【40代編集長の婚活記#190】これはナイわ~! 40代独女の「婚活反省会」

ハイシャさんを紹介した理由

アサミ「なのになんで紹介してきたの(笑)」

同期「だいぶ前からずーっと言われてて。ずっと断ってたんだけど」

そのまま断り続けてくれればよかったのに。

同期「アサミも知ってるAさんいるじゃん? ハイシャさんがAさんにも頼んできたみたいで。あの人から頼まれたらいろいろ断りにくいでしょ? さすがにそれはアサミに悪いからさ」

そうか、同期からの紹介のほうが私が断りやすいと判断したのか。

アサミ「なるほどね」

同期「具体的にさ、どの辺がダメ?」

アサミ「妹さんよ! ハイシャさん自身っていうより、妹さんが無理だわ」

 

むしろ、妹がいてよかったのかも?

同期「だよね~。あれはキツイもんなぁ」

アサミ「いちおう婚活じゃない。その先のことを考えたら、家族としてお付き合いできる自信ないもん」

たった1回しか会っていないのに決めるなよ、と思う人もいるかもしれない。でも、家族の関係性ってこの先ずっと変わらない。私と両親、私と姉の関係性だってそう。

そう考えると、1回目でハイシャさんの兄妹関係がわかって、むしろよかったのかもしれない。

同期「そうなんだよなぁ。ハイシャさんは、わりといい人なんだけど」

アサミ「だってさ、妹が出かける時、いつもハイシャさんが送り迎えしてるんでしょ?」

同期「らしいね」

 

同期との婚活反省会は続く…

アサミ「今日だって私と初めて会うのに、妹同伴ってびっくりよ。今まで紹介で会った人が何人かいるけど、こんなことなかったわ」

同期「まさか今日、来るとは思わなかったんだよね」

アサミ「まぁ、早いところ強烈な妹がいるとわかってよかったかも」

同期「あ、ゴルフの予定どうする?」

アサミ「できれば行きたくない。あの妹さんと一緒にラウンド無理だわ」

同期「わかった。でもさすがにそうは言えないな(苦笑)」

そうだよね。いくらストレートな同期でも、相手によって発言は変えている。

同期「ハイシャさん自身と、ちょっとフィーリングが合わなかったとか言っておく」

アサミ「ありがとう。ごめんね」

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク