【40代編集長の婚活記#184】婚活の出会いで「当たり」の確率が高い方法って?

ハイシャさんとご対面!

バーの個室のドアが開いた。そして入ってきたのは、男性……と女性? あれ、2人?

同期「ちょっと、遅いよ」

ハイシャ「すみません。ちょっと前の会合が押しちゃって」

同期「30分以上、遅れてるよ」

申し訳なさそうにしながら、私の向かいに座ったハイシャさん。

ハイシャ「はじめまして、ハイシャです」

アサミ「はじめまして、アサミと申します」

ハイシャ「いやぁ、写真の通りですね。うれいしです」

アサミ「こちらこそ」

 

彼よりも気になったこと

47歳、未婚・独身のハイシャさん。細くて小柄な男性だった。

しかし!

それより気になったのは、一緒に個室へ入ってきた女性だ。ハイシャさんと私と同期がひとしきり挨拶をしている間、ずっとドアの前に立ってこちらを見ていた。

そして、何も言わないまま出ていきドアを閉めた彼女。それっきり、戻ってこなかった。

あの女性は何者? なんでハイシャさんと一緒に来たのに、部屋を出ていったの──?

 

【続きはコチラ】

【40代編集長の婚活記#185】あなたの「恋愛できない度」は? ご無沙汰男女、7つの共通点

【前回はコチラ】

【40代編集長の婚活記#183】40代独女、3年半の婚活をふりかえってみた

1 2 3 4

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク