「歯」の下半分はどこから書く?これ、意外と間違えてます

「歯」という漢字は、小学校3年生で習う漢字。こんなに画数も多くて、複雑な漢字を3年生で習うのはなぜでしょうか。それは体に関する、とても大切な文字だからです。

「歯」には「止」という漢字が入っていますよね? 物を噛み切って前歯の中にとめる、前歯を表した字です。
「歯」の書き順ですが、上の「止」は間違える人がいないと思います。でも、間違えていたら大変なので、ちょっと確認しましょうか。

これは、みなさん、もちろん大丈夫でしたよね? 問題は次の画です。あなたはどのように書いていますか?

左と下の画をつづけて書きますか?
中の米という字を先に書きますか?
囲いを先に書きますか?

正解は……

そう。「止」を書いたら、次は「米」なのです。
それから、下を囲うように書きます。
ではもう一度、「歯」の字の筆順をおさらいしましょう。

画数は12画ととても多いですが、組み立ては簡単。「止」を書き、「米」を書き、囲みます。
間違えていた人はこの機会に覚えなおしましょう。

参考:学研「新レインボー小学漢字辞典」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク