【九星フラワー占い】二黒土星の10月は「嫉妬を招くほど魅力が」

食や旅行、華やかなファッションなど秋は本来楽しい季節。

この楽しみを少しずつ取り戻すことが、じつは開運につながりそうな1カ月です。

各星ごとのラッキーカラーやラッキーフードもぜひ活用してください。

※二黒土星の生まれ年は1962年、1971年、1980年、1989年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

目立ちすぎると思わぬ災難が!

今月の二黒土星は、華やかな雰囲気が増し、そして頭の回転がいつもより速くなっているので発言力も増します。

そうなれば、当然とても目立ってしまうわけですが、この時期のちょっと厄介なところは、目立ってしまうと人の嫉妬やひがみの心を刺激し、思わぬ邪魔や問題が発生するということです。

全体運でもお話ししたように、おしゃれはすべての星の人に共通する今月のラッキーアクション。

ですから、シックで少し大人しめの上品なおしゃれは、是非忘れずに心がけてほしいものです。

ファッションが派手なものになったり、奇抜なものになったりしないようにその点は気をつけてください。

周囲の人がノリノリのあたなにあわせるのは難しい

また、ピリピリとした空気感を醸し出しているのは、あなたに嫉妬する周囲の人たちに限らず、自分自身もちょっと怒りぽくなっています。

あなたはヤル気にみちているのに、悪意のない人でさえ足並みがそろわず、物事が思い通りに進まないことも多いようです。

けれども、とにかく周囲の人々とは仲良く過ごすこと。

食事を一緒にしたり、お土産を買って仲間と一緒に分けて食べたり、世間話を楽しんだり。

そういったことが今月の二黒土星の運気を安定させてくれます。

目のトラブルは運気を左右するので注意して

この文章の最初に、今月の二黒土星は頭の回転がとても速くなっている、というお話をしました。

せっかく頭が冴えているわけですから、一人の時間には読書をして知識を蓄えるといいでしょう。

それは、すっと自分の中に染み込んできますし、後々役に立つことがあります。

ただし疲れ目などは運気を停滞させてしまうので、酷使したりせず、目のケア、休ませるといったことも忘れずに。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、異性からの注目も集まりそうです。

もちろんこちらに関しても同性からの嫉妬が怖いので、いい感じの相手とは、目立たないようにこっそりとやり取りするということをお勧めします。

金運については、臨時収入や思わぬプレゼントなどがありそうですか、人とのお付き合いで出て行くお金も少なくないでしょう。

人と一緒に食事をしたり、ちょっとしたお菓子のプレゼントをすることは運気をアップさせるので、ケチらないように。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーはローズ。

今月とくに、女性に生まれた喜びを感じさせてくれるカラーです。

深みのあるローズカラーを選ぶほど、思慮深さも得られるでしょう。

ラッキーパーソンは頭の回転が速い年下の女性です。

一緒にいると思いがけないアイデアが浮かびます。

ラッキーフードはトマト入りのカレーです。

忘れていた大切なことを思い出させてくれるそんなパワーフードです。

 

カーネーションの花が象徴する二黒土星の魅力とは

母の日に贈られるカーネーションは、母性の星である二黒土星を象徴するのにピッタリと言えます。花言葉は「純粋な愛」、「母の愛」で、これはまさに母の包容力をあらわすような言葉ですが、二黒土星の女性には、人に優しく包容力があるのが特徴です。のんびりとマイペースではありますが、自分を頼ってくれる人を受け入れ、自分の周囲の人、とくに家族の幸福を思って、おいしい食べ物や体を温める衣類などをつねに準備しておくような、女性らしさがあり、みんなを癒します。

※10月の全体の運勢を知りたい人はこちら

 

(イラスト オオスキトモコ)

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク