髪は女の運命を決めるのか? 量産型女子ヘアvs.個性派女子ヘアの人生を考察する

「髪は女の命である」。昔からこの言葉があるように、女性にとって髪はとても大切なものです。まずは、「女らしさの象徴」。男性にくらべて長い髪は、女性性を具現化したもののひとつです。また、自分のキャラや意思を示す「自己表現」でもあります。髪型や髪色が、その人らしさやこう見られたい自分をあらわしています。そして、女の髪は「運命」でもあるのだとか。最近、こんな本を目にしました。タイトルは、『女の運命は髪で変わる』。え、本当かしら!?

他人とカブらない髪=覚えてもらいやすい

Amazing flowing hair.

私は10年くらいずっと、腰まで届くほどの超ロングヘアにしています(※上の写真はイメージです)。胸くらいまでのロングの女性は少なくありませんが、腰までの超ロングヘアはあまりいないため、「髪、すごく長いですねー」とめずらしがられます。私が超ロングヘアにしている理由のひとつはまさにここにあります。“他人とカブらない髪”だからです。

他人とカブらないことの利点は、覚えてもらいやすいということ。仕事をしていると、会った方々に「覚えてもらってナンボ、印象に残ってナンボ」という部分があります。とても美人な顔をしていたら、髪がどうあれその美貌で覚えてもらえるのかもしれませんが、いかんせん並の顔立ちなので、髪で個性をだしているつもりです。

なぜ女子大生は量産型女子ヘアを選ぶ?

そんな他人とカブらない志向の人間として、一番理解できないのが「量産型女子ヘア」。重めの斜め前髪で額をチラ見せ、肩下くらいの長さで黒髪~ダークブラウン。アイドルや女子大生に多い髪型です。いわゆるモテ髪ってヤツなんでしょうけれど。

もうね、意味がわからない。みんなと同じ髪をしてどうする。 髪は自己表現であり個性を発揮するパーツです。 特に女子大生なんて中学や高校の校則からも企業の就業規則にもしばられない一番自由な髪型、髪色を楽しめる時期なのです。なのになぜ? なぜ隣の女子たちと同じ髪型をする???

ギャルや原宿系女子は髪=個性

techno girl with blue hair

ギャル系雑誌『S Cawaii!』の編集長をしていたとき「髪=アイデンティティということ」という特集を組んだことがあります。

というのは、当時のモデルや読者たちが流行を取り入れる/取り入れないにかかわらず、自分らしい髪形や髪色を選んでいたからです。ボブが流行ってもロングヘアを貫いたり、パッツン前髪が流行っても長い前髪を変えなかったり、ダークカラーの髪が流行っても金髪ショートで個性を出したり。それぞれの髪型が違い、まさにアイデンティティ(主体性)が出ていて面白いと思ったからです。

原宿系女子たちも、個性のてんこもりです。ブルーやピンク、レッドなどカラフルな髪色だったり、大胆に刈り上げたり、ものすごく短い前髪だったりと自己表現が豊かです。しかもそれを短いスパンでどんどん変えていきます。髪が傷まないだろうかと少し心配にはなりますが、私も20年若かったらやりたかったなぁと思います。

どっちが多い? 女の人生のバリエーション

髪と運命はリンクするのだろうか。個性的な髪をしていたギャルモデルたちは、その後どうしているかを考えてみました。するとなかなかのバリエーションです。海外留学中もいれば、バツイチでデキちゃった再婚もいれば、好きな仕事街道まっしぐらもいれば、ゆるーい子育てライフ中もいれば……。似たような人生を送っている人がほとんどいない。もしかして、個性あるヘアをしていたから個性的な人生ということ?

それに対し、以前コンサバ女子大生雑誌やOL雑誌を担当していた当時の読者モデルたち。さほどバリエーションがありません。ワーキングママ、おこなしさま夫婦、旦那の仕事を手伝っている主婦などがほとんどな気がします。これは、量産型ヘアゆえの人生なのか?

 

やっぱり髪で違う!? 女の運命

Attractive brunette girl. Long healthy hair styling. Studio port

どんな髪型を選び、どんな髪色をするかは自分次第です。『女の運命は髪で変わる』を読み、また周囲の人々を思い浮かべ「どういう髪にするか=どういう運命になっていくか」はかなりの確率で真実だと感じました。他人とカブらない髪を選んでいる私も、それゆえに王道じゃない独女人生を歩んでいるような気がしてきました。

もし20代、30代のころ、当時の量産型女子ヘア(=モテ髪)を選んでいたら、こういう仕上がりにはならなかったのかもしれません。というわけで量産型女子ヘアの自分を想像してみたのですが、重め前髪によって丸顔から、横に広い楕円型になりまして、かなりのオモシロ顔になりました。量産型な人生になるような、やっぱりそうはなれないような……(苦笑)。

 

 

『女の人生は髪で変わる』
著者:佐藤友美
定価:1,300円+税
単行本(ソフトカバー): 191ページ
出版社: サンマーク出版
ISBN-10: 4763135635
ISBN-13: 978-4763135636
発売日: 2016/6/7
アマゾンリンクはこちら
hontoリンクはこちら

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

前髪セットで目元を明るく魅力的に。40代に似合う前髪セット術3つ

アイラインが描きにくくなった、目尻にしわが増えた、目の下がくすんできた……。アラフォーになると目元の悩みがぐっと増えてきます。マッサージやコスメでたるみやシワを食…

前髪チェンジで若見え! 40代女性のオススメ前髪教えます!

最近、若い子の間で人気の高いシースルーバングやうざバング。少しでも若く見せたいからって、マネしちゃってる人がいたら大間違い! 肌がくすんで、ハリがなくなって下垂…

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

「ひとつ結び」を続けてわかった、脱・オバサンまとめ髪のルール

これまでひとつ結びに関する記事をたくさん書いてきました。振り返って思ったことは、「ひとつ結び」って料理でいうところの「卵料理」のような存在なのでは、ということで…

キレイな髪で新年を!40代女性に似合う美人ヘア教えます

若かりし頃は、年末最大のイベントといえばクリスマス。この日のデートに向けて24日前に美容室を予約したって人も多かったはず。でも、大人になるとクリスマスより、新しい…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

シミそばかすを隠してツヤがほしい! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・ベースメイク編】

メイクの中で一番関心があるのが、個人的にはベースメイクです。20代のときは肌の赤み、30歳前後は大量のニキビとニキビあと、30代後半からはシミやそばかす。つまり「ナチュラルに悩みを隠すこと」が私のベースメイ…

こりゃダメでしょ! 婚活女子がやってはいけない「ざんねんな婚活」3つのこと

前代未聞の婚活本がついに発売されました。『40代ご無沙汰女子の、ざんねんな婚活』。2年間、婚活をやったうえでの残念な婚活エピソードが紹介されています。その著者、リアルに婚活をやっている婚活コラムニストの…

#123 ギュッと手を触れられて…。2回目デートに起こったこと【40代編集長の婚活記】

46歳・独身・婚活歴2年のOTONA SALONE編集長・アサミ。恋人いない歴はすでに9年を超えている恋愛ご無沙汰女子。40代にして婚活を始めたが、実りのないまま2年が経過した。以前、仕事で名刺交換をしたことがある(と…

ほうれい線と唇の縦ジワによかった! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・パーツケア編】

ここ1年、ふとしたときに撮られた自分の写真や動画で話す自分を見て、めちゃめちゃ気になるようになったのがシワです(苦笑)。年を重ねるうえで仕方ないことだと受け入れていますが、できるケアはやろうかな、と。…

「美人見え」にはツヤと血色感! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・チーク&ハイライト編】

40代になって明らかに肌から減っていると実感するもの、それはツヤと血色感です(苦笑)。肌診断をしてもらうと、水分はわりとあるほうなのですが油分は少なめ、血色もあまりよくないんです。そんなわけで、チークや…

「ツルツル肌」になりたい!編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・デイリーケア編】

30歳前後のとき、ものすごく大人のニキビに悩まされました(詳しくはコチラ)。ツライ思いをしただけにそれ以降は、いかに肌をなめらかに保つかを重視。ニキビはもちろん、ザラつきがなく、うるおっていること。つま…

ハリ・弾力、シミくすみに本気でよかった! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・スペシャルケア編】

人生100年時代と言われるいま、自分の肌と付き合うのもまだ50年以上あるわけです。だから、少しでも長くいい肌コンディションを保ちたい。40代なりにステキな肌でいたいな、と思うのです。絶賛、婚活中でもあるので…

「奥二重」メイクの悩みを救った! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・アイメイク編】

40代からこそ、自分をアップデートすることが大事。そんなことを最近、つくづく感じているOTONA SALONE編集長の浅見です。ファッションに毎年トレンドがあるように、ビューティにもそれはあります。特にメイクアップ…

#122 それホント? 男性と香水のカンケイについて【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、20、30代のそれと違って一筋縄ではいかない──。46歳・独身・婚活歴2年のOTONA SALONE編集長・アサミ。49歳・バツイチの男性・ジェントルさんにほんのりときめくが、ゲイかもしれない彼がどういうつも…

その洗い方、不十分かも! 40代からの「シャンプー時の新習慣」とは⁉

「髪は女の命」と昔から言われていますが、40代を迎えてからあらためて髪って老けるんだなぁと感じています。ツヤがなくなったり、白髪が増えたり……。そこで重要なのはやっぱり頭皮ケアです。シャンプーやトリートメ…

[PR]

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事