髪は女の運命を決めるのか? 量産型女子ヘアvs.個性派女子ヘアの人生を考察する

「髪は女の命である」。昔からこの言葉があるように、女性にとって髪はとても大切なものです。まずは、「女らしさの象徴」。男性にくらべて長い髪は、女性性を具現化したもののひとつです。また、自分のキャラや意思を示す「自己表現」でもあります。髪型や髪色が、その人らしさやこう見られたい自分をあらわしています。そして、女の髪は「運命」でもあるのだとか。最近、こんな本を目にしました。タイトルは、『女の運命は髪で変わる』。え、本当かしら!?

他人とカブらない髪=覚えてもらいやすい

Amazing flowing hair.

私は10年くらいずっと、腰まで届くほどの超ロングヘアにしています(※上の写真はイメージです)。胸くらいまでのロングの女性は少なくありませんが、腰までの超ロングヘアはあまりいないため、「髪、すごく長いですねー」とめずらしがられます。私が超ロングヘアにしている理由のひとつはまさにここにあります。“他人とカブらない髪”だからです。

他人とカブらないことの利点は、覚えてもらいやすいということ。仕事をしていると、会った方々に「覚えてもらってナンボ、印象に残ってナンボ」という部分があります。とても美人な顔をしていたら、髪がどうあれその美貌で覚えてもらえるのかもしれませんが、いかんせん並の顔立ちなので、髪で個性をだしているつもりです。

なぜ女子大生は量産型女子ヘアを選ぶ?

そんな他人とカブらない志向の人間として、一番理解できないのが「量産型女子ヘア」。重めの斜め前髪で額をチラ見せ、肩下くらいの長さで黒髪~ダークブラウン。アイドルや女子大生に多い髪型です。いわゆるモテ髪ってヤツなんでしょうけれど。

もうね、意味がわからない。みんなと同じ髪をしてどうする。 髪は自己表現であり個性を発揮するパーツです。 特に女子大生なんて中学や高校の校則からも企業の就業規則にもしばられない一番自由な髪型、髪色を楽しめる時期なのです。なのになぜ? なぜ隣の女子たちと同じ髪型をする???

ギャルや原宿系女子は髪=個性

techno girl with blue hair

ギャル系雑誌『S Cawaii!』の編集長をしていたとき「髪=アイデンティティということ」という特集を組んだことがあります。

というのは、当時のモデルや読者たちが流行を取り入れる/取り入れないにかかわらず、自分らしい髪形や髪色を選んでいたからです。ボブが流行ってもロングヘアを貫いたり、パッツン前髪が流行っても長い前髪を変えなかったり、ダークカラーの髪が流行っても金髪ショートで個性を出したり。それぞれの髪型が違い、まさにアイデンティティ(主体性)が出ていて面白いと思ったからです。

原宿系女子たちも、個性のてんこもりです。ブルーやピンク、レッドなどカラフルな髪色だったり、大胆に刈り上げたり、ものすごく短い前髪だったりと自己表現が豊かです。しかもそれを短いスパンでどんどん変えていきます。髪が傷まないだろうかと少し心配にはなりますが、私も20年若かったらやりたかったなぁと思います。

どっちが多い? 女の人生のバリエーション

髪と運命はリンクするのだろうか。個性的な髪をしていたギャルモデルたちは、その後どうしているかを考えてみました。するとなかなかのバリエーションです。海外留学中もいれば、バツイチでデキちゃった再婚もいれば、好きな仕事街道まっしぐらもいれば、ゆるーい子育てライフ中もいれば……。似たような人生を送っている人がほとんどいない。もしかして、個性あるヘアをしていたから個性的な人生ということ?

それに対し、以前コンサバ女子大生雑誌やOL雑誌を担当していた当時の読者モデルたち。さほどバリエーションがありません。ワーキングママ、おこなしさま夫婦、旦那の仕事を手伝っている主婦などがほとんどな気がします。これは、量産型ヘアゆえの人生なのか?

 

やっぱり髪で違う!? 女の運命

Attractive brunette girl. Long healthy hair styling. Studio port

どんな髪型を選び、どんな髪色をするかは自分次第です。『女の運命は髪で変わる』を読み、また周囲の人々を思い浮かべ「どういう髪にするか=どういう運命になっていくか」はかなりの確率で真実だと感じました。他人とカブらない髪を選んでいる私も、それゆえに王道じゃない独女人生を歩んでいるような気がしてきました。

もし20代、30代のころ、当時の量産型女子ヘア(=モテ髪)を選んでいたら、こういう仕上がりにはならなかったのかもしれません。というわけで量産型女子ヘアの自分を想像してみたのですが、重め前髪によって丸顔から、横に広い楕円型になりまして、かなりのオモシロ顔になりました。量産型な人生になるような、やっぱりそうはなれないような……(苦笑)。

 

 

『女の人生は髪で変わる』
著者:佐藤友美
定価:1,300円+税
単行本(ソフトカバー): 191ページ
出版社: サンマーク出版
ISBN-10: 4763135635
ISBN-13: 978-4763135636
発売日: 2016/6/7
アマゾンリンクはこちら
hontoリンクはこちら

スポンサーリンク

口元、あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?ストレスの肌荒れに悩む人へ! 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

小さい・軽い・便利!旅行に持っていきたい3大コスメ【40代からの美容道】

旅行先でも最低限のメイクはしたい、でもスペース的にかさばったり、重くなったりするものは持っていきにくいですよね? だって荷物は他にもいろいろあるんですもの。しか…

40代がオバサン化を回避するため注意すべき4つの盲点【40代からの美容道】

シミが増えた、シワが増えた、白髪が増えた……。アラフォーともなると、ある日突然、こんなことに気づきます。特に自然光が降り注ぐところで鏡を見たとき。照明の下では見え…

これが正解。40代からの「ピンクリップ」の選び方、4つのルール【婚活リップにもオススメ】

前から使っていた口紅を塗ると顔がぼんやりして見える、疲れて見える、顔色が悪い……。そう思ったことはありませんか? 私、OTONA SALONE編集長・浅見は40代になってからと…

ほうれい線、なくしたい! 少しでも薄くする方法とは?【40代からの美容道】

目尻、ほお、額……。アラフォーにもなると、そこかしこにシワができてきます。中でも最も多くのアラフォー女性が気にしているのが「ほうれい線」でしょう。ほうれい線の深さ…

「汚肌に悩んで」わかった、40代からのスキンケアの正解

40代ともなると肌の悩みは尽きません。シミ、シワ、たるみ、くすみ……昔はこんなじゃなかったのに、年齢を重ねたせいでしょう。でも! 何歳になっても「ほめられる肌」にな…

これが正解! 40代からの「美肌見えファンデーション」5選【婚活ファンデにもオススメ】

少しでも肌をキレイに見せたい。それが、乙女心というものです。もちろんスキンケアも大人なりのお手入れをしているけれど、やっぱり頼りになるのはファンデーション。みな…

丸顔も奥二重も気になるけど! 40代からのメイクは「1点突破」主義【40代からの美容道】

コンプレックスだらけの顔です。丸すぎるほど丸顔の輪郭がイヤだし、奥二重のまぶたもイヤだし、ぺちゃんこ鼻もイヤだし……あぁ、数えたらキリがないくらい出てくるわ。20代…

使ってよかった! 40代の「ベストコスメ2017」by編集長アサミ【40代からの美容道】 

人生において超・肌荒れ時代を経験しているOTONA SALONE編集長の浅見です。当時とても悲しい思いをしたことがあるため、肌に関しては公私ともにいろいろ研究してまいりまし…

【40代編集長の婚活記#171】ギャップ萌えと偶然の一致に、40代独女「決意」する!

紆余曲折ありまくりの40代の婚活。44歳から始めて3年以上が経過した、OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)の婚活。やっとのことでお付き合いする男性ができるも、たった3カ月でフラれる。失恋直後、知人Y嬢から誘わ…

【40代編集長の婚活記#170】イヤな予感!「2人では会わない」理由って?

40代の婚活は一筋縄ではいかない。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は、44歳から婚活をスタートさせて3年以上。やっとのことでお付き合いする男性ができたと思いきや、たった3カ月でフラれる。失恋のショックも癒…

【40代編集長の婚活記#169】バツイチ男の本音って? 思わせぶりなメッセージの真意

47歳のOTONA SALONE編集長・アサミは、婚活をスタートさせてから早3年。出会いを求めて婚活パーティへ行ったり、婚活アプリを試してみたり、一人でバーに行ってみたりするが、いまだにゴールは見えず。やっとのこと…

#168 「安心感」は 運命⁉ 失恋の直後に出会ったバツイチ男性【40代編集長の婚活記】

混迷を極める40代の婚活。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は、婚活歴が3年を超えるも、いまだにうまくいかない。果敢に出会いを求め続け、やっとのことで恋人ができても3カ月でフラれてしまう。失恋ではげしく傷…

【斎藤工さんに聞いた】もし、シンガポールの街をエスコートするなら?【独占インタビュー】

日本人初のシンガポール観光大使として、2年間活動をした俳優の斎藤工さん。主演映画『家族のレシピ』の撮影やその他の仕事でもたびたびシンガポールを訪れているそうです。そんな斎藤工さんにシンガポールのおすす…

#167 40代の「出会うきっかけ」はコレだった!? 【40代編集長の婚活記】

44歳にして婚活をスタートさせて3年、OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)の婚活はなかなかうまくいかない。さまざまな出会いを求めて婚活し、やっとのことで恋人ができるもたった3カ月にしてフラれた。失恋直後に知…

シンガポールで買いたい! オシャレで可愛い人気お土産11選

旅に出かけたらチェックしたいのがお土産。オトナ女性のたしなみとして、「センスいいね」と言われるお土産を選びたいものです。ちょっとラグジュアリーなものからプチプラまで、オシャレなものを選びました!【シン…

#166 出会わなければよかった…。失恋独女の心の闇【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、山あり谷あり。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は婚活歴3年。あらゆる婚活、出会いを求めながらやっとのことでジェントルさんという恋人ができた。しかし、たった3カ月にしてフラれる。失恋に落ち…

インスタ映えで人気! シンガポール「カトン地区」でプラナカン文化に触れる

パステルカラーの可愛い街並みが「写真映えする!」と人気上昇中なのがシンガポールのカトン地区。プラナカン建築、お菓子、雑貨、衣装など、シンガポール独自の文化に触れるなら、絶対に訪れたいカトン地区の見どこ…

#165 40代独女が「失恋直後」、飲み会に参加してみたら?【40代編集長の婚活記】

20代、30代の婚活と、40代のソレとはだいぶ様子が違う。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)、婚活歴3年。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、一人行動……など、さまざまな婚活を続けてきた。婚活2年半でジェント…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事