もう迷わない!賢い40代は化粧品をこう選ぶ 【スキンケア編】

スポンサーリンク

ふとドレッサーの前で、自分がどうしてこの化粧品を買ったのか?と反省する瞬間はないでしょうか。またうっかり買ってしまった化粧品を前に考え込むということもあるかもしれませんね。賢く選びたい!これは切実な叫びです。

アラフォーだからこそ、化粧品選びをクレバーにしたいもの。今回はスキンケアから考えていきましょう。少しでも次回から生かして選べると幸いです。

 

スキンケアで必要なものだけを選ぶと何種類?

化粧品は数多くありますが、肌のコンディションを維持させつつ、さらに健やかな美肌に育てるためには「クレンジング・洗顔料」「保湿」「UVカット」の3種類で充分だといったら驚くでしょうか。しかしこれが真実だということをアラフォーなら知っておくべきです。

 

落とすこと、うるおいを与えること、紫外線から肌を守ること、がスキンケアで確実に実現できることといえます。この3種類は若々しい肌を維持させるために効果的なスキンケアのステップです。ここから考えていくと、スキンケアを難しく考える必要もなくなります。

とはいえ「保湿」の部分から考えていくと、単にうるおいを与えるだけではなく、美白をしたい、エイジングケアをしたいという目的も出てくるので、化粧水や乳液、クリームのほかに美容液とステップが増えるわけです。この部分で迷うということも確かでしょう。

 

アラフォーであれば上手に化粧品をチョイスすることも未来の美肌のために重要になります。特にダイレクトに肌に満足感をもたらす保湿で使う化粧品のチョイスでミスをしたくないでしょうし、持て余すこともしたくないはず。最低限で最良のチョイスをすべきです。

 

その流行の美容成分に惑わされない

シーズンごとに化粧品の新製品は登場します。また新しい美容成分やそこから流行の美容成分も登場し、めまぐるしく魅力的な効果を発揮してくれるという美容成分が話題になっていくという繰り返しが起こるということも、経験的にご存知でしょう。

 

そこで新製品に配合された新しい美容成分に興味がわいて、つい買ってみたくなる、あるいは毎回買ってしまう、という方もいるのではないでしょうか。また口コミが集まっているものをつい選んでしまうということも珍しくありませんよね。

しかし新しい美容成分だから従来の美容成分よりも優れていると断言できないことも事実です。研究結果やデータで証明された、といっても、異なる条件や肌のコンディションで結果に差が出てきます。さらに言えば個人差が大きく出やすいということもあるのです。

 

確かに新しく研究開発された美容成分は魅力的ですし、興味もそそられるものだといえます。とはいえ興味本位だけで安くはないお金を使うことは自分がモルモットになることと変わりません。少しキャッチコピーを疑い、様子見することも賢く選ぶコツになります。流行はファッションだけで充分です。

 

選ぶなら肌悩みにダイレクトに応えるものを

アラフォーになると、肌を育て守ることに欲張りになっていくことは否めません。シミを増やしたくない。エイジングケアを万全にしておきたい。もっと肌にしっとりしたうるおいが欲しい。正直、キリがありませんし、求めている肌の水準が高くなってしまうのです。

 

全部の効果が欲しいから、あれこれ化粧品を揃え、毎回にスキンケアで重ね使いをするというのは、かける費用でも肌への負担を考えても、おすすめできることではありません。アラフォー以降で肌悩みが増えるからこそ、目的を潔く1つに絞るほうが賢明です。

美容液を例に取れば、効果の異なるものの重ね使いは美容成分を行き渡らせるというより、肌にただ保護成分を重ねるだけになります。これでは肌悩みをすべてクリアさせるよりも、肌トラブルを自分で作ることになりかねません。またアレルギーを起こす危険もあります。

 

このことを避けるには肌悩みを絞って潔く選ぶことがお財布にも肌にも負担にならずに済みます。とはいえ複数の肌悩みを同時にクリアさせる方法はあります。優先させたい目的は美容液、サポート的な役割は乳液やクリームとやってみましょう。上手に吟味しましょう。

 

やるべきことはコレクションではなくスキンケア

まず化粧品は実用品であり、嗜好品である、とアラフォーならしるべきです。特に肌の衰えを感じ始める時期に差し掛かってくると、実用品としての面を実感することも増えてくるでしょう。嗜好品的な部分はあくまで「好み」となってきます。

 

現在、ドレッサーの前に並んでいる化粧品はフルに活躍しているかを考えていくと、買ったけれど持て余しているものがあれば、そういうものを増やさないことも課題です。アラフォー以降のドレッサーは常にベンチ入りしている主要選手であるべきといえます。

やるべきことはスキンケアという現実であり、コレクションという趣味ではありません。美しいパッケージやボトルの化粧品は目を楽しませてくれますが、持て余していれば使用にふさわしくないコンディションになってしまうものでもあるのです。

 

もしもアラフォー以降からの肌も健やかに育てていきたいなら、ドレッサーを持て余す化粧品で飾ることを卒業しましょう。常に自分の肌をサポートしてくれる信頼できるメンバーで揃えることも大切です。情報に振り回されることなく、誠実に向かいましょう。

 

スキンケアをアラフォーが考え直すための化粧品選びは

 

1.キャッチコピーを疑い、様子見する

2.肌悩みを絞って潔く選ぶ

3.化粧品は実用品であり、嗜好品である

4.自分の肌をサポートしてくれる信頼できるメンバーで揃える

 

の4つとなります。

 

賢く化粧品を選ぶなら、情報を確かめる冷静さと潔さ、それにある意味、保守的な部分があってもいいのです。誠実に自分の肌を守り育てることが重要なのですから。

ヘルス&ビューティライター

伊藤桂子

この執筆者の記事一覧

更新情報がわかる!

フォローを

お願いします!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

伊藤桂子の最新記事

BEAUTYに関する最新記事