【40代編集長の婚活記#190】これはナイわ~! 40代独女の「婚活反省会」

なかなか険しい40代の婚活。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は婚活歴は3年半以上になる。婚活パーティ、婚活アプリ、個室婚活、バー婚活、知人の紹介……。いろいろ挑戦してみるも、いまだにゴールの見えない状況が続く。

ある日の会食後、同期に誘われた日本橋のバーで、ハイシャさん(47歳、未婚・独身、歯科医)を紹介されたのだが……。この物語は40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

始まりからちょっと「変」だった

同期に紹介されて出会った男性・ハイシャさん。思えば、最初から不思議な点はたくさんあった。

・事前の相談もなく、突然、紹介の場をセッティングされた→ちょっと、聞いてないよ!

・到着する前に「たぶんアサミのタイプじゃないと思うよ」と言われた→会う前にそんなこと思うなら、なぜ紹介する?

・バーの個室へハイシャさんと一緒に女性がいたような?→挨拶も紹介もなく、気づいたらいなくなっていた。マボロシ?

こんな始まりからして、ちょっと普通じゃないよね。

いままで紹介されて出会ったのは、ベンゴシさん、ゲームさん、ジムさん。ベンゴシさんとジムさんは、事前に「紹介したい人がいる」と言われていたし、ゲームさんは大勢の飲み会に誘われて出会ったわけだし。

なんの前触れもなく男性を紹介されるなんて、前代未聞だった。

 

第一印象は、悪くなかったのに

ハイシャさんの第一印象は、悪くなかった。

・小柄で、清潔感のある雰囲気。

・話し方は穏やか。

・『40代ご無沙汰女子の、ざんねんな婚活』を読んで共感したと言ってくれた。

・仕事に誇りを持っている。

・ゴルフをやっている=共通の趣味がある。

共通点もあるし、清潔感や穏やかさ、仕事への向き合い方は好感度が高かった。そのあと、タバコを吸い始めたのがちょっと気になったくらいで。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク