【40代編集長の婚活記#223】48歳独女、ダンディおじさまとの婚活デートでわかったこと

デートの支払いは「ワリカン」に!

アサミ「すみません。おいくらだったでしょうか?」

ロマン「大丈夫です」

アサミ「いえ、ごちそうになるなんて恐縮なので支払わせてください」

正直、デートのお会計問題でレンズさんとの一件がトラウマになってる(苦笑)。男性の「大丈夫です」「いいんです」という言葉は鵜呑みにしない!

ロマン「今日は本当にいいんです」

アサミ「いや、それじゃ失礼なので」

ロマンさんは「いいんです」の姿勢を崩さず、私も「お支払います」の一点張り。しばらく押し問答のような状態になった。

 

ロマンさんは「いいんです」と言うけれど

アサミ「全部ごちそうになってしまうのは恐縮なので、おいくらかわからないけれど支払わせてください」

と言って、千円札数枚を手にし、ロマンさんへと近づける。

ロマン「いや、受け▲※◯✕◆」

たぶん「受け取れません」と言っているのだろう。しかし、私は決意していた。しばらくデートはワリカンで行くと! ジェンダー平等でいたいからだ。

アサミ「いえ、お願いです。お受け取りください」

深々とお辞儀しながら、お札を彼の前に出した。

ロマン「わかりました。それじゃ、その半分だけ」

根負けしたらしいロマンさんはそう言って、私が持っていたお札のうち半分を受け取った。

ワリカンではないけれど、少しホッとした。全額お支払いいただくのは恐縮だし、タダより高いものはない。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク