眉は顔の額縁です。40代から見直したい「美眉4つの法則」

メイクのご相談を受けていると「眉毛の正しい描き方が分からないのですが」と言われることが一番多いです。「眉は顔の額縁」とも言われ、顔の印象を大きく左右するパーツであるにも関わらず、描き方を習ったことがない人が多いのが現実。

そこで今回は、きっちり押さえておきたい美眉の法則と、眉毛ケアについてご紹介します。

 

■眉山・眉頭・眉尻を基準としたベーシックな描き方

 

最もベーシックな描き方をまずご紹介します。

鏡に対し、真正面に向かい、自分の目もとをよく確認します。眉頭は目頭からまっすぐ上にあげたラインを基準にそのラインよりも外側にならないようにします。外側になる(眉頭が離れる)を間抜けな表情になりますので、気をつけてくださいね。眉山は目尻側の白目の上であればOK。眉尻は口角と目尻を繋いだ直線状にあればOK。一昔前は「小鼻の脇と目尻を繋いだ線上」と言われていましたが、最近は短め眉が流行っているので口角を基準にするのがお勧めです。

 

■大切なのは、“眉丘筋(びきゅうきん)”

 

皆さん、“眉丘筋(びきゅうきん)”って知っていますか?眉毛の上にちょっと盛り上がっている筋肉があると思うのですが、その部分を“眉丘筋”と呼びます。

眉毛を描く時に、眉山・眉頭・眉尻を意識して描くのは知っていると思いますが、今生えている自分の眉毛が基準になっている人が多いのも事実。でも、そのガイドとなる眉毛の整え方が間違えていると、バランスの悪い眉になってしまいます。

本来、眉毛は“眉丘筋”に沿って生えているものです。ですので、この“眉丘筋”の形を無視して眉毛を描くと、笑った時に眉だけ笑っていない、不自然な表情になってしまうことも。改めてご自分の顔を眺めて、“眉丘筋”の形を意識できるようにしてみてください。

 

■ちょっとひと手間で美眉になれる!

 

整った眉は印象力アップにつながります。メイクをする時に正面からしかメイクの状態を確認しない人が多いですが、絶対チェックしてもらいたいのが“横顔”です。正面だけでなく横からもチェックすると、左右の高さの違いや眉の長さの違いなどに気づくことができます。

朝メイクする時も、日中のお化粧直しの時も、できるだけ“横顔”も忘れずに。

 

■できるだけ自分の眉を残す努力を

 

眉は顔の印象を左右するため、毎年トレンドとなる形が異なります。しかし、細い眉が流行ったからと言って抜いてしまうのはNG。眉毛を抜いてしまうと生えてこなくなり太眉ブームがやってきたときに苦労します。また、眉にも立体感があった方が綺麗に見えますので、できるだけ自分の眉毛を残す努力をしましょう。

すっぴんの時に眉カットをする人が多いようですが、すっぴんだと眉カットし過ぎてしまう場合がありますので、理想の眉が描けた時に、アイブロウブラシで毛流れを整えてそれでも眉の形からはみ出てしまう部分だけカットするようにしてください。

 

今回は“美眉づくり”のコツをご紹介しました。眉を描くのが苦手…という方は、見本があると上達が早いので、自分の憧れの芸能人(顔型が近いとベター)の写真を切り抜いてその形を真似するようにトレーニングしてみてください。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

キレイな髪で新年を!40代女性に似合う美人ヘア教えます

若かりし頃は、年末最大のイベントといえばクリスマス。この日のデートに向けて24日前に美容室を予約したって人も多かったはず。でも、大人になるとクリスマスより、新しい…

40代になってそれ絶対やっちゃダメ!痛いメイク・パーツ別解説~アイメイク編~

メイクレッスンを開いて、参加者の方にいろいろとお話を聞いてみると、どの年代の人も20代からメイク法を変えていない人が意外と多いということが発覚!成人式や就活の時に…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

CAに学ぶ!「好感度」がグンと上がる3大モテ色メイク&モテ笑顔のコツ

こんにちは。今年もオトナサローネ読者の「モテ力」アップのお手伝いをさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。さて、バランスが悪いほうに傾きつつある…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

ナチュラルメイクがただのすっぴんに?「やらなさ過ぎ」メイク脱却術

最近「化粧しているのに『ちゃんとメイクしたら?』と言われた…」と落ち込んでいたアラフォー友人。確かに毎日ちゃんとメイクをしているようなのですが、メイクにメリハリ…

プチプラ? デパートで買う? 40代からの「コスメ選び」の正解とは【メイク編】

今はコスメもお財布に優しいプチプラからヴィジュアルから凝っているデパコスと幅広くあります。全部プチプラという方もいますし、デパコスでなければ満足できない方もいる…

ひそかに「オバサンくさい」とささやかれかねない赤リップの悲劇

毎シーズンメイクトレンドが発表され、ここ2~3年は「赤リップ」が流行っていますね。商品を手に取った瞬間「可愛い~」とテンションが上がるものの、40代になると赤リップの使い方を間違えると、一気にババくさい顔…

これも使える!ZARAのニットスカートの着回し力が高いワケ

3か月目を迎えた「ザラコ」企画。ザラは価格が手ごろなのにトレンド感満載のアイテムが豊富なので、旬なアイテムを身につけてオシャレに見られたい人にとって必須ブランドですね。でも、デザインが凝っていると何と…

ZARAならトレンドアイテムでもここまで着回せる!神3アイテム

「40代美容家がガチでZARAだけ着回して毎日コーデを紹介する」通称ザラコ企画。9月からスタートし、11月にはボトムスを中心とした6着を投入しつつ着回しました。最近特に活躍しているアイテムをご紹介したいと思いま…

11月はZARAで何買った?「使えすぎる6アイテム」まとめて紹介!

秋、9月にスタートした「ザラコ」企画。いよいよ3か月目に突入しました!つい無地のアイテムを買ってしまい、つい同じようなコーディネートをしてしまう「ムジコ」だった私が、ZARAでコーディネートを考慮して買い物…

これぞ進化系!ますます簡単に描けちゃうアイブロウパウダー3選

メイクのお悩みでダントツに多いのが「眉がうまく描けない」というご相談。確かに色選びや形など気をつけるべきポイントがたくさんあって困ってしまうと思いますが、眉が上手く描けない人はアイテムにこだわってみて…

40代は脱・厚塗り!ファンデーションのやりがち3大NGと正解は

ひと昔前は「色白=美人」のように言われていましたが、最近は色白よりも健康的に見せるメイクの方が主流です。年齢を重ねるとくすみやシミを隠したくてつい厚塗りになりがちですが、それじゃおばさんメイク一直線!…

顔色がぱっと華やぐ!40代なら押さえておきたいリップメイク3つのコツ

年を重ねる毎に難しく感じる口紅選び。顔を華やかに見せたいと派手な色を選んでみたものなんとなくしっくり来ない……そんな経験はありませんか?顔色が悪く見えたくないけど、一体何色を選べば良いの?という方のため…

40代こそマスカラを雑につけちゃダメ!まつ毛メイク見落としがちな3ポイント

マスカラは付いていればいいでしょ……とパパッと仕上げている人はいませんか?顔全体のバランスで言えば確かに小さなパーツですが、実はマスカラはぼやっとした目もとの印象をパッと華やかに見せる重要ポイントです。…

ZARAで買うべきは「ちょいトレンド」!買って良かったザラアイテムまとめ

9月から続けている「ザラコ」企画。いよいよ10月の最終週になりました。読者の方から「毎回参考にしてます」「記事を見てザラに買い物に行きました」と嬉しいお声をいただき、嬉しい限りです。今回は10月第4週、後半…

疲れにくいヒールの高さは5.5cm!美脚効果を狙うなら7cmヒールもおすすめ

「40代が品よく見える」をテーマに、9月からのキープアイテム4着と10月から新たに投入した7着、合計11着の着回しをご紹介してきた10月の「ザラコ」もいよいよ終盤に差しかかってきました。今回は10月第4週、前半の3…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事