今すぐ!4呼吸でお腹がへこむ奇跡のドローイン

スポンサーリンク

ドローインという言葉をご存じでしょうか? 知っていても、知らなくても、大丈夫。今からたったの4秒、ちょっとご一緒にお願いします。

では、いきますよ?

 

1・何も意識せず「あ」を発声

いま、その場で、どんな姿勢でもOK。オフィスや電車内で声を出せない人は、口を軽く開けて声を出さず「あ」と発声してください。

2・「へー」と発声しながらお腹をグッと凹ませる

大きい声ほど効果大。発声ですから、「吐く」動きでお腹を凹ませます。サイレントあへあほの場合は、大声を出すならこのくらいだなと意識してやってみてください。

3・再度「あ」を発声。凹ませたお腹を元に戻す

ここでいちど息継ぎをして、もういちど自然に「あ」を。2で凹んでいたお腹を元に戻します。

4・「ほー」で再びお腹を凹ませる

「ほー」の発声で再度お腹を凹ませる。呼吸が整い、心地よさを感じるまで繰り返す。

 

どうでしたか?

 

もしあなたの趣味がランならば、これは走るときに自然に身についているはず。息は吐き時で意識すればよく、吐けばその後自然に息を吸うことになるからです。
この「あへあほ体操」も、「へ」「ほ」の時に息を吐きながらお腹を引っ込めることだけを意識します。「あ」は自然のままです。

「へー」と「ほー」でお腹をへこませるだけの簡単ドローイン、「あへあほ体操」は、札幌市出身のウンドープロデューサー、しものまさひろ先生が2007年に考案しました。

 

しもの先生はもともと陸上自衛隊の持続走訓練隊メンバーとして活躍していましたが、腰の故障で引退。カイロプラクティックを学びながら、整骨院や整形外科・リハビリ科などで経験を積み、スポーツトレーナーとして独立。

 

「腰痛改善には腹横筋(ふくおうきん)を鍛えるドローインが必要」という結論にたどりついたものの、特に忙しい女性やシニア層はエクササイズをきちんと覚えきれません。そこで、効果的で楽しく、いつでも思い出せる体操を、と生み出したのが、この誰もが一発で覚えて二度と忘れられない「あへあほ体操」でした。

 

当初、地元・札幌ではこの「あへあほ体操」というネーミングで導入を拒む自治体もあったそうですが、07年からの9年で生徒は延べ2万人、認定インストラクターは30人と、比類なく地域に根づいた体操に成長しました。

 

さて、そんなしもの先生のポーズつきで、「あへあほ体操」をもう一度ご説明します。

自然に「あ」

凹ませて「へー」

自然に「あ」

凹ませて「ほー」

……どうでしょう、難しい理屈は抜きにして、見ていてなんだかニコニコ楽しくなってきませんか?(私はなります!)

 

でも、楽しいだけでなく、この体操には骨太の難しい理屈がちゃんとついています。インナーマッスルという言葉を聞いたことがあることでしょう。あへあほ体操で鍛えるのはお腹のいちばん深層にある「腹横筋」というインナーマッスル。別名コルセット筋とも呼ばれる、ベルトのように横向きに走る筋肉です。この筋肉を鍛える代表的なエクササイズが「ドローイン」。鍛えると腰や骨盤をしっかり支えてくれ、安定するので、腰痛改善や予防につながります。また、自然に姿勢がよくなって下っ腹に力が入りやすくなり、腸の位置も整い、便秘解消につながるともいわれます。

 

なぜあへあほと発声するのか? それは、「は行」の発声が強いから。試しに、口の前に手を当てて「あ・い・う・え・お」と「は・ひ・ふ・へ・ほ」を発声してみてください。いかがでしたか? 「は行」の吐き出す力強さを瞬時に理解できると思います。声に出すだけでお腹に力が入り、腹式呼吸が簡単にできる「は行」の発声とドローインを組み合わせた、実に北海道らしい合理的な体操が「あへあほ体操」なのです。

 

続けて、ダイエット成功実例をご紹介しましょう。

 

ウエスト-9㎝、膝痛解消に成功!

読者・大倉さん(50才・158㎝・59㎏)の劇的な実例です。「食事も変えず、忙しい日は夜にベッドの中で行いました。本当にラクな体操です!膝は駅の階段がつらくなくなり、二の腕はタプタプが取れました」
Before

 ◦体重59㎏
 ◦ウエスト90㎝
 ◦ヒップ101㎝
 ◦二の腕25㎝

DMA-_KS09719

After
「ラクなのにここまでスッキリ!続けたくなる体操でした」

◦体重57.8㎏
◦ウエスト81㎝ 
◦ヒップ95㎝ 
◦二の腕24㎝

DMA-0404da_001

もう1か月続けた結果…

1か月のトライアル後もさらに自分で続け、スタートから2カ月で体重は5キロ以上減少。下腹は10㎝小さくなりました。Beforeと比べると別の人みたい!

001

 

「膝まわり強化」「背中まわりスッキリ」などパーツにも対応

「あへあほ体操」はお腹だけでなく、膝や腰、腕、背中、お尻など、体のあらゆる部分に効果的です。書籍『お腹がへこむ!あへあほ体操』には1部位1日ずつ集中的に続ける「1週間プログラム」も掲載。たとえば、火曜日メニューの「膝回りの強化」なら、太もも表側の大腿四頭筋を鍛えます。

また、全エクササイズにQRコードがついており、読み込めば動画を見られます。動画と本誌を照らし合わせてレッスンすれば、コツをつかんだ正しいトレーニングでより効果を得ることができるはず! ぜひ生活に取り入れてください。

更新情報がわかる!

フォローを

お願いします!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

井一美穂の最新記事

HEALTHに関する最新記事