「こんなはずじゃなかった……」40代独女と付き合った男性がガッカリした瞬間

いいなと思う女性と親しくなり、いざ楽しいお付き合いが始まったと思ったのに、何だかアヤシイ雲行きに……。

実際に交際してみないとわからないのが男女の縁。男性たちを悩ませる40代独女の付き合い方について、お話します!

 

その1:束縛がひどい

・「サークルで仲良くなり、付き合い始めた女性がいたんだけど、若い子と話していると『あの子は色目使ってくるから』とか嫉妬してくるのが嫌だった。年上には何も言わないくせに、若さを妬むのってみっともない」(43歳/公務員)

・「束縛が激しかった元カノ。会社の同期と飲みに行くってだけでメンバーをしつこく確認してくるし、しまいには俺の財布まで覗こうとしたので別れました。だから結婚できないんだなと思う」(38歳/サービス)

出典>>実録!これが「付き合ってみたけど無理だった」40代・50代独女の生態

 

その2:コレって付き合ってるって言うの?

「趣味のサークルで知り合ったアラフォー女性。

勤めている会社が近くで話が盛り上がり、平日の昼間にランチデートなんか重ねるうちに、付き合うようになりました。

こんな出会いもあるんだなーと最初は浮かれていたけど、交際を始めてわかったのは彼女がいわゆる『仕事人間』だったこと。

お昼休みはとるけど残業は当たり前、休日まで家に仕事を持ち帰って、俺との付き合いはどう見ても二の次。

向こうのほうが責任のある仕事をしているし、始めは『がんばっていてカッコいいな』と素直に応援できたけど、楽しみにしていた旅行まで『ごめん、出発が遅れるかも』と前日に連絡がきたときは、さすがにガッカリ感が半端なくて。

『俺と仕事と、どっちが大事なの?』なんて口がさけても言えないけど、これって付き合ってるって言うのかなぁ。

やせ我慢で『わかった。仕事がんばってね』ってLINEを返したけど、このときのモヤモヤがそれからも続き、結局俺のほうから別れを告げました。

『キャリアが』『責任が』って、俺との付き合いにも同じ情熱を向けてほしかった……」(38歳/教育)

出典>>年の差は関係ない!?年下男子が「40代独女とのお付き合いを諦めた瞬間」

 

その3:お金の話ばかりでうんざり

「結婚相談所で紹介されたアラフォー女性。僕がバツイチなことを理解して会ってくれて、何回かデートを重ねていくうちに好意を持ちました。

子どもが一人いますが、元妻が引き取って育てていることを話し、月に一度面会していることも打ち明けました。

そのときは『そうなんですね』と普通に頷いてくれたと思ったんだけど、そろそろ告白かな、というタイミングのデートの夜、不意に『養育費は毎月いくら払っているんですか?』と尋ねられてびっくり。

正直に伝えたら、今度は『お給料から毎月いくら貯金していますか?』とまたお金の話。さすがにいい気分がしなくて『まぁそれなりですよ』とごまかしたら、『お付き合いするならお金がないのはちょっと……』のような言われ方をして、一気に恋心が冷めました。

別にお金目当てで会っていたわけではないだろうけど、交際することにそこだけを取り上げてネガティブになる彼女とは、きっと付き合ってもダメだっただろうなと思います」(39歳/営業)

出典>>「こんなはずじゃ……」40代独女とつきあったバツイチ男性はココにこりごり!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク