【ADHD女子#6】集中しすぎて気づけば朝! オン・オフスイッチはどこ

2021.04.24 WELLNESS

じっとしているのが苦手、集中が続かない、衝動的に行動してしまう…ADHDと診断されていなくても、このような特性をかかえることで「生きにくさ」を感じている人は多くいます。今回は、臨床心理士による著作「ADHD脳で困っている私がしあわせになる方法」から、「ツライ」を「楽」に変えるヒントをお送りします。【ADHD女子#6】

夜ふかしという持病がある。

30分だけやろうと思って始めたゲームは

ステージを1つクリアすると次をやらずにはいられない。

1話だけ、と見始めたドラマは

続きが気になって眠れないからあと1話。 そしてもう1話。

家で仕上げちゃおうと思って持ち帰った企画書に

手をつけ始めたのは深夜2時。

どうしてだろう、 深夜になるほどスイッチオン。

途中でストップできず、 気がついたらもう夜明け。

だから、 きょうもまともに寝られなかった。

 

かと思えば、家に帰って 「ああ、疲れた~」ってソファに腰かけて

5分だけの休憩のつもりが深夜3時。 寝ていた。 一瞬で。

メイクを落として、 おふろに入って、

着がえてベッドに入ったはずだけど

それは全部、 夢の中の出来事だった。

いまからシャワー浴びる? せめて顔、 洗う?

 

ムリムリ、 ムリだよ。 やらなくちゃ、 でも起きられない。

深夜のソファの上で、 私のスイッチはオフのまま。

気がつけば、 窓の外はいつしか白々とした朝の空気。

やっぱりきょうも、 まともに寝られなかった。

 

なぜちゃんとした時間に、 ちゃんとした状態で寝ようとしないの?

なぜ朝起きて、「うーん、 きょうもがんばるぞ!」 って

さわやかに一日が始められないの?

そう思っているのに、 きょうもきっとまともな眠りは訪れない。

 

>>次へ(4/25 22:30更新)

<<前へ

ADHD脳で困っている私がしあわせになる方法

中島美鈴・著 meppelstatt・イラスト 主婦の友社・刊

ADHDの特性を持つことで
「生きにくさ」を感じて
苦しむ大人の女性はたくさんいます。
自らADHD脳という
臨床心理士の中島美鈴先生からの
超驚きの具体的な解決法とエールが満載です。

ADHD脳で困っている私がしあわせになる方法

中島美鈴・著 主婦の友社・刊

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク