この食べ方はNG!淑女なら知っておきたいシュークリームの食べ方【オトナの常識53】

手軽なスィーツとして人気のシュークリーム。ただし、食べ方で女性度に差がでるのがこれ! 口のまわりや手がクリームでベタベタ……は子どもの食べ方です。淑女なら、エレガントに美しくいただきましょう。

 

問題 シュークリームのきれいな食べ方とは?

A.ナイフとフォークで切って食べる
B.シューのフタをとり、ナイフでクリームをつけて食べる
C.手で食べる

 

正解 A.B.シューのフタが離れていない場合はA、離れている場合はBで

Cは、NGです。手に持ってかぶりつけば、手指も口もクリームでベタベタになってしまいます。しかも大きな口をあけてシュークリームにかぶりつく姿は子どものよう。大人の女性は、やってはいけません。

シュークリームは、ナイフとフォーク(フォークしかセットされていない場合はフォーク)で切り分けて食べます。

方法のひとつは、Aです。

シュークリームには、シューのフタが切り離されているものとフタが切られていないものがあります。フタが切り離れていない場合は、Aのほうが食べやすいでしょう。

シュークリームの左側にフォークを刺して押さえ、ナイフで手前側の切りやすいところをカット。カットしたものを食べやすい大きさに切って口に運びます。シューを切るとクリームが少しはみ出てしまいますが、それはしかたがありません。はみ出たクリームはナイフですくい、シューにつけていただきましょう。

もうひとつの方法がBです。

シュークリームのフタが切り離されている場合、上からナイフとフォークで切り分けようとするとクリームが外にはみ出してしまいますので、Bのほうが無難です。

まずフタを手に持ちます。切り込みはあるけれど、フタが完全に切り離されていない切場合はナイフとフォークでフタを切り取りましょう。そしてナイフでクリームをすくい、フタにつけながらいただきます。フタを食べ終わったら、ナイフとフォークで左側から一口大に切って食べます。

スイーツはひと手間で美しく!

●ケーキ
四角いケーキは左から、三角形のケーキは尖った部分を左にして左側から、フォークで食べやすい大きさに切って口へ運びます。食べにくいミルフィーユはナイフとフォークでカットして食べます。

●プリンアラモード
プリンを崩したり、プリンとフルーツとクリームをグチャグチャに混ぜたりするのはNG。見た目が汚く、お里を疑われてしまいますよ。プリンアラモードは上からではなく、手前からスプーンやフォークを使って食べるときれいです。

●一口大のシュークリームやマカロンなど
一口大の小さな菓子をナイフやフォークで切り分ける必要はありません。手で持って、そのままいただきましょう。ナイフやフォークがセットされておらず、でも一口では食べられない菓子は手で割って食べましょう。

●食べ終わったら……
菓子を包んでいたセロフィンや汚れたカトラリーは銀紙や紙ナプキンで包んで皿へ。このひと手間で、あなたの女性度はグンとアップするはずです!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク