【40代編集長の婚活記#223】48歳独女、ダンディおじさまとの婚活デートでわかったこと

なんとか会話はつながってる?

そんな私に気づいているのか、いないのか。ロマンさんはまったく変わらず、笑顔で話かけてくる。ということは、なんとか会話がつながっていると解釈していいのだろうか。

穏やかな表情。きっといい人だと思う。見た目は年齢以上っぽく見えるけれど、清潔感はある。上場企業の会社役員というしっかりとしたお立場もあり、周囲からも信頼されているのだろう。

イヤなところはない。むしろロマンスグレーでダンディな男性だ。

ただ、何を言っているかわからない。聞こえない。

 

いい人だとは思うのだけれど

ロマンさんとの会話に疲れたこともあって、なんだか早く一人になりたい気持ちになってしまった。

アサミ「ちょっとお化粧室へ行ってきます」

そう言って、席を外した。

化粧室へ向かう途中、思わず「はぁ~」と深いため息がこぼれた。しばしの間、一人になれたことに心の底から気が楽になった。

あれ、やっぱり私、一人でいることが好きなのかな……。

 

やっぱり私は一人好き?

そろそろ帰りたいなぁと思いながら席へ戻り、少しお茶を飲んだところでロマンさんが言った。

ロマン「出ましょうか」

お店に入ってから2時間くらい経っていた。夕暮れが近づいていた。席を立って入り口のカウンターでお会計をしようとした。

ロマン「もう済んでいますから、大丈夫ですよ」

私が化粧室へ行っている間に、ロマンさんはお会計を済ませてくれていた。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク