「僕、一気に気持ちが萎えました…」彼との GO TOトラベルで暴走した40代独女

GO TOトラベルは、旅行代金が通常よりもお得になるキャンペーンです。コロナで打撃を受けた旅館や各地のお店を支援するために実施されています。デートで活用なさった方も多いのではないでしょうか。

久しぶりの旅行、さらに料金もお得ということで、ちょっと暴走してしまった「GO TO トラブル」なケースがあるようです。楽しいはずの旅先でいったい何が起きたのか……いただいた実体験や目撃談をご紹介します。

 

GO TOトラブル1:行かなきゃ損!

「彼女の、GO TOトラベルへの執着が強くてついていけない。「私たちの税金なんだから、行かなきゃ損だよ!」と言っているが、行かなければ損するという感覚が分からない」(44歳男性・SE)

彼女と彼氏の熱量がまったく違ってしまったというパターンですね。まず旅行に誘うなら、彼のスケジュールや体調をうかがって同意を得てからにすべき。また、「行かなきゃ損」といって無理に旅行に行くのもちょっと違いますよね。楽しめるタイミングで利用したいものです。

 

GO TOトラブル2:思い出よりも金勘定

「食事をしていたカップルの会話が聞こえてきました。彼女のほうが「宿、安かったよね。○円浮いた! クーポンも全部使ったし。見て、こんなに安かったよ」と大興奮。今思い出すと、彼氏の声は小声であまり聞こえませんでした。きっと恥ずかしかったんだろうなと思います」(35歳女性・飲食)

ふたりで食事をしながら旅を振り返るのなら、どれくらいお得だったかというお金の話よりも、宿や料理、観光地の思い出について語り合いたいものではないでしょうか……。堅実であることは大切ですが、欲やお得への執着を丸出しにするのは上品ではないですね。

 

GO TOトラブル3:GO TOしてあげてる

「旅行の間中、ホテルやレストランの従業員さんに上から目線で幻滅しました。注意したら「こっちがGO TOしてあげてるんだから」なんて言うんで、もう付き合い続ける気持ちが失せました」(46歳男性・営業)

GO TOしてあげるなんていうのは、とんでもないセリフです! 得ができる上に、神にしてくれるキャンペーンだとでもいうのでしょうか……。旅行する側も迎える側も、お互いが気持ちよく過ごしたいですよね。

 

GO TOトラブル4:その店はダメ!

「お土産屋さんの前を通りかかったときに気になるものを見つけて手に取ろうとしたら、「その店はダメ!」とすごい剣幕で止められました。聞くと、その店は地域共通クーポンの対象外だとか。対象外のお店では、ちょっとした買い物も許されないなんて息苦しいです」(41歳男性・営業)

地域共通クーポンは、GO TOトラベルを利用するともらえるものです。紙と電子の2種類があり、いずれも決まったお店で商品券として使うことができます。お土産屋さんや飲食店で使えますがすべてのお店が対象ではないので、せっかくなら使えるお店を探そうという気持ちはわかりますが……。対象外のお店でも、いいものを見かけたら購入を検討してもいいのではないでしょうか。そこまで徹底したら、本当に息苦しいと思います。

 

旅行は、自分だけではなく一緒に行く人も楽しく! 迎えてくれる現地の方たちに感謝と敬意を持って! 何より、このキャンペーンがなぜ実施されているのかを忘れずに。この基本的なことさえおさえていれば、GO TOトラベルでの旅行は浮いたお金で別のことも楽しめる、すてきな旅になるはずです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク