「革」の1画目はどっち? 間違えていると少し恥ずかしいかも!

「革」という漢字は、学校では小学校6年生で学習します。革製品の「革」なので、「革靴」「革のバッグ」などという言葉に使いますし、「革新」「革命」「改革」などの言葉でも使う漢字です。書く機会はそれほどないかもしれませんが、書く場合はそれ相応のシーンかも!?
案外大人でも間違えているこの字。今日は「革」をチェック!

「革」の字は、9画で書きます。え?10画じゃないの?という人も要チェックです。

問題です。「革」の1画目はどこでしょうか?

1 横の画から先に。
2 縦の小さいこの画。

さて「革」の1画目はどちらでしょうか。

正解は……

そう、この「革」の1画目は、この横の画なのです。
草かんむりの書き出しと同じですが、この漢字は草かんむりではなく、部首としては「かくのかわ、かわへん」に属します。
この部首には「靴(くつ)」「鞄(かばん)」「鞍(くら)」「鞭(むち)」などの漢字があります。
これらの漢字を買う時にも「革」の筆順に注意です。

 

 

どうですか?正しい書き順で書くと、綺麗に書けますね。間違えていた人はこの機会に覚えなおしましょう。

参考:学研「新レインボー小学漢字辞典」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク