なぜ別れない…?離婚秒読み?芸能人「問題アリ」夫婦ランキング

こんな男(もしくは女)どこがいいの? という周囲の声は当人たちにはえてして届きません。今回は仁科友里さんの連載から、問題山積な「割れ鍋に綴じ蓋カップル」を人気順にピックアップしたいと思います。

 

第1位:クリステル進次郎「これ以上下がらないくらい好感度低い」2人のさらなる弱点とは?

環境大臣で、総理大臣の息子である小泉進次郎氏が「政治家として何を成し遂げたかわからない」「何を言ってるのかもわからない」というワンワンワワーンな犬のおまわりさん状態でも、ルックスと毛並みの良さから妙に持ち上げられるのも致し方ないことでしょう。その進次郎に思わぬ逆風が吹いています。

詳しくは>>クリステル進次郎「これ以上下がらないくらい好感度低い」2人のさらなる弱点とは?

 

第2位:小池栄子、あの借金まみれの夫が「それでも理想のオトコ」である想定外の理由

女優・小池栄子と元プロレスラー・坂田亘夫妻に離婚説が絶えないのは、夫側に借金があるからでしょう。小池のひとめぼれで交際、結婚した二人ですが、坂田は高額の借金を抱えているのです。

詳しくは>>小池栄子、あの借金まみれの夫が「それでも理想のオトコ」である想定外の理由

 

第3位:松嶋菜々子、繰り返し離婚のウワサが浮かぶのに逃げ切れる意外な理由

松嶋は結婚後も順調に仕事を続けていきますが、反町はそうでもなく、離婚説が何度も浮上しました。男性のほうが“上”でなければ結婚生活はうまくいかないという考えの強い時代でしたから、仕事をしていない反町に松嶋が愛想をつかすと見る人が多かったのでしょう。

詳しくは>>松嶋菜々子、繰り返し離婚のウワサが浮かぶのに逃げ切れる意外な理由

 

第4位:ジャガー横田、勝ち組婚から「パワハラ男の妻」にいきなり転落した理由

プロレスラー・ジャガー横田の夫で医師の木下博勝氏が、准看護師の男性にパワハラを働いたとして訴えられました。木下氏と言えば、ジャガー横田をわざと怒らせるようなことを言い、ビンタされたりプロレス技をかけられて「ごめんなさい、許して」と謝る寸劇を繰り広げていたため、恐妻の尻に敷かれる優しい夫というイメージを持っている人も多いことでしょう。その木下氏がパワハラとは驚きですが、「週刊文春デジタル」では、木下氏の“恫喝”が配信されています。

詳しくは>>ジャガー横田、勝ち組婚から「パワハラ男の妻」にいきなり転落した理由

 

第5位:hitomi、松本人志もドン引く鬼嫁ぶりにも関わらず、3回も「結婚できる」ワケ

Portrait of aggressive pin-up woman going to clean kitchen

歌手のhitomi。小室ファミリーとして一世を風靡した彼女ですが、現在の結婚は三回目です。一般人男性と結婚したものの離婚。お次は俳優・羽田昌儀と再婚し長女をもうけて離婚。三度目の結婚相手は会社経営者で二人の男児を出産、現在は第四子を妊娠中です。

詳しくは>>hitomi、松本人志もドン引く鬼嫁ぶりにも関わらず、3回も「結婚できる」ワケ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク