40代が陥る「おしゃれ迷子」「シンプル&ベーシックという病」について

言い換えれば、無難&量産型

昔からシンプル&ベーシックなスタイルがずっと好きで、敢えて選んでいる人もいるかもしれない。でも「おしゃれ迷子」になったから、もしくはいまのトレンドが全体的にシンプル&ベーシックだから、現在はシンプル&ベーシックになっているという人も少なくないだろう。

私はまさに「おしゃれ迷子」「トレンドに流されて」でそうなったタイプ。

当てはまる項目が5つあり、ロゴものと小物の項目だけ該当しないくらいだった。だが、その2項目と毎日使用するわけではないので、ほぼ「シンプル&ベーシックな病」的な日々を過ごしていた。

しかし、シンプル&ベーシックといえば聞こえがいいけれど、言い換えれば「無難」であり「量産型」。そして「カブりがち」。もちろんそれはそれでダメなわけではないけれど、一度しかない人生、無難な服だけを着ていてるのは、自分にとってどうなのだろうか……と。

 

43歳、断捨離したら無難になった

とはいえ、42歳までは「オシャレ迷子」ではなかった。ギャル雑誌の編集長だったこともあり、ギャル系ブランド、ギャルから派生したオトナブランドとファストファッションをMIXしたナゾの「自分らしさ」を確立していたと思う。同世代からは明らかに浮いたオシャレだったと思うが、自分自身は迷っていなかった。

オシャレ迷子になったのは、ギャル雑誌を離れた43歳のとき。持っていたギャル系ブランドの服を断捨離したら、ファストファッションくらいしか残らなかった。よくいえばシンプルなんだけれど、正直にいって「無難」なファッションだった。

 

40代ファッション誌を見てみたけれど

ギャル誌の担当でもなくなったので、これを機に40代らしい服を着てみようと思った。さて、40代のファッションは何を基準にしたらいいのか? 元々ファッション誌で育った人間なので、とりあえず40代に向けたファッション誌をいろいろ見てみた。けれど、なんかしっくり来なかった。

□そんなにエレガントじゃない

□そんなにキャリアじゃない

□そんなにフェミニンじゃない

□そんなに大人可愛いでもない

□そんなにナチュラルじゃない

□そんなにほっこりじゃない

□そんなにハイブランドも買えない

 

加えて、「子供と一緒に」「ママ友と」「旦那さんとの」だったり、「プレゼンのとき」「会食では」「自分磨きに」という文字が誌面に躍っていると、40代・独身・子なし・バリキャリってわけでもない私向けのファッション誌ではないな……と感じてしまった。

参考になるファッション誌がない。かといって、ファストファッションだけのオシャレには飽き始めていた。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク