されたくて近づいているのかもしれません 。

もちろんそうでないこともありますが、あまり依存しすぎないように気を付けながら、 優しさを分け合って接する、今はそういう関係に留めておくのがおすすめです。
金運は、かなり厳しそうです。

何か支払い忘れがあって、そのぶん 延滞金などを支払うといったことがないように、 支払い忘れなどないか、きちんと整理をしておいてください。

今月のラッキーアイテムはこれ

ラッキーカラーは、ブラックと モスグリーン。

地味な色合いであまり好みではないかもしれませんが、エネルギーの放出のしすぎを防いで、地に足をつけてくれる色合いです。

これで体力気力を温存してください。
ラッキーパーソンは、 洗濯や掃除の代行つまりハウスキ キーピングの仕事をしている人です。
そういった人の整理術の本を読むのも勉強になりますし、 体調が悪いのに家がごちゃごちゃで気が滅入るという人は、掃除代行を頼んでみるということもいいかもしれません。
ラッキーフードは、 白菜やニラを入れた 湯豆腐。

体が温まり、体調の改善に役立ちます。

キリキリしていた気持ちも穏やかになるでしょう。

コスモスの花が象徴する七赤金星の魅力とは

七赤金星の女性は、少女のように可憐で楽しいことに目がない人が多いです。「乙女の真心」という花言葉を持つコスモスは、にぎやかに群生していますが、ひと花だけに注目すると可憐で、どこか頼りなげ。その姿は七赤の女性に似ているような気がします。「アラフォーなんだから、しっかりしなくちゃ」、こう思ったら七赤の魅力は半減。好奇心のままに楽しいことを探し、その楽しさを人にもおすそわけする、そんな七赤を人は好きになるのです。
※11月の全体の運勢を知りたい人はこちら
(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク