今すぐ!4呼吸でお腹がへこむ奇跡のドローイン

もしあなたの趣味がランならば、これは走るときに自然に身についているはず。息は吐き時で意識すればよく、吐けばその後自然に息を吸うことになるからです。
この「あへあほ体操」も、「へ」「ほ」の時に息を吐きながらお腹を引っ込めることだけを意識します。「あ」は自然のままです。

「へー」と「ほー」でお腹をへこませるだけの簡単ドローイン、「あへあほ体操」は、札幌市出身のウンドープロデューサー、しものまさひろ先生が2007年に考案しました。

 

しもの先生はもともと陸上自衛隊の持続走訓練隊メンバーとして活躍していましたが、腰の故障で引退。カイロプラクティックを学びながら、整骨院や整形外科・リハビリ科などで経験を積み、スポーツトレーナーとして独立。

 

「腰痛改善には腹横筋(ふくおうきん)を鍛えるドローインが必要」という結論にたどりついたものの、特に忙しい女性やシニア層はエクササイズをきちんと覚えきれません。そこで、効果的で楽しく、いつでも思い出せる体操を、と生み出したのが、この誰もが一発で覚えて二度と忘れられない「あへあほ体操」でした。

 

当初、地元・札幌ではこの「あへあほ体操」というネーミングで導入を拒む自治体もあったそうですが、07年からの9年で生徒は延べ2万人、認定インストラクターは30人と、比類なく地域に根づいた体操に成長しました。

 

さて、そんなしもの先生のポーズつきで、「あへあほ体操」をもう一度ご説明します。

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
OTONA SALONE編集部 井一美穂

スポンサーリンク

スポンサーリンク