【40代編集長の婚活記#184】婚活の出会いで「当たり」の確率が高い方法って?

紹介される男性はどんな人?

歯科医院の先生は、どうやらこの本「40代ご無沙汰女子のざんねんな婚活」を読んでくれたらしい?

あ、でもどういう人なのか、1ミリも聞いてなかった。何も聞かずにそんな判断するなんて、気が早すぎるな、私。

アサミ「ところで、何してるかた?」

同期「歯科医院の先生」

アサミ「あら、あなたとどういうおつながり?」

同期「ゴルフつながりなのよ。なんだかんだで10年以上の知り合いだけどさ、年に1~2回ゴルフコンペで一緒になる程度よ」

アサミ「その先生が、何でまた私と会いたいって話になったの? あなたが私の婚活のことを話したわけでもないでしょう?」

社交的だけど、おせっかいをしたり、余計なことを言ったりするタイプではない同期。どうしてそういう話になったんだ?

 

私の婚活を知った理由

同期「たまたまアサミの本を読んだらしい。それでアサミのプロフィールとかを検索したら主婦の友社だってわかって。それでオレに連絡来たのよ。『同じ会社にアサミさんっていますよね』って」

アサミ「あー、なるほど」

やっぱりこれだけ実名+顔出しで婚活をオープンにしていると、そういうパターンもあるのね。知人が紹介を頼まれるパターン。最近ちょっと、婚活を公言することに迷いがあったけど、やっぱり良いこともあるな。

同期「紹介できませんとも言えなくてさ」

アサミ「全然そんな、大丈夫だから。で、何歳くらいの人?」

同期「確か、同い年だったと思う」

アサミ「バツイチ? バツニ?」

同期「いや、結婚歴ないね。ずっと独身」

 

まもなく到着する!

未婚・独身の47歳か。ジムさんも未婚・独身の50歳だったな。意外といるんだ、同世代の男性でも。少し前は、バツイチ男性に会うことが多かったから。

アサミ「じゃ、私とご一緒ね」

親近感はあるかもしれない。同期という共通の知り合いもいるから、安心感もある。ちょっとだけ期待をいだかないでもない。

同期「そろそろ来ると思うんだけど。あ、もうすぐ着くってLINE来た」

急にドキドキしてきた。

47歳、未婚・独身の歯科医院の先生……ハイシャさんってことにしよう。どんな人なのかな。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク