【40代編集長の婚活記#223】48歳独女、ダンディおじさまとの婚活デートでわかったこと

ロマンさんとのデート終了

ホテルのエントランスを出て

ロマン「僕は銀座駅へ行きますが、アサミさんは?」

本当は私も銀座駅のほうが乗り換えに便利だ。でも、これ以上ロマンさんと会話すると疲労感が増すだけだと思ったので

アサミ「私は日比谷駅なんです。それじゃ、今日はありがとうございました」

そう言って踵を返し、足早にB駅へと向かった。

 

ふと気づいてしまったこと

聞き取れない会話をするロマンさんと過ごした2時間。ステキなホテルだったし、アフタヌーンティーは美味しかったけれど……。

心から思った。あぁ、やっぱり一人ってラク! ストレスがない! 改めてそのことを噛みしめている自分がいた。

あれ? 私、このまま婚活をしていていいんだろうか?

 

「運命の人」を見つける方法とは⁉

40代編集長の婚活記が、書籍になりました! 絶賛、好評発売中です!

『恋ができない40代が運命の人をみつける17の方法 LOVE RULES 』

恋愛に不器用な40代独女が婚活でたどり着いた結論とは⁉ 運命の人をみつけたい人、必見です!!!

 

【次回はコチラ

【40代編集長の婚活記#224】48歳独女、デート後に「ある病」を発症!?

【前回はコチラ】

【40代編集長の婚活記#222】ナニ、この疲労感!? 48歳婚活独女がデートに疲れてしまったワケ

【「婚活記」の過去記事一覧はコチラ】

1 2 3 4

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク