冷えは「花粉症の敵」だった!医師が薦めるカンタン解消のコツ

「冷えは万病のもと」といい、体が冷えるのは、よくないこととされています。

実は、この”万病”の中に、花粉症も含まれているんです。花粉症が悪化する原因にも体の冷えが関係しています。

今回は、水嶋クリニック院長・水島丈雄先生監修の『花粉症・アレルギーを自分で治す70の知恵』から冷え解消のコツをご紹介します。

 

低体温が起こるダメな生活習慣

朝起きたときに、人間の体温は35度くらいと低めです。起きて1時間程度で体温が上昇し、36.2度くらいになります。

しかし、最近、起きたときに体温が35度もなく、日中の体温も普通の人より低い低体温=冷えの人が急増しています。

低体温が起こる要因として、

  • 加齢による体の機能の低下
  • ストレス
  • クーラーの聞いた部屋で過ごす
  • 冷たい食べ物をとる

などの生活習慣が挙げられます。

心当たりはありませんか?

 

冷えは花粉症の敵だった!

低体温は自律神経と深い関係があります。

最近の研究で、36度以下の低体温の人は、自律神経のうち、交感神経か副交感神経のいずれかが過剰に働いて優位になっていることがわかってきました。

これは、低体温が自律神経のバランスの崩れを招くことを意味します。

自律神経のバランスが崩れると、体に様々な悪影響を及ぼします。免疫機能もその一つ。

人間の体には、病原菌など外から侵入してくる敵の攻撃にあたる免疫という働きが備わっています。

ところが、体温が低く、自律神経のバランスが崩れると、これらの免疫システムがうまく働きません。免疫のバランスが崩れれば、アレルギー症状など、さまざまな不調が体にあらわれてきます。

 

では、低体温を改善するにはどうすれば良いのでしょうか?

 

41度で10分、それだけでOK

家庭で体温を上げるカンタンな方法は入浴です。

41度くらいの熱めのお湯に10分もつかっていれば、すぐに体温を上げることができます。

ただし、発汗できないので、一気に疲れ、体力のない人や心臓の弱い人には不向きです。

そのような人は、おへそから胸の高さまでぬるま湯を張って、ゆっくり浸かる半身浴がオススメです。半身を出しているので、発汗できて、ゆっくりと体温を上げることができます。

 

お風呂でゆっくりする時間がないあなたへ

お風呂にゆっくり入っている時間がない、お風呂に長く入っていられない、という方にオススメなのが、”湯たんぽ”。

昔ながらの湯たんぽは、体の冷えをとるのに有効です。

湯たんぽを、表面積が大きく汗の出やすいお腹や、筋肉量の多い太ももなどの冷えやすいところに当てるだけで、体温を上げ、冷えを防ぐことができるのです。

 

侮るなかれ”湯たんぽ”の力

湯たんぽなんて古くさいと思う人もいるかもしれませんが、湯たんぽの温熱効果を侮ってはいけません。

湯たんぽは100度のお湯を2リットル入れた状態で、13万カロリーもの熱量を生み出す力があります。石油ファンヒーターの1時間あたりの熱生産量は約3500カロリー、ガスストーブで6000カロリーなので、その実力は一目瞭然。

湯たんぽで温める場所は、4箇所。

  • 腹部
  • 太もも
  • お尻
  • 二の腕

毎日、最低でも各場所を5~10分ずつ温めるとよいでしょう。温める時間は、起きている時間帯なら一日のうちいつ行ってもかまいません。

湯たんぽを当てておくだけなので、就寝前や仕事中、テレビを見ている時間など、好きなときに行ってください。

 

花粉症改善の知恵とコツが満載!

今回ご紹介した冷え解消のコツは、『花粉症・アレルギーを自分で治す70の知恵』に掲載されています。

他にも、症状に効く特効食材や、食べ物・飲み物の簡単レシピ、一人でできる動作やツボ刺激などをたくさん紹介しています。

毎日無理せず花粉症を治したい!という方にオススメの一冊です。

花粉症・アレルギーを自分で治す70の知恵/水嶋丈雄 (監修) 主婦の友社 1,300円+税

アマゾンはこちら

hontoはこちら

楽天はこちら

スポンサーリンク

その下半身太り、実はお尻の冷えが原因!? 5分でむくみを解消する対策3つ

疲れの自覚症状は、「肩こりがつらいんです」、「足がむくんで、重くて」など、大抵、ピンポイントです。けれど、人の体は全部つながっています。肩こりのひどい人は首も疲…

「体が冷える」生理中。この3つの対策を試してみて!

おなか周りが冷えると、子宮や卵巣への血流が悪くなり、女性ホルモンのバランスが崩れて、さまざまな不調が現れます。とくに生理中は体が冷えやすいので、気をつけましょう…

頭痛・不眠・アレルギーは、アソコに湿布を貼るだけでよくなる!

神経内科の症状は、現代の最先端の医療をもってしても治すのが難しいものが多数あるそうです。そんな中、患者自身が自分で取り組める治療法がないだろうかと研究してきた安…

専門家が教える、冷えと低体温をなおす3つのコツ

すっかり冬本番です。足下から冷えやすいオフィスで、膝掛けが手放せないというかたも多いのではないでしょうか?慢性的に冷えを感じやすい低体温は、女性特有の体調不良を…

便秘・冷え・肩こりの原因!たまった体の毒を出す、3つの習慣

一気に気温が下がってきましたね。寒くなるとついつい食べ過ぎたり、運動量が急激に減ったりと、体の中にたくさんの毒素を溜め込みがちな季節です。気づかないうちにさまざ…

花粉症のかゆみに眼精疲労……疲れ目を即効でケアする、あの手この手!

春の足音とともに、花粉症の足音もやってきましたね……。というわけで今回は、花粉症による目の症状の対策と、パソコンワークなどの疲れ目(眼精疲労)を楽にするためのさま…

その不調、低体温のせい?昼間が36℃未満の人は注意!

生理不順が気にならなくなるアラフォーは、あんまり体温をはからなくなりがち。でも、どうも不調が続く……という人、もしかして以前より体温が低くなっていませんか?  今…

おしりの冷え、セルライト、生理痛……5分で解消するお手軽ケア3種!

体の疲れや悩みには個人差があるとはいえ、そこには大きな共通の原因もあります。動かさないから冷える → 冷えるから代謝が落ちて太る → 太るから動かすのが億劫になる…

今からでも間に合う!モデル美脚になる6つのポイントとは?

均整が取れて、すらりと伸びたモデルのような長い脚には誰もが憧れるもの。脚の形や長さなんて、生まれつきだから「今さらモデル脚になるなんて無理」って思っていませんか…

冷え性に悩むかたへ。血のめぐりをよくして冷えを改善する日常生活3つの習慣

気温が下がりつつある今の時期、指先や足先の冷えを感じている方も多いのでは?「冷えは万病の元」とも言われており、肩こりや腰痛、頭痛、生理痛、不眠、肌荒れなどの不調…

男性への1000円台からの「ちょっとしたプレゼント」喜ばれる4アイテム

場面や相手を思って選ぶギフトは、特にその人のセンスが問われるもの。ここでは、予算別やプレゼントを贈る相手別にポイントを押さえたかしこいおすすめギフトを提案します。あなたもぜひ参考にして。【オトナの手土…

なんと風俗で月収100万円、でも税金を払っていないオンナの末路とは|今週の人気記事

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「税金記事」や「ランキング記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(11月11日…

【ストレスケア】心が疲れたら、この方法を試してみて!寒い時期のストレス解消法5つ

あなたがストレスを感じるのはどんなときでしょうか。仕事が忙しすぎたり、ミスをして自分を責めてしまったり、悲しいことに直面したり…。そんなとき、他のみんなはどんな方法でストレスを解消しているのでしょう?…

【脱オバサン1つ結び】40代女性に人気の「痛くない」ヘアアレンジって?

髪をアップスタイルにしてビシッと決めている人や写真を見て「素敵だな」と思えども、自分ではなかなかうまくいかない……とはいえ職場に行く前に美容院でセットしてもらうというのは非現実的ですし、自分で簡単に仕上…

【着やせ】冬ラストまで着回せるアイテムは?スッキリ見せる4つのルール

朝晩が冷え込むようになり、いよいよ秋本番ですね。慌てて秋服を引っ張り出している人も多いのでは?この秋冬のトレンドは何といっても、おしゃれ初心者でも簡単にレイヤーコーデを楽しめる「ドッキング」と、「異素…

【肩こり】素早く、ラクに痛みを解消するには?自分ストレッチで治す3つの方法

40代働く女性のいちばんの悩みは「肩こり」。その日の辛い症状はその日のうちにスッキリさせたいものですね。オトナサローネではこれまで様々な肩こり解消法を紹介してきましたが、その中でも特に人気の肩こり解消法…

なんとなく不安な「老後のお金」チェックテスト あなたはいくつ当てはまる?

「老後資金に2000万円」という言葉が話題となった、今年の夏。金融庁が公表したレポート・高齢社会における資産形成・管理の内容が各メディアで大きく取り上げられました。このニュースで、老後までに2000万円を貯め…

[PR]

【40代のシワ】ほうれい線、たるみ、顔のシワはどうケアする?人気記事ランキング

40代ともなると、化粧品ではカバーしきれないたるみやシワが出てきます。それらが全くないほうが不自然とはいえ、全て消し去ってしまいたいと思う瞬間もあるのではないでしょうか。今回はシワの原因となる顔のコリを…

【白髪】みんなどうしてる?「白髪カバーアレンジ」から「白髪染め」まで人気記事ランキング

生え際や頭頂部にピヨピヨ生えてくる白髪。まだ白髪染めをする段階でもないだろうと思いつつ、せっせと抜いている人も多いのでは。最近はグレイヘアの流行など、白髪を受け入れる風潮もあるとはいえ、やはり気になる…

「すかす」でも「だます」でもありません!「貶す」の読み方、知っていますか?|今週の人気記事

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「漢字の読み方記事」や「ランキング記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事